「カワハギ」の寿司…甘く濃厚な液体状になった肝の脂がたまらない

「カワハギ」の寿司…甘く濃厚な液体状になった肝の脂がたまらない

肌寒さを感じるようになったとたん、無闇矢鱈に日本酒がうまく感じられる。夏の淡麗辛口系から、秋から冬の旨口の酒に替わった。こいつをぬる燗にして、秋の夜長にしみじみ人生を振り返る。アテはあぶったカワハギの肝と刺身。しめのとんこつラーメン食べなきゃ痩せるのだけどな〜。しみじみ反省。


肝の表面が溶けて液体状になって、そのこぼれ落ちた液体状の脂をすすると甘く、濃厚なうま味が舌の上ではじける

秋が深まると市場は活気づく。釣りものも増える頃だろうし、ついでに何を食っても矢鱈とうまい。

大阪まで一泊旅行に出かけて帰り間際にデパ地下に寄り、うまいもんを探す。探すほどもなく、特売していたのが、ちり用のハゲ(カワハギ)。小さなポン酢までついている。

帰宅して小鍋仕立てにし、酒は能登の銘酒。旨口の純米酒をぬる燗でやる、ハゲがうまい。最後にこれもデパ地下で買ったうどんでしめ、満足、満足!

想うと、新年を祝ったのが昨日のことのよう、なのに、もう鍋の恋しい季節になっている。むなしい。

翌朝、市場に行くと相変わらず元気いっぱいの釣り名人、昭島駅前の海鮮居酒屋『酒元』さんが大きな声で「おはよっす!」。

「最近、釣り行ってる?」

「毎週カワハギ通ってます。ワッペンまじりですけど、大漁っすよ」

いいな、若者は。秋の日にむなしさを感じるなんてことは、ないようだ。立ち話の最中に仲卸に並んだのが、明石海峡のミニカワハギ。

「ぼうずさん、それくらいっすね。釣っててまざるの。小さいんだけど、メチャうまいんすよ」

そう言われれば、買わないわけにはいかない。通りかかった、たかさんに「ほいよ」と渡すと仲卸のまないたに向かう。「〜皮をカワハギ、脱がせるのはかわいいお姉さんの服〜♪」朝からいやらしい歌を歌いながら、「薄皮むけるかな」と首を斜めに。

帰り際『市場寿司』に寄ると、

「これ、食べてみてよ」

小皿にカワハギの片身。味見するとなんとも言えずうまい。

「うまい。たかさんこれすごい!」

「そう? こっちも食べてみな」

今度は薄皮をあぶった片身で、確かにうまいが、カワハギのよさが、香ばしさに隠れてしまっている。

「たかさん、素直にいきましょ」

「素直にやってるじゃない。素直に考えたのが、これよ」

「薄皮引くのが面倒だったんじゃないの。ダメだよ、すし屋が手間惜しんじゃ」

「じゃあ、これはどうだ!」

身に肝を乗せて、上から直にあぶった握りが出てきた。

「おーー!モーレツ」

なんて五十路男はおののくのだ。

「まるでホタテの上にのったフォワグラみたいだろ」

どこでそんなことおぼえてきたのだ。目の前に置かれた途端に甘い香りが鼻を刺激する。肝の表面が溶けて液体状になって、そのこぼれ落ちた液体状の脂をすすると甘く、濃厚なうま味が舌の上ではじける。本体だって薄皮が香ばしく、身がほどよくしまって、シコっと心地よい。

「頭どつかれたような味や」

「どうして大阪弁!?」

「昨日まで大阪や」

さて数日後、定休日に三浦まで行っていた、近所の釣り名人浅やんが、巨大なカワハギを「ほい!」とむき出しでくれた。

「裏返してみな」

裏に薄すら墨の後が残っている。これぞ魚拓ものということか?

さっそくたかさんに握ってもらうと。大きな肝が乗り、まさに典型的なカワハギの握りの出来上がり。

「たかさん、これすごいな。こんなに身が膨らんでさ、味も濃いよね」

「そうかー? この前のミニの方がうまかったと思うな」

「そんなことはないよ。やっぱりカワハギは大きい方がうまいよ」

後ろ向きになり、今度は、こはだの仕込みを始めた、たかさん。

「♪カワハギは絶対ミニがいい。お姉さんのスカートもミニがいい〜」

「おいおい秋に色気づくのは紅葉だけで、ええんちゃう?」

カワハギ(フグ目カワハギ科カワハギ属)

北海道以南、東シナ海。浅い岩礁域にある砂地に生息。環形動物や貝などをエサとしている。昼に活動、夜に休息をとる、とても健全な日々を送っている。
和名は神奈川県三崎での呼び名で「皮をはいで料理するため」。大阪ではなんとも露骨にハゲ(禿げ)。ウマヅラハギを長ハゲ、カワハギを丸ハゲとも。「身ぐるみはぐ」に例えてバクチウチ(博打うち)。古くから秋においしいく、金になり「正月用の餅が買える」ということでモチハゲ(餅はげ)とは、なんともめでたい魚でもある。
フグの本場、大阪で季節前の秋に食べるのがちり鍋。出始めの大葉春菊に、徳島のスダチが定番で、市内のデパ地下で「てっちりのつなぎにはげちりでっせ」と鍋用のカワハギがずらりと並ぶ。
活魚も活け締めも、野締めもすべて高値となる。特に高いのが活魚。20センチ前後を見た目買い(水槽に泳いでいるのを選んで買う)で1尾1500円。活け締めでも900円くらいする。しかもこの値段は卸値なので、デパートなどの小売りを買うと、いくらになるやら。釣魚としては、かなりの難敵ではあるが、船宿通いしても元手がとれる魚なのである。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


カワハギ 寿司 グルメ

関連する投稿


初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

冬将軍が到来してもなお、海のなかは秋。高水温が継続する西伊豆土肥沖では、カワハギが絶好調だ。アオリイカの宝庫でもあります。西伊豆で、のんびり温泉宿お泊り釣行と洒落込んでみてはいかがでしょうか。


腰越沖のカワハギ、浅場で安定釣果続く!【相模湾・江の島〜腰越沖】

腰越沖のカワハギ、浅場で安定釣果続く!【相模湾・江の島〜腰越沖】

各地でカワハギの好機を迎えているが、ここ相模湾・腰越〜江の島沖も盛期に突入しようとしている。


本格シーズン突入のカワハギを攻略せよ【東京湾口・竹岡沖〜鴨居沖】

本格シーズン突入のカワハギを攻略せよ【東京湾口・竹岡沖〜鴨居沖】

いよいよカワハギが本格化してきた! 各地で好釣果が記録されている。これからは怒涛の数釣りも期待でき、肝も膨らんで食べる楽しみも上昇! さあ、カワハギフリークはチャレンジしよう!


「ワラサ」の寿司…脂がのっていて甘味が豊かでメチャクチャにうまい

「ワラサ」の寿司…脂がのっていて甘味が豊かでメチャクチャにうまい

いつの間にやら十一月になっていた。時の経つのがやたらに早い。多摩丘陵の木々も色づいて、ブリをはじめ、食べ物総てがうまくなってきた。山梨のおすし屋さんに見事なカブをいただき、長野の知人から天然キノコをいただいた。「わらさ」の頭が目の前にごろんと転がっている。こいつを適当に切って秋の夜長に鍋といきますか。


「ヒラソウダ」の寿司…うますぎて、気がついたら、丼の中は空だった

「ヒラソウダ」の寿司…うますぎて、気がついたら、丼の中は空だった

石川県の加賀温泉郷に泊まり、ゆったり体を癒やしてきた。夕食に出た加賀料理のじぶ煮や日本海の幸が最高だった。たまにはこんな旅もいいよな、なんて帰宅したら、また馬車馬の如く働く日々が続いている。仕方がないので、風呂に温泉の素を放り込んでゆっくり温まり、しおゆでにしたヒラソウダの兜で加賀の銘酒をいっぱい。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング