MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚影の濃さはケタ外れ! テンヤマダイ仕掛けと攻略法(大さん弘漁丸)

魚影の濃さはケタ外れ! テンヤマダイ仕掛けと攻略法(大さん弘漁丸)

タックルは、一般的なテンヤマダイ専用ロッドに軽量中型スピニングリールをセットするスタイルでOK。道糸にPE0.8〜1号を巻いて挑もう。使用テンヤは、3〜8号が中心となるので多目に持参すること。当地は岩礁地を攻めるのでハリ先が痛みがち。替えバリの用意も忘れずに。

「大さん弘漁丸」のテンヤマダイ仕掛け。タックルは専用ロッド&スピニングリールをセット

テンヤマダイを楽しむなら、やはり専用タックルを用いることを推奨したい。

ロッドは、感度が良いことはもちろん、しなやかに食わせる穂先を持ち合わせているので掛けやすいし、アワセも、胴からバッド部にかけてパワーがあるのでしっかり効く。また専用リールは、優れたドラグを搭載しているので、ファイトを有利にしてくれるし、何より軽量で巻き心地も滑らか。スムーズに寄せられるので魚を獲りやすいのだ。ちなみに軽量は感度に直結するので、アタリを取りやすいというメリットもあるのだ。

「うちでは2.4m前後の専用ロッドに2500番サイズのリールを組み合わせている人が多いですね。道糸は、一般的なPE0.8号で良いのですが、当地は根(岩礁帯を含む)のキビシイ場所を攻めるので1号、もしくは1.5号でも構わないと伝えてます」と船長。

根で擦れてタカ切れ(道糸が切れる)するなら、ちょっと太目で挑む方が無駄な時間を作らずに楽しめると考えているそうだ。

リーダーは、前記の理由でナイロンより強いフロロカーボン製を使用。2〜2.5号を5m程、FGノットなどのラインシステムを組んで直結しよう。

「システムを組むのが苦手、もしくはできない場合は言って下さい。私や仲乗りが、すぐに対応しますから」と船長が微笑んだ。

茨城・日立久慈沖 ひとつテンヤマダイ釣行レポート

浅場を攻める当地の秋のテンヤマダイ。ヒットしたマダイは根周りを走るので、ラインブレイク回避のためにも多少強引なファイトで浮上させよう

この日は、ダイワのSFA(スーパーフレッシュアングラー)金子 新さんがプライベート釣行で乗船。底中心に探って良型を連発した

秋の絶好シーズンに突入したひとつテンヤマダイ

1kg前後のマダイが中心だ

Vサイン!

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

思わずにっこり笑顔に…

女性アングラーも絶好調!

引き味抜群!

アタリ活発でビギナーからベテランまで大興奮!

金子さんは、不慣れなキッズにすかさず釣り方をレクチャーし、ゲットに導きました!

ちょっと小振りが多かったが、誘いの手が合えば数は伸びる

根と根の間を流すので、さまざまな魚がゲストで釣れる

カサゴ

マハタ

ヒラメ

マダコ

使用したタックルはこちら

テンヤは3~8号が中心

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大さん弘漁丸」。

外房や鹿島灘で絶好調の〝テンヤマダイ〟だが、常磐エリアでもマダイの活性が上がり始め、連日、好釣果を揚げているので要チェックだ!!

「まさに秋の絶好シーズンに突入したって感じですよね。大ダイこそポツポツですが、良型まじりの数釣りが楽しめるようになってきましたから」とニッコリ顔で話したのは、年間を通してテンヤ船を出す日立久慈港「大さん弘漁丸」の若船長・小泉大輔さんだ。

この時期のポイントは、水深20m以内の浅場がメインで、根続きの筋を横流しのスタイルで探っていると言う。

この釣りは、テンヤを海底まで落とし込んで誘う釣りだけに、確実に底が取れるテンヤを使うのがセオリーとなるが、船長はそれが可能な最軽量テンヤを使うことを推奨している。

「軽いテンヤはゆっくり落ちて、よりエサをアピールしてくれますからね。マダイもその動きに良く反応しますし」とその理由を説明してくれた。

「ここ最近の釣果を見る限りでは、今期は例年以上にマダイが沸いている気がするので、今後も期待大」と船長。

数釣りを楽しみながら良型、そして大ダイを目指そう!

日立久慈沖のテンヤマダイ攻略法。テンヤは3〜8号がメイン、誘導タイプも効果あり!

秋のポイントは、水深20m以内の浅場を攻めることが多い当地。ゆえに使用テンヤは軽目の3〜8号を使うことになるが、最初に使用するテンヤは、確実に底が取れる重さをチョイスするのが、お約束となっている。

「最初のフォール(落とし込み)でヒットするケースが多々あるんですよね。中層で食ってくることも、もちろんありますが、一番多いパターンは着底間際と直後となるので、確実に底が取れるテンヤを使って欲しいんです」。

ちなみに落としたテンヤが海底まで3mの距離にきたら(船長が水深をアナウンスするので、道糸に付いているマーカーでその位置を判断)、穂先のブレや道糸の動きを厳重にチェック。違和感を捉えたら鬼アワセを入れること。なお、アタリが無い場合は、上記イラストの通り探ろう。

最近は、エサの吸い込みやすさと、テンヤを支点によりナチュラルにエサをフォールさせることができる遊動式のテンヤの活躍が目覚ましく、この日も威力を発揮したので、用意することもお伝えしておこう。


秋は、数釣りの中から大物を引き出すイメージで釣りを展開すると最初に書いたが、それを実現する方法があるので紹介しよう。

攻略の図解を見れば一目瞭然だが、テンヤは軽くすれば、軽くしただけ、フォールスピードが遅くなり、フワフワと漂うように落ちて行く。つまりアピール力が増すワケだ。

通常、マダイは底付近に潜み、落ちてくるエサを待ち構えている。じっくり落ちながらアピールしてくる軽いテンヤ(エサ)は、発見しやすい上、食べやすい。そんな方程式から軽いテンヤの使用がヒット率を向上させ、数釣りを可能にすると言われているのだ。

「今やポピュラーになっているタングステンタイプのテンヤの使用も、ヒット率を上げる武器だと言えますよね」と船長。

同じ号数でもタングステンタイプは比重が重いので小型になる。これによってテンヤ部のシルエットを小さくして、違和感なく食わすのだ。

キャスティングは”広く探る≦アタリを取りやすくする”の考え

秋のマダイは底付近に多く潜んでいるので、そこを重点的に攻めるのも数を伸ばすコツだと船長は言う。

「経験上、海底から2mまでの範囲内で良くアタリますからね。誘いの幅もそれを考慮して行って下さい」。

テンヤマダイで良く見るシーンに、キャストして広く探ることがあるが「大さん弘漁丸」ではそれを〝アタリを取りやすくするために行って〟と促している。

「理由は下記イラストの通りで、ビギナーが闇雲にロングキャストをしても、アタリを上手く取れないんですよね。アタリを取る理想的なロッドとラインの角度は90°です。つまりこの角度になるちょっと先にテンヤが落ちるよう、潮を読んでキャストしてやれば良いんですよ。で、その間が終わったら、即、入れ替える。ズバリ! これを繰り返すことが効率良く釣る究極の方法なんです」と船長が熱く語ってくれた。

最後にヒットした後のマダイの動きも紹介しておこう。

当地のポイントは水深が浅いので、魚が掛かると横っ走りをする。根掛かり回避のためと、走り終わった際のテンション抜け(ハリ外れ)に備えて、ドラグで道糸が出ている時もリールを巻き続けてファイトしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読