MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。

タックル&仕掛け。ノーマルタックルのほかライトタックルも!

「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。

リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。

道糸はPEラインの3〜4号を200m以上巻いておこう。

また、「松栄丸」ではライトタックルの使用もOKだ。この場合、竿はライト用ロッドのほか近年ではライトヒラメ専用竿が発売されているので、これらの使用がおすすめだ。

リールは小型電動、または手巻きの小型両軸リールを組み合わせる。

道糸はPEラインの2号以下。1号以下の細い番手を使用する場合は、フロロカーボンの5〜6号を先糸として結んでおこう。

「松栄丸」の船宿仕掛けは枝ス、幹糸ともに6号。ハリは親バリがチヌ7号。孫バリは同じくチヌバリの7号だが、こちらはヒネリがないタイプを使用。捨て糸の長さは50㎝というバランスだ。

また、孫バリは近年流行しているトレブルフックでもOKだ。大きさは9号ぐらい。「孫バリは小さすぎると、外れやすくなります」とは「松栄丸」の中井一也船長。

仕掛けを自作する場合は、このバランスで作るといいだろう。

オモリはノーマルタックルの場合は80号を使用。ライトタックルの場合は周囲とオマツリしないように各自で調整する。取材当日は50〜60号でトラブルなく釣りができていた。

大原沖のヒラメ釣りは横流しで狙うことが多い。風下側の釣り人は仕掛けが船べりよりも内側に入るようになるので、この場合はあまり軽いオモリは適さない。そのため、ライトタックルでもノーマルタックルと同じ80号オモリを用意しておくのが無難だ。

外房・大原沖 ヒラメ釣行レポート

朝マヅメのゴールデンタイムを狙える

ポイントの水深は10m台の浅場

LTで狙うと引き味も抜群!

取り込みは釣り人がタモに誘導するようにしよう

2kgオーバーの良型をゲット!

仲良くゲット!

女性アングラーも良型ゲット!

嬉しい良型

サイズ問題なし!

こちらもナイスサイズ!

ヒラメ釣りは女性にも人気!

ビギナーにもヒット! 嬉しい1枚

マゴチがまじった

イナダもヒット

「松栄丸」の仕掛け

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「松栄丸」。

今シーズンから9月に部分解禁し、10月に全面解禁して狙えるようになった外房・大原沖のヒラメ。

9月の部分解禁直後は、良型や大型のヒラメがまじって盛り上がっていた。そして10月から全面解禁を迎えると、水深10m台〜20m台の浅場で数釣りがコンスタントに記録されるようになった。

取材は大原港「松栄丸」に乗船。写真で紹介しているように、全員が本命の顔を見る好釣果に恵まれた。しかもトップの釣り人は13枚という数釣りを楽しんだ。釣れるサイズはキロ前後が多かったが、2〜3㎏の良型もまじった。

大原沖のヒラメは、ゴールデンウイークぐらいまでロングランで狙える。そして、今後、イワシの群れがやってくればさらなる爆釣が期待できる。

本格シーズンに突入した大原沖のヒラメ。アタリは多いので、ビギナーが挑戦するのもオススメ。基本をしっかり押さえて、本命をゲットしよう!

エサ付けの仕方。エサは生きたマイワシ。弱る前に迅速につけよう

エサは生きたマイワシ。海中で元気の良く泳ぐことがヒラメを誘うので、扱いには注意すること。エサ付けの際は力強く握らず、迅速にハリを刺すようにする。

エサ付けはいろいろあるが、親バリは鼻掛けか上アゴ掛け。鼻掛けの場合は左下のイラストのように、ハリにソフトタイプの夜光玉を付けてズレないようにする。

孫バリにトレブルフックを使う場合は背中側に掛けると根掛かりしにくくなる。孫バリがチヌバリなどの場合は背中側のほかに、肛門付近や尻ビレ付近に掛けるといいだろ

ヒラメの釣り方。横流しで狙う時の釣り方について

取材当日は水深15m前後の浅場を狙った。今後も浅場をメインに狙っていくが、「横流し」と呼ばれる流し方で狙っていく。船体の横から風を受けてポイントを広範囲に流していくが、右舷側に風を受ければ左舷側が有利な席となり、左舷側に風を受ければ右舷が有利となる。ほとんどの船が流し替えるごとに船の向きを変えてくれるので、席による釣果の偏りは少ないといえるだろう。

横流しで狙う時は、仕掛けを投入したら、オモリが海底にトントンと着くぐらいのタナでアタリを待つ。

船がどんどん流される状況では、風上側の舷の釣り人は、道糸が自分の前方に向かって海中に入っていく。これに対して風下側では道糸が船べりに向かって入る。このときオモリが着底してそのままにしていると、仕掛けが浮き上がってしまう。そのため道糸を出して、オモリを海底付近にキープしてアタリを待つ。

しかし、風下側で糸をどんどん出すと反対舷の釣り人とオマツリしやすくなる。ある程度まで糸を出したら、仕掛けを入れなおすようにしよう。

風上側では糸を出してもオマツリの心配はない。しかし、風下側の釣り人の仕掛けよりも、新しいポイントに入るのが遅くなる。糸を出しすぎると新しいポイントに入るのが、さらに遅くなるので注意しよう。
アタったら即アワセは禁物。しばらく待って食い込んでから竿を立ててアワせる。横流しの場合、そのまま待てば向こうアワセでも掛かるだろう。

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読