MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。

タックル&仕掛け。ノーマルタックルのほかライトタックルも!

「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。

リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。

道糸はPEラインの3〜4号を200m以上巻いておこう。

また、「松栄丸」ではライトタックルの使用もOKだ。この場合、竿はライト用ロッドのほか近年ではライトヒラメ専用竿が発売されているので、これらの使用がおすすめだ。

リールは小型電動、または手巻きの小型両軸リールを組み合わせる。

道糸はPEラインの2号以下。1号以下の細い番手を使用する場合は、フロロカーボンの5〜6号を先糸として結んでおこう。

「松栄丸」の船宿仕掛けは枝ス、幹糸ともに6号。ハリは親バリがチヌ7号。孫バリは同じくチヌバリの7号だが、こちらはヒネリがないタイプを使用。捨て糸の長さは50㎝というバランスだ。

また、孫バリは近年流行しているトレブルフックでもOKだ。大きさは9号ぐらい。「孫バリは小さすぎると、外れやすくなります」とは「松栄丸」の中井一也船長。

仕掛けを自作する場合は、このバランスで作るといいだろう。

オモリはノーマルタックルの場合は80号を使用。ライトタックルの場合は周囲とオマツリしないように各自で調整する。取材当日は50〜60号でトラブルなく釣りができていた。

大原沖のヒラメ釣りは横流しで狙うことが多い。風下側の釣り人は仕掛けが船べりよりも内側に入るようになるので、この場合はあまり軽いオモリは適さない。そのため、ライトタックルでもノーマルタックルと同じ80号オモリを用意しておくのが無難だ。

外房・大原沖 ヒラメ釣行レポート

朝マヅメのゴールデンタイムを狙える

ポイントの水深は10m台の浅場

LTで狙うと引き味も抜群!

取り込みは釣り人がタモに誘導するようにしよう

2kgオーバーの良型をゲット!

仲良くゲット!

女性アングラーも良型ゲット!

嬉しい良型

サイズ問題なし!

こちらもナイスサイズ!

ヒラメ釣りは女性にも人気!

ビギナーにもヒット! 嬉しい1枚

マゴチがまじった

イナダもヒット

「松栄丸」の仕掛け

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「松栄丸」。

今シーズンから9月に部分解禁し、10月に全面解禁して狙えるようになった外房・大原沖のヒラメ。

9月の部分解禁直後は、良型や大型のヒラメがまじって盛り上がっていた。そして10月から全面解禁を迎えると、水深10m台〜20m台の浅場で数釣りがコンスタントに記録されるようになった。

取材は大原港「松栄丸」に乗船。写真で紹介しているように、全員が本命の顔を見る好釣果に恵まれた。しかもトップの釣り人は13枚という数釣りを楽しんだ。釣れるサイズはキロ前後が多かったが、2〜3㎏の良型もまじった。

大原沖のヒラメは、ゴールデンウイークぐらいまでロングランで狙える。そして、今後、イワシの群れがやってくればさらなる爆釣が期待できる。

本格シーズンに突入した大原沖のヒラメ。アタリは多いので、ビギナーが挑戦するのもオススメ。基本をしっかり押さえて、本命をゲットしよう!

エサ付けの仕方。エサは生きたマイワシ。弱る前に迅速につけよう

エサは生きたマイワシ。海中で元気の良く泳ぐことがヒラメを誘うので、扱いには注意すること。エサ付けの際は力強く握らず、迅速にハリを刺すようにする。

エサ付けはいろいろあるが、親バリは鼻掛けか上アゴ掛け。鼻掛けの場合は左下のイラストのように、ハリにソフトタイプの夜光玉を付けてズレないようにする。

孫バリにトレブルフックを使う場合は背中側に掛けると根掛かりしにくくなる。孫バリがチヌバリなどの場合は背中側のほかに、肛門付近や尻ビレ付近に掛けるといいだろ

ヒラメの釣り方。横流しで狙う時の釣り方について

取材当日は水深15m前後の浅場を狙った。今後も浅場をメインに狙っていくが、「横流し」と呼ばれる流し方で狙っていく。船体の横から風を受けてポイントを広範囲に流していくが、右舷側に風を受ければ左舷側が有利な席となり、左舷側に風を受ければ右舷が有利となる。ほとんどの船が流し替えるごとに船の向きを変えてくれるので、席による釣果の偏りは少ないといえるだろう。

横流しで狙う時は、仕掛けを投入したら、オモリが海底にトントンと着くぐらいのタナでアタリを待つ。

船がどんどん流される状況では、風上側の舷の釣り人は、道糸が自分の前方に向かって海中に入っていく。これに対して風下側では道糸が船べりに向かって入る。このときオモリが着底してそのままにしていると、仕掛けが浮き上がってしまう。そのため道糸を出して、オモリを海底付近にキープしてアタリを待つ。

しかし、風下側で糸をどんどん出すと反対舷の釣り人とオマツリしやすくなる。ある程度まで糸を出したら、仕掛けを入れなおすようにしよう。

風上側では糸を出してもオマツリの心配はない。しかし、風下側の釣り人の仕掛けよりも、新しいポイントに入るのが遅くなる。糸を出しすぎると新しいポイントに入るのが、さらに遅くなるので注意しよう。
アタったら即アワセは禁物。しばらく待って食い込んでから竿を立ててアワせる。横流しの場合、そのまま待てば向こうアワセでも掛かるだろう。

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
毎年ファンをヒートアップさせる相模湾のカツオ・キハダ。今年は両魚ともにサイズが良く、カツオは5㎏オーバーを狙え、キハダは30㎏超級が連発し例年以上に釣り人を熱くさせている。今後も、まだまだ数多くのドラマが待っているはずだ。
更新: 2019-09-22 07:00:00
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50㎝を越える特大サイズが3本出た日も。
更新: 2019-09-21 07:21:41
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
最新記事
毎年ファンをヒートアップさせる相模湾のカツオ・キハダ。今年は両魚ともにサイズが良く、カツオは5㎏オーバーを狙え、キハダは30㎏超級が連発し例年以上に釣り人を熱くさせている。今後も、まだまだ数多くのドラマが待っているはずだ。
更新: 2019-09-22 07:00:00
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50㎝を越える特大サイズが3本出た日も。
更新: 2019-09-21 07:21:41
釣った魚をイケスで生かすためのエア抜きニードル「ABUエアー抜き ピンオンリール付き」
更新: 2019-09-20 13:26:01
★動画★料理編「アジ釣り女子会」私を釣り~に連れてって!! 沖釣り専門誌「つり丸」と日本最古のスポーツ紙「日刊スポーツ」の共同企画!参加者を募集します(女子限定)。9月27日(金)出船!事前に太田屋さんに電話で予約を入れてくださいね。
更新: 2019-09-20 07:00:00
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読