MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
仙台湾、潮流しのヒラメ釣りテクニックを学ぶ(第一謙信丸)

仙台湾、潮流しのヒラメ釣りテクニックを学ぶ(第一謙信丸)

仙台湾のヒラメ釣りは三陸沿岸のヒラメ釣りをルーツとしたライト仕様であり、オモリは40〜60号で狙う。そんな釣り方から、3mの長竿よりも操作性の良い短めの竿がピッタリとくる。そして近年は2mほどのショートロッドも多く使われるようになってきて、ショートロッド対応の専用仕掛も船宿、釣り具店に各種並んでいる。

仙台湾のヒラメ。タックルはライト仕様であり、オモリは40〜60号

仙台湾のヒラメ釣りは三陸沿岸のヒラメ釣りをルーツとしたライト仕様であり、オモリは40〜60号で狙う。

そんな釣り方から、3mの長竿よりも操作性の良い短めの竿がピッタリとくる。

そして近年は2mほどのショートロッドも多く使われるようになってきて、ショートロッド対応の専用仕掛も船宿、釣り具店に各種並んでいる。

それにリールはPE2〜4号を200m巻ける両軸、小型電動。よりダイレクトな感触が味わえるショートロッドなら、PE2〜1.5号を巻いておき、先糸8号を2mほど結ぶと良い。

仕掛けはチヌ5〜6号にハリス5〜6号80㎝前後というのが標準。他地域に比べてハリサイズが小さ目で細ハリスである。

これは元来カタクチイワシの泳がせで釣っていたことから、イワシの負担を減らして泳がせるということが基本にある。カタクチイワシ主体で釣っていた当時は、ハリス3〜4号、チヌ5号に孫バリなしが標準だったのだ。

現在の仙台湾ではマイワシが主体に使われているが、それでもイワシへの負担を減らすことが、より多くのアタリを呼び込むことを実感しているので、軽量のチヌバリでワンサイズハリス太目、孫バリを追加した程度なのである。

孫バリはシングル、トリプルからチラシバリまで使われているが、イワシに与える負担に、タモに収めたときのハリが網糸に絡むわずらわしさ。そして外すときの危険が増すというリスクがある。イワシの活発な泳ぎがヒラメの捕食を誘うので、シングルフックの孫バリがオススメだ。

私はヒラメの活性が低いときほど孫バリなしで釣る。ライターの伊井泰洋さんも孫バリなしに徹しており、今年も亘理沖ヒラメに来て、好釣果で楽しんでいった。

仙台湾・閖上沖 ヒラメ釣行レポート

地元のアングラーは手巻きリールが主流。オモリ50号なので軽いロッド使用が楽だ

1本バリ仕掛けに来ましたよ!

ライトタックルやゲームロッドでも普通に楽しめる

小型が多くなってはいるが、まだまだ良型キャッチのチャンスはあるという

小型は抜き上げよう。手返しもアップする

夏場より肉厚になったヒラメの引きは強烈だ。重量も増している

食べごろサイズはコレ!

小型は抜き上げよう。手返しもアップする

朝の第1投からヒット

サバエサで70㎝級がヒット

80歳を超えた年配の釣り人でも楽しめる

ショゴ、カンパチの幼魚が仙台湾内に回遊中だ

エサはコレ。生きイワシ。大事に扱おう

このヒラメの釣果は仙台湾では当たり前。おいしく食べるなら生きているうちにきちんと絞めて持ち帰ろう。なお、氷は多めに持参していこう

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・閖上港「第一謙信丸」。

今期も仙台湾のヒラメは当たり年だ。

6月の生きイワシエサのヒラメ釣り開幕から好調で、8月半ばころから爆釣モードが続いている。関東周辺のアングラーにとっては羨ましい限りだが、カレイ天国宮城周辺のアングラーにとっては、仙台湾のヒラメはあまりの釣れっぷりで大衆魚なみの位置付けになっているという。

「特大ヒラメのシーズンは終わりましたが、依然数は釣れてます。とはいえ、連日4〜5kgサイズもまじりますし、まだまだヒラメは狙えます」とは、閖上港「謙信丸」の温厚でまじめな佐藤太船長。

使用オモリは50号。ポイントはツブ根や魚礁周りが中心なので、どちらかといえばピンポイント狙いだ。横流し釣りはいっさい行わないので、バーチカルにじっくりとヒラメを狙うことができる。

「仙台湾のヒラメ釣りはマメな底ダチ取りが誘いになり、ヒラメにイワシをアピールすることになります」とは、ライターの針生秀一さんの弁。「釣りすぎに気をつけてくださいね!」とのことだ。

11月にはヒラメはむろん、根周り五目の小突き釣りでナメタガレイもシーズンイン。絶品高級魚の2本狙いで釣行するのもオススメだ。

仙台湾のヒラメ釣り方。ツブ根と魚礁周辺の砂地の根周りを流す

岩礁、いわゆるツブ根と呼ばれる砂地に点在する根まわりを流す。「謙信丸」は、こんなツブ根や小規模の魚礁という、数多くのヒラメポイントの引き出しを持っており、根周りの釣りに定評があるのだ。ピンポイントの根の頂点のようなところに合わせて投入や、ジリジリと擦り寄るように流して攻めていく。 

基本の釣り方は、まず投入したら即アタリ、食いつきに注意して竿先を水平より上へ構える。これでイワシが幹糸から離れて泳ぎ出す。

リールを巻いてオモリが底を切るようにタナを取る。

水色がよく潮流れも適当な好条件なら高めにして、やや濁りや活性が低いようなら底スレスレというのがセオリー。

捨て糸の長さをハリスの半分ほどにするとタナをイメージしやすい。

比較的平坦な岩礁帯を流すことが多いが、高低差のある岩礁や魚礁を攻めることもある。こんなところでオモリを引きずるようにしていると、根掛かりを増やしてアタリも呼び込めない。マメな底ダチ、タナの取り直しで根をかわそう。

これが誘いに繋がり、岩礁、魚礁の上に乗っている、または潮の当たる根の前に出ているようなヤル気あるヒラメが捕食にくる。

根の頭に合わせての投入では潮先有利と思われるが、まずは手早い投入が大事だ。

落とし込み、即食いつくことが多いのが、ピンポイントに潮流しで立てていく仙台湾の特徴。

礁、魚礁の上に乗っているような活性が高いヒラメは広範囲を見ていて、より先に落ちてきたイワシを捕食に動く。素早い投入で席の不利をカバーしよう。

着底前に泳ぎ上がってイワシを捕食してくるのは大型ヒラメが多い。

こんなヒラメはイワシを瞬間に丸飲みしてくる。それで底に反転していく引き込みを竿の弾力で耐える。これはもう、向こうアワセを追いアワセしてガッチリ掛けるイメージ。

これで竿先を下げて送り込むと、魚礁に戻られて取り込めなくなることもある。 

険しい魚礁を釣るときは、上からのタナ取りをすることもある。手順としては、投入してから竿先を下に向けて、オモリが底に着く前からサミングして着底寸前に止める。そこから一旦竿先を上げて、再びゆっくりと竿先を下げていく。

このときにアタリが出ることが多い。

この動作を繰り返して、何かにオモリが触れたらその位置を記憶しておくことが大切。

これで底ダチと高低差を掴んで、魚礁のヒラメを攻略してみよう。

ショートロッド、短ハリスでイワシを高アピール! マメなタナ取り

根の後ろ、潮に隠れているようなヤル気のないヒラメでも、目前に落ちてきたイワシには本能が目覚めて食いつくことがあるだろう。

その本能に訴えるために、マメな底の取り直しでアピールしよう。

まず底から5mくらい上までの間でイワシを上に泳がせる。

これで広くヒラメにイワシをアピールして、そこからの落とし込みで反射食いを誘う。

ヒラメの眼はカレイと同じく濁りには弱いが、カレイよりも広範囲を見渡せるのだろう。こんなことからも、不利と思われる潮上の席ほど、高めのタナ取りでイワシを泳がせて、ヒラメに自分のイワシを積極的にアピールしよう。

濁りやウネリで低活性ならセオリー通りに低め、底際のタナ取り。それでもイワシをアピールすることが大切だ。こんなときこそ短ハリスにショートロッドで、積極的に反射的な捕食を誘おう。
 
低活性に感じるときほど丹念に底を取ることが大切。潮が効かずローライトのとき、潮が当たる根の上や前よりも、岩場の潮陰に潜んでいることが多くなる。こんなところを意識してイワシを泳がせる。

仕掛けは50㎝ハリスに捨て糸20㎝。これで底から2mほどの狭い間隔を底、タナを取り直してイワシを泳がせ、ウロコを散らすことが狙いだ。

ショートロッドの操作性がアドバンテージを得る。

かつてはウネリを吸収する長めで柔軟な竿で仕掛の上下を抑え、仕掛もロングハリスで幹糸から離して半径広く泳がせ、流しに合わせてオモリを歩かせるという釣り方が良いと思ってやっていた。

それがショートロッドを使ってからは、マメにタナを切り返すほうが効果的で、短ハリスがイワシを激しく泳がせてウロコを散らし、それが低活性時にアタリを増やすことを実感した。

これで渋いときでも誘って食わせて掛けたという釣り応えを得られた。

仙台湾ヒラメのファイナルラウンドに挑みましょう!

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読