沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

「9月から小名浜沖を本格的に探り始めました。アカムツがいるだろうと思われるポイントは、実は誰もノーマークのところ。反応もない泥場で底引き網漁もやらないところですよ」とは、昨年末に中深場のアカムツを始め、いきなり爆釣させた小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。


新規開拓エリアでの釣りは、早めの釣行がオススメ! ぜひご予約を

「光勝丸」はマダラを得意とする大型船。中深場五目釣りなどでは、釣り座は広々である

ポイントの水深は140m前後

タックルは茨城県内と同じ。オモリは120号だ。PE3号、仕掛けは胴付き2~3本バリ。エサはサバの切り身とホタルイカの抱き合わせ

複数本釣り上げると気持ちに余裕が出てきて抜き上げも容易になってくる

良型の一荷ヒットもザラだ

乗船日のトップはアカムツ9匹だったが、これでも釣れない日だった。ツ抜けがザラな日もあった

スロー系ジギングもOK

スローピッチジャークジギングも人気だ。スレていないのでヒット率が高い

脂も乗ってウマそうだ!

良型キャッチにほくほくエビス顔

乗っ込み期の茨城海域と同様、誘いを駆使した釣り方が有効な海域だ。水中ライトはいらない

波崎のアカムツ名人もこの新エリアに興味津々

美系アカムツは食べても絶品だった

アカムツと大型ユメカサゴの一荷も

マゾイとアカムツの一荷を達成

マゾイがいっとき入れ食いになった

水温が高いため、周辺にはカツオが回遊中だった

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・小名浜港「第8光勝丸」。

福島県小名浜沖水深140m前後でアカムツが釣れており、太平洋のアカムツ前線が北上中だ。

1匹オオカミ的な操船でポイント開拓に余念がない松原さんは、ラン&ガンの速いテンポで釣るので次々にデータがたまっていくという。

「たぶんマダラの季節になると、水深200mのポイントにアカムツの群れが入ると思います。それがいつになるかは分かりませんが、この浅場で釣れなくなったら、深場を狙っていこうと思います。なにせ今期もまだ2シーズン目ですからね。これからも手探りですよ」

気になるタックルは、波崎エリアと全く同様で胴付き2~3本バリ、オモリ120号だ。だからリールの道糸はPE3号でOK。深場になると犬吠埼沖と同じでオモリは200号となる。

さて、気になるアカムツの味はというと……、脂たっぷりでバッチリ!

新記開拓エリアでの釣りは、早めの釣行がオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。


勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。


シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

三連休で唯一の好天&凪に恵まれた9月23日、鹿島新港「桜井丸」のアカムツ船の乗合客は14名。片舷7名は決して少ない人数ではないが、6月に就航した20tの「第27桜井丸」の広々とした釣り座なら余裕の広々、ノープロブレム。


南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

ここ数年で南房のアカムツ釣りのメジャー船になった江見太夫崎「渡辺丸」。 それもそのはず、40㎝オーバーの大型ばかりをコンスタントに釣らせてくれるからだ。もちろん、条件が悪いときは釣れないこともある。しかし、ほぼ周年、アカムツを狙っていることにより、アカムツの動きを理解し、渡辺英雄船長はポイントが把握できたというのだ。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


最新の投稿


第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

11月3日(土)に開催された「第8回 鋸南町カワハギフェスティバル」の結果報告です。


ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

仕掛けは普通のヒラメ仕掛けでO‌K。ただし、孫バリはトレブルフックをすすめている。「特に慣れていない人はトレブルフックがオススメです。これだとどこかに掛かれば取れますので」もちろん、孫バリはシングルフックでしっかりと食わせて取りたい、という人はシングルを使えばいいだろう。


釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

コマセ釣りの竿は30〜40号のオモリに対応できるライト用、7対3調子の2m前後がおすすめ。リールは手巻きの小型両軸か超小型電動を組み合わせる。道糸はPEラインの2号以下を200mは巻いておこう。


2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

11月25日に波崎沖大根周辺海域で開催される「2018テイルウォークカップ 『北村秀行』チャーマスフェスティバル 」の参加者募集内容です。


横流し釣りがメイン! 鹿島沖のヒラメ攻略術を公開(大久丸)

横流し釣りがメイン! 鹿島沖のヒラメ攻略術を公開(大久丸)

ロッドはヒラメ専用。2~2.7mでオモリ負荷120号まで背負えるもの。長さは好みでよいが、横流し釣りで120号の重さと船に流れによる潮の抵抗に耐えうるものが必要だ。なかなかヒラメ釣りで100号オモリ設定のものはないが、通常のヒラメ専用で十分対応可能だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読