MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

「9月から小名浜沖を本格的に探り始めました。アカムツがいるだろうと思われるポイントは、実は誰もノーマークのところ。反応もない泥場で底引き網漁もやらないところですよ」とは、昨年末に中深場のアカムツを始め、いきなり爆釣させた小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。

新規開拓エリアでの釣りは、早めの釣行がオススメ! ぜひご予約を

「光勝丸」はマダラを得意とする大型船。中深場五目釣りなどでは、釣り座は広々である

ポイントの水深は140m前後

タックルは茨城県内と同じ。オモリは120号だ。PE3号、仕掛けは胴付き2~3本バリ。エサはサバの切り身とホタルイカの抱き合わせ

複数本釣り上げると気持ちに余裕が出てきて抜き上げも容易になってくる

良型の一荷ヒットもザラだ

乗船日のトップはアカムツ9匹だったが、これでも釣れない日だった。ツ抜けがザラな日もあった

スロー系ジギングもOK

スローピッチジャークジギングも人気だ。スレていないのでヒット率が高い

脂も乗ってウマそうだ!

良型キャッチにほくほくエビス顔

乗っ込み期の茨城海域と同様、誘いを駆使した釣り方が有効な海域だ。水中ライトはいらない

波崎のアカムツ名人もこの新エリアに興味津々

美系アカムツは食べても絶品だった

アカムツと大型ユメカサゴの一荷も

マゾイとアカムツの一荷を達成

マゾイがいっとき入れ食いになった

水温が高いため、周辺にはカツオが回遊中だった

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・小名浜港「第8光勝丸」。

福島県小名浜沖水深140m前後でアカムツが釣れており、太平洋のアカムツ前線が北上中だ。

1匹オオカミ的な操船でポイント開拓に余念がない松原さんは、ラン&ガンの速いテンポで釣るので次々にデータがたまっていくという。

「たぶんマダラの季節になると、水深200mのポイントにアカムツの群れが入ると思います。それがいつになるかは分かりませんが、この浅場で釣れなくなったら、深場を狙っていこうと思います。なにせ今期もまだ2シーズン目ですからね。これからも手探りですよ」

気になるタックルは、波崎エリアと全く同様で胴付き2~3本バリ、オモリ120号だ。だからリールの道糸はPE3号でOK。深場になると犬吠埼沖と同じでオモリは200号となる。

さて、気になるアカムツの味はというと……、脂たっぷりでバッチリ!

新記開拓エリアでの釣りは、早めの釣行がオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
最新記事
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読