MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

「9月から小名浜沖を本格的に探り始めました。アカムツがいるだろうと思われるポイントは、実は誰もノーマークのところ。反応もない泥場で底引き網漁もやらないところですよ」とは、昨年末に中深場のアカムツを始め、いきなり爆釣させた小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。

perm_media 《画像ギャラリー》アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)の画像をチェック! navigate_next

新規開拓エリアでの釣りは、早めの釣行がオススメ! ぜひご予約を

「光勝丸」はマダラを得意とする大型船。中深場五目釣りなどでは、釣り座は広々である

ポイントの水深は140m前後

タックルは茨城県内と同じ。オモリは120号だ。PE3号、仕掛けは胴付き2~3本バリ。エサはサバの切り身とホタルイカの抱き合わせ

複数本釣り上げると気持ちに余裕が出てきて抜き上げも容易になってくる

良型の一荷ヒットもザラだ

乗船日のトップはアカムツ9匹だったが、これでも釣れない日だった。ツ抜けがザラな日もあった

スロー系ジギングもOK

スローピッチジャークジギングも人気だ。スレていないのでヒット率が高い

脂も乗ってウマそうだ!

良型キャッチにほくほくエビス顔

乗っ込み期の茨城海域と同様、誘いを駆使した釣り方が有効な海域だ。水中ライトはいらない

波崎のアカムツ名人もこの新エリアに興味津々

美系アカムツは食べても絶品だった

アカムツと大型ユメカサゴの一荷も

マゾイとアカムツの一荷を達成

マゾイがいっとき入れ食いになった

水温が高いため、周辺にはカツオが回遊中だった

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・小名浜港「第8光勝丸」。

福島県小名浜沖水深140m前後でアカムツが釣れており、太平洋のアカムツ前線が北上中だ。

1匹オオカミ的な操船でポイント開拓に余念がない松原さんは、ラン&ガンの速いテンポで釣るので次々にデータがたまっていくという。

「たぶんマダラの季節になると、水深200mのポイントにアカムツの群れが入ると思います。それがいつになるかは分かりませんが、この浅場で釣れなくなったら、深場を狙っていこうと思います。なにせ今期もまだ2シーズン目ですからね。これからも手探りですよ」

気になるタックルは、波崎エリアと全く同様で胴付き2~3本バリ、オモリ120号だ。だからリールの道糸はPE3号でOK。深場になると犬吠埼沖と同じでオモリは200号となる。

さて、気になるアカムツの味はというと……、脂たっぷりでバッチリ!

新記開拓エリアでの釣りは、早めの釣行がオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル