MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTだから楽しさ倍増! 好調が続く相模湾のアマダイ(浅八丸)

LTだから楽しさ倍増! 好調が続く相模湾のアマダイ(浅八丸)

朝晩肌寒くなってきた今日この頃。夏の魚もいつの間にか終わり、秋冬の釣り物が始まりましたね。これからの時期は脂の乗った美味しい魚がいっぱい。何を釣りに行くか考えるだけでもワクワクしますが、今回はそのなかでも、とくに好きなお魚アマダイ!

perm_media 《画像ギャラリー》LTだから楽しさ倍増! 好調が続く相模湾のアマダイ(浅八丸)の画像をチェック! navigate_next

美味しさだけでなく、アマダイは引きも楽しい! 今後さらに型も良

釣り場は港から近場にたくさんある!

この瞬間がたまらない!

食べても美味しいアマダイ! 酒蒸し、昆布〆、干物などがオススメ

ライトタックルで狙うので、引き味も抜群

良型ゲット!

一荷もある

小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズ

桜井瑠香さんにもヒット! 何が掛かったかな?

この日、桜井さんはアマダイを3匹ゲット

釣って楽しい、食べて楽しい!

これから型も良くなってくるよ!

アマダイとのやりとりが面白い!

慣れた人は確実に数を伸ばす

ゲストもいろいろ

リールは小型電動がオススメ

付けエサはオキアミ

仕掛けは2本バリが基本。オモリは50号

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「浅八丸」。

昨年釣りに行き、人生で初めて食べたアマダイの煮付け。フワフワの身で口のなかで溶けていく感じがたまらない!

こんな美味しい魚がいたのだと感動したほどでした。

そんなアマダイを釣るべく、平塚港「浅八丸」さんへ。相模湾のアマダイは始まったばかり。連日トップはツ抜け目前の釣果なので、期待に胸を膨らませて行きました。

取材日もトップ9匹! 全員本命ゲットと絶好調。41㎝という良型も上がり賑わいました。ゲストもたくさんまじり、アマダイにひけをとらない高級魚の姿も! 豪華な夕飯に家族も大喜び間違いなし!?

美味しさだけではなく、アマダイは引きも楽しいです。掛かった瞬間の激しい引き、巻いてる途中に引き、水面近くで最後の引き。100mと深いので無事に上がってくるまでドキドキ。

今回やらせていただいたLTアマダイはオモリ50号と軽めで、タックルも小型電動リールの重さは400gほど。女性でも1日誘い続けられます。ロッドホルダーを使って、仕掛けを回収する時には手を休ませてあげれば、さらに楽チン。仕掛けも2m、2本バリと扱いやすいので初心者にもオススメです。

これからさらに型も良くなり、やりとりももっと楽しくなるアマダイ。本格的な寒さが訪れる前に、釣りに行ってみてはいかがでしょうか!

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル