MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾テンヤスミイカが今年も絶好調! トップ30杯も…(一之瀬丸)

東京湾テンヤスミイカが今年も絶好調! トップ30杯も…(一之瀬丸)

東京湾のスミイカが開幕。金沢八景の「一之瀬丸」では10月8日に今季の乗合を開始し、トップ30杯台を連発している。

まだまだシーズン序盤戦。サイズ平均は300g前後の小型主体だ

ズシッ! とイカが乗った瞬間の、しびれるような快感はテンヤ釣りならでは。これから寒くなるにつれスミイカは大型化し、「ズシッ!」の重量感はアップしてゆく

掛かったよ!

今シーズンも湧きはいいようで、トップ30杯台もある。乗り連発は楽しいぞ~!

この時期にしては満足の良型もまじっている。今後は寒くなるにつれてどんどんサイズアップしてゆく

しっかりシャクってテンヤを動かすことで、掛ける動作だけでなく、誘いにもなっている。海底のテンヤの動きを意識して釣ろう

ここ数年好調で数釣りが続いている。今年も群れ濃く、ビギナーの入門にもオススメ

「ひいいいいいい~!」。スミじゃなくてよかったですね。くれぐれもスミ噴射にはご注意を

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

最近は餌木を使った釣りも人気だが、「一之瀬丸」ではシャコをエサにした伝統のテンヤ釣法(午後船で餌木釣りでも出船中)。掛けた瞬間のズシッ! と来る衝撃はテンヤ釣りならでは。瞬間頭の中が真っ白になるほどで、一度経験したら病みつき間違いなしだ。

「今年も絶好調ですねー。数も出ているけど型もいい。毎年初期はコロッケサイズが多いんですが、今年は初めから300g級中心で、中にはもう500g近いのも釣れてますよ」とはスミイカ船担当の渡辺直人船長。釣り場は中ノ瀬から八景沖が中心だが、広範囲に生息しているようで、取材日はどのポイントでも平均して乗った。

本来は一日やってツ抜けすれば上出来な釣りだが、ここ数年好釣果が続いていて入門にももってこいだ。

「一之瀬丸」でビギナーにお薦めの席は右舷の胴の間。操舵室の真下にあたり、「自身も釣り大好き」な船長から細かく教えを乞うことが出来る。もちろん他の席でも出船前に声を掛ければ、エサ付けから釣り方まで丁寧なレクチャーを受けられる。

テンヤスミイカでアドレナリン出まくりの衝撃の乗りを体感しよう!

シャコエサの付け方

①まずはシャコを2つ折りにして、こんな風に持つ

②尾羽根の中心に左右2カ所からハサミを入れ…

③三角形に切り取る。これが串の刺し入れ口になる

④テンヤに安定して乗せられるよう爪を切り取る

⑤三角の切り口からテンヤの串を刺し入れる

⑥最後まで串を刺したら、輪ゴムでシャコとテンヤを固定して出来上がり

スミイカのテンヤ釣りで使用するシャコ。近年このシャコエサの確保が難しくなっているため餌木で狙う船が多くなっている。「一之瀬丸」はシャコエサ、餌木の両方で乗合を出している

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読