MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ビッグベイトで狙う!東京湾シーバス(アイランドクルーズFC)

ビッグベイトで狙う!東京湾シーバス(アイランドクルーズFC)

「10月初旬には釣れ始めています。大型ばかりというわけではないですが、例年より少しスタートが早いですね」言葉の主は「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。

perm_media 《画像ギャラリー》ビッグベイトで狙う!東京湾シーバス(アイランドクルーズFC)の画像をチェック! navigate_next

秋本番、シーズン本番! 東京湾のシーバスはまさに今釣り頃だ!

シーズン的にオープンウォーターで捕食回遊するシーバスを狙うことが中心となる

ネットイン! ホッとする瞬間だ

元気な一本をバイブレーションの速巻きで仕留めた鈴木さん

エラアライをさせないように、丁寧にネットに導きたい

前原さんが仕留めた良型。シーバスのご機嫌がいまひとつだっただけに、嬉しい一本だ

大型のコノシロを捕食する大型

この大きさなら大満足!

好釣果が連日のように報告されている

激うまサワラもターゲット

浅場にブリも回遊中

嬉しいゲストだ

魚探の反応を示して、攻略パターンを解説する場面も

タックルはスピニング、ベイト、ともに活躍。キャストに慣れない方はスピニングがおすすめだ

アイランドクルーズFCおすすめの実績ミノー&バイブレーション。写真右上から時計回りにルドラ130SP、ショアラインシャイナーZ 125S-DR、nada SPARROW100mm、ビッグバッカー107mm、モンスターウェイク156F

「アイランドクルーズFC」おすすめの実績ビッグベイト。写真右上から時計回りにCony Bait 180、AMAZON、フィードポッパー150mm、Sly Strong F

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」。

東京湾の秋のターゲットは数多いが、この時期ならでは、として注目を集めるのがシーバスだ。

数はもちろんのこと、ビッグサイズが一年のうちで最も確率高く狙えるのが最大の魅力。70、80㎝は当たり前!?  90㎝クラスが連発! という状況もある。

「大型のコノシロを捕食する大型シーバスをビッグベイトで狙う、いわゆるコノシロパターンに注目する人が多いですが、うちではミノーやバイブレーションで狙う、通常の釣りを基本にビッグベイトをプラスしていくことを勧めています」

と遠藤キャプテン。数が楽しめるうえ、大型も効率よく釣ることができる、というのがその理由だ。

期待に胸を膨らませ赴いた実釣取材だったが、残念ながら強風のためポイントが制限され…。数、型ともに秋の釣りとしては手応えはいまひとつだったが、こういう日もあるということ、だ。それでもしっかり型を見ることができる、それがトップシーズンの証。好釣果は連日のように報告されている。ぜひとも挑戦をおすすめする!

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル