MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

水温が17度を下回ってからは、ちょっとヒラマサが厳しくなってきましたね。今後はワラサ、ブリを中心に狙っていくと思いますよ」12月中旬に行った取材時、波崎港「征海丸」須之内哲也船長の言葉だ。

今後はヒラマサからワラサ&ブリ主体の展開へ。群れに当たれば入れ食い

ポイントは波崎沖

釣り方の基本はベーシック。ワンピッチで誘い出す。イナダにまじりワラサやブリがヒットする

早速ゲット!

でっぷりとしたワラサが波崎沖に回遊中だ

スローピッチジャークジギングもOK!

嬉しい一本

北から南下した青物ヒートアップ!!

今の時期はイナダでも脂がのっていて美味しいぞ

これはスローピッチジャークジギング。根魚はもちろん青物にも有効だ

イナダの群れに当たれば入れ食いだ。手返し早くとりこもう

セミロングジグが青物攻略の定番ジグ。100〜150gを各種そろえよう

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「征海丸」。

今年の波崎沖では5㎏前後のヒラマサの魚影が濃く、秋から初冬にかけてもコンスタントに釣れ続けていた。ワラサも安定。ときにはブリクラスもまじっていた。加えてサワラが顔を出す日並みも多く、にぎやかなジギングゲームが展開されてきた。

いい取材になりそうだ、とばかりに現地に赴いた。しかし、取材当日は強風に見舞われてしまった。非常に釣りづらい海況のなか、シャクり続けた乗船者には頭が下がったが、そうした悪条件下でも、ワラサはしっかり顔を見せてくれた。残念ながらヒラマサ、サワラの姿は拝めなかったが、イナダが入れ食うタイミングもあり、海さえ落ち着いていれば……と思える結果となった。

実際、取材後は出船では4〜6㎏のヒラマサもあがっており、頭で6本のワラサ、イナダに関してはひとり40本以上キャッチ、という日もあり、盛況という言葉がぴったりの状況が続いている。年明けも大きく状況が変わることはないだろう。波崎沖は釣り初めの候補地筆頭、とおすすめする次第だ。

常磐沖の青物ジギングの基本タックル&タクティクス、強風時への対応

ワラサを主役としたジギングゲーム、その基本タックルから触れていこう。

ワンセットで勝負、というならロッドは6ftクラスのスピニングロッド、ジグウエイトの最大表示が90〜120g程度のものを選ぶとよい。リールは中型のジギング用スピニングリール。ダイワ製なら4000〜5000番、シマノ製なら6000〜8000番を組み合わせる。

ラインはメインがPE3号、リーダーは50 Lbを基本に、多少の上下を考える。小型が多い状況や、やり取りに自信がある人は、ライトなものを使ってもよいし、逆の状況ではパワーアップしたラインをセレクトしてもよい。いずれの場合も万全なラインシステムとドラグセッティングが前提になることをお忘れなく。

メタルジグはセミロングタイプを中心に100〜150gを標準ウエイトと考えておく。カラーはオールシルバー、ピンク、ブルーなどを各色そろえておくと安心できる。

以上のメインタックルに、予備の意味も含めて少しライトなもの、ヘビーなものをそろえて攻略法や楽しみ方の幅を広げるほか、最近ではキャスティングタックルやスロー系ジギングのタックルを持参する人も少なくない。同船者に迷惑をかけない限り、思い思いの楽しみ方をすればよい。


魚礁や沈船などをピンスポットで攻めることもあるが、魚群探知機でターゲットやベイトフィッシュの反応を探し、そこに潮上から船を流し込んでいく攻略法が常磐沖での基本スタイルとなる。

アングラーとしてはまずジグを着底させ、水深の3分の1から半分程度を目安に巻き上げて誘っては落とし直す、という動作を繰り返すことになる。おおむね3〜5回探ってピックアップし、再度投入する、というのが基本動作となる。

しかし、以上はあくまでも基本であって、状況による対応が求められる場合もある。今回のテーマのひとつである強風時などはその典型的な例だ。風が強いと船が流れる速度が速くなる。風下側の釣り座ではラインが手前に入り込みやすくなってしまう。ラインが弛みがちなるのでジグが動きにくくもなる。

対応策として船が流れる速度に応じてジグを前方にキャストし、しっかり着底させてから確実にアクションを与えて誘うことを心掛けるとよい。足下にラインが入り込む状況になったら面倒がらずにピックアップして入れ直したほうがジグをしっかり動かせる。

反対に風上側の釣り座ではジグが船で引っ張られて浮きあがりやすくなる。投げることなく足下に落とし確実に着底させてから探るのが基本。中層でのヒットが期待できるなら話は別だが、ラインが横に伸びた状態ではボトム付近は探りにくく期待は薄くなる。この場合も早めに回収して再投入したほうがヒットチャンスが広がる。

いずれの場合でも通常より重めのジグを使ってなるべく早く、また確実に着底させることを心掛ける。状況次第ででは200g、250gなどを使ったほうが効果的なケースもある。数本でよいので用意しておくとよいだろう。

冬場は強風に見舞われることも少なくない。対処法を身につけて、より多くのヒットチャンスを作りだすよう心掛けるよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
公開: 2019-01-14 22:00:00
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
公開: 2019-01-12 03:00:00
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
公開: 2019-01-11 22:00:00
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
公開: 2019-01-09 22:00:00
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
公開: 2019-01-08 03:00:00
エビエサに替わる究極のエビ系ソフトルアーシリーズに2つの追加カラー登場! 「パールシラス(夜光)」「赤エビ」!
公開: 2019-01-19 04:00:00
仕掛けはL‌Tマダイ用のテンビンにビシ40号、1.5~2㎜のクッションゴムを1‌mつける。ビシはプラビシ、アンドン、ステン缶など。ロッド、リール、キーパーほか、テンビン、ビシまで無料でレンタル可能
公開: 2019-01-19 03:00:00
布良沖は南房を代表する中深場ポイント、布良瀬。海図をみれば、一目瞭然。起伏どころか海溝もあり、根魚が潜むには好都合の海域なのだ。そんな布良瀬をホームグラウンドにしているのが、布良港「仁平丸」だ。
公開: 2019-01-18 22:00:00
とても暖かい船用ラジアル防寒デッキブーツ!
公開: 2019-01-18 04:00:00
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
公開: 2019-01-18 03:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読