MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾ジギングシーバスが”ウルトラ”活発だ(渡辺釣船店)

東京湾ジギングシーバスが”ウルトラ”活発だ(渡辺釣船店)

東京湾のシーバスがジギングで爆釣中! 12月上旬の取材では終始食い活発で、半日でなんとトップ67本! 最大74㎝とまさに絶好調。取材後も多少の上下はあるものの、順調に釣れ続いている。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾ジギングシーバスが”ウルトラ”活発だ(渡辺釣船店)の画像をチェック! navigate_next

釣り方は主にジギング。釣り方は難しくなく、手軽に楽しめる!

「渡辺釣船店」のシーバス乗合は午前・午後の半日船

グン、グン、グンと重量感たっぷりのファイトを見せたのは…

当日最大となった74cmのグッドサイズ! シーバスジギングは女性や子供も楽しめる手軽な釣りでありながら、こんな大型がヒットするのも大きな魅力だ

1月頃からは産卵を終えた大型シーバスたちが徐々に戻ってくるので、こんな大型の確率がアップ! 80cm、90cm、さらにはメーターオーバーなんてサイズもいる!

セイゴ、フッコサイズはイレグイ!

年に1回はこの釣りを楽しむコジレイもご満悦!

手軽な釣りでありながら、実は非常に奥深い釣りでもある

活性が上がると複数同時ヒットも! 楽しいよ!

ゲストのマルアジ

こちらはマアジ

活性が高いときはフォールでのアタリも多い

メタルジグは60~80gがメイン。カラーも多種用意しておこう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「開幕して間もないですが、今日は今期最高の食いでした。これぞまさにウルトラ活発と言っていいでしょう。とにかく魚影は濃いですよ」とは、「渡辺釣船店」ルアー船担当の田中茂生船長。

釣り方は主にジギング。60~80g程度のメタルジグを海底まで落とし、そこから5m上ぐらいまでを中心に、ジグを巻き上げたり落したりして探るというもの。活性が高いときはフォールでバリバリ食ってくる。釣り方は難しくなく、手軽に楽しめるとあって女性や子供にも非常に人気がある。

そんな手軽な釣りでありながら、より数を伸ばそうとしたり、大型だけを狙ってみたりするとなると、様々な工夫が必要となる。これがかなりディープでおもしろく、ベテランアングラーたちを魅了する所以でもある。

「今日は中小型中心でしたが、ちょうど今は良・大型のシーバスたちは産卵に入っていますので、それが明け頃から徐々に戻って来ます。そうなると、アベレージサイズもよくなり大型の確率もいっそう高まりますよ」とのこと。ついに最高に楽しい季節の到来だ!

以上の記事は「つり丸」2014年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル