MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ジギングとキャスティングで狙う! 水温安定すれば期待大っ!

この日は川津沖の水深15m前後から30mほどの浅場を中心に攻略した

ガツン! といきなり強烈なアタリが襲う。青物ゲームは引きが強く最高に面白い!

ベイトはいる。10㎏オーバーのヒラマサもいる。あとは水温安定だ!

サンヨーナイロンの大澤康弘さんはイナダとワラサの中間であるサンパクまたはイナワラと呼ばれるサイズを

上州屋アウトドアワールド厚木店の栗本海さんはワラサやイナダを連発! タックルなどの相談にも乗ってくれる

こちらはサンパク! このサイズでもとってもよく引く!

大澤さんはサゴシ(サワラの若魚)。ラインカットには要注意!

良型キジハタもジギングで。根魚系はその他マハタなどもヒットする

ジグはセミロング系の120g前後の使用頻度が高い

ジギングのラインはPE3号、リーダー40Lbが標準

タックルはジギングをメインに、キャスティング用も準備しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

例年であればすでにベストシーズン真っ只中の千葉・外房の青物ゲーム。だが今年は、それより少しだけ遅れているようだ。

メインターゲットはヒラマサとワラサ。どちらも海のスプリンターと呼ばれる青物だけあって、そのスピード感あるファイトはスリル抜群だ。

10月中旬の取材ではヒラマサは不発だったものの、ワラサ〜イナダやサゴシがポツポツヒット。確かに例年からすれば不調だが、決して釣れていないわけではない。さらに、秋は多彩なゲストも魅力。定番の根魚以外にも、サワラ、カンパチ、スマ、ハガツオといった、美味しい魚たちがヒットする可能性も高く、こちらも大きな魅力のひとつとなっている。

「今年は相模湾のキハダもそうでしたが、全国的に例年よりもいろんな魚が遅れているようです。だからこれからですよ!」と吉清船長。ヒラマサは10㎏オーバーもキャッチされている。さあ、これからに期待だ!

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル