MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。

ジギングとキャスティングで狙う! 水温安定すれば期待大っ!

この日は川津沖の水深15m前後から30mほどの浅場を中心に攻略した

ガツン! といきなり強烈なアタリが襲う。青物ゲームは引きが強く最高に面白い!

ベイトはいる。10㎏オーバーのヒラマサもいる。あとは水温安定だ!

サンヨーナイロンの大澤康弘さんはイナダとワラサの中間であるサンパクまたはイナワラと呼ばれるサイズを

上州屋アウトドアワールド厚木店の栗本海さんはワラサやイナダを連発! タックルなどの相談にも乗ってくれる

こちらはサンパク! このサイズでもとってもよく引く!

大澤さんはサゴシ(サワラの若魚)。ラインカットには要注意!

良型キジハタもジギングで。根魚系はその他マハタなどもヒットする

ジグはセミロング系の120g前後の使用頻度が高い

ジギングのラインはPE3号、リーダー40Lbが標準

タックルはジギングをメインに、キャスティング用も準備しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

例年であればすでにベストシーズン真っ只中の千葉・外房の青物ゲーム。だが今年は、それより少しだけ遅れているようだ。

メインターゲットはヒラマサとワラサ。どちらも海のスプリンターと呼ばれる青物だけあって、そのスピード感あるファイトはスリル抜群だ。

10月中旬の取材ではヒラマサは不発だったものの、ワラサ〜イナダやサゴシがポツポツヒット。確かに例年からすれば不調だが、決して釣れていないわけではない。さらに、秋は多彩なゲストも魅力。定番の根魚以外にも、サワラ、カンパチ、スマ、ハガツオといった、美味しい魚たちがヒットする可能性も高く、こちらも大きな魅力のひとつとなっている。

「今年は相模湾のキハダもそうでしたが、全国的に例年よりもいろんな魚が遅れているようです。だからこれからですよ!」と吉清船長。ヒラマサは10㎏オーバーもキャッチされている。さあ、これからに期待だ!

以上の記事は「つり丸」2018年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読