MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
第11回 いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会 12月2日に開催 参加者募集

第11回 いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会 12月2日に開催 参加者募集

12月2日に大原沖周辺海域で開催される「第11回 いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会 」の参加者募集内容です。

「第11回 いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が

12月2日(日)に大原沖周辺海域で開催される。

参加定員は200人。

参加費は1人1万500円(船代、エサ2パック、仕掛け1セット、弁当、氷、保険料含む)。

対象魚はショウサイフグで、他魚はヒラメ、ホウボウ、トラフグを部門賞の対象とする。

釣法はカットウ釣り。


集合は大原漁港魚市場。

スケジュールは4時半受付開始、5時半出船、6時半スタート、10時半ストップ、

11時半帰港・検量・昼食。

審査はショウサイフグ5匹までの総重量、ヒラメ、ホウボウ、トラフグは1匹の重量で競う。


表彰は各船ごとの1位を表彰、その中から最も重い選手を総合優勝とし3位までを表彰、

トラフグ、ホウボウ、ヒラメは各1位のみを表彰。

探見丸持参の人にもれなく探見丸賞あり。


申込み、問合せは12月1日(土)までに下記参加船宿まで。

参加船宿(市外局番は0470)は「孝栄丸」(62・2172)、「敷嶋丸」(62・1800)、

「鈴栄丸」(62・0351)、「松正丸」(62・2161)、「長福丸」(62・0603)、

「春日丸」(62・0606)、「第一松栄丸」(62・0571)、「秀丸」(62・2304)、

「利永丸」(62・4601)。

順不同

関連するキーワード
関連記事
日本釣振興会では、2月8日(金)までライフジャケット寄贈先を募集しています。
更新: 2019-01-29 13:00:00
2月3日に神奈川県金沢八景「新健丸」で開催されている「つり初めて親子のための イシモチ船釣り入門教室in新健丸」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-25 13:00:00
2019年3月7日~10日に横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2019」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-22 04:00:00
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
更新: 2019-01-16 02:02:23
1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-16 01:58:02
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読