MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ハガツオという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ハガツオという魚を知ろう!

ハガツオは、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種。和名通りカツオに似た大型肉食魚で、食用にもなる。地方名はキツネ、キツネガツオ(各地)、サバガツオ、シマガツオ、スジガツオ、ホウセンなどがある。

ハガツオ(スズキ目サバ科ハガツオ属)の生態

北海道~九州南岸の日本列島周辺、屋久島、琉球列島。インド・西太平洋域に生息。
インド洋・西太平洋にいる魚でインド洋では非常に重要な食用魚。モルジブ諸島で作られている本種の鰹節を「モルジブフィッシュ」といい、スリランカカレーの材料になる。また生息域の最北部にあたる北海道南部、三陸などでまとまって揚がるのだが、これが関東に入荷してくる。これを塩漬けにして焼いて食べたり、煮つけにして食べていた。それで東京都では昔から「ほうさん(ハガツオ)」は庶民的な魚として人気が少なからず高かったようだ。
ちなみに古くは標準和名をキツネガツオ。関東では「ほうさん」、「とうさん」という。これは縦縞模様が江戸時代に流行した織物唐桟織の縞模様に似ているからだ。

ハガツオの値段は?

残念ながら安い魚の代表格。関東では主に切り身用(魚屋さんなどで切り身で売られる)としてビックリするくらいに安い。例えばハガツオを好んで食べる九州でも、そんなに高くはない。卸値で1キロあたり500円くらい。2キロで卸値1尾1000円くらいだ。九州ではルアー釣りのターゲットとして人気が高いという。純粋に釣り味を楽しんでいただきたい、なー。

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

九月になったばかりの頃、岩手県の釣り人の方から、「おもしろい魚が釣れました」と画像が送られてきた。これがハガツオだった。

「別にそちらでも珍しくないでしょ。昔から三陸のハガツオはよく関東に来ていましたから」

「でも長年釣りをやってますが、釣れたのは初めてで驚きました」

それはたぶん、小魚を追いかけている肉食魚なので主にルアーでねらうターゲットであって、めったに生エサの、例えば「はちがら(ムラソイ)」やクロソイをねらいには来ないからではないか、と思えた。

さて、秋真っ盛りである。田舎からスダチが、長野県からは松茸まで。

さて、九月十六日の午後。松茸を持って『市場寿司』ののれんをくぐったら基本的にお気楽に生きているはずの、たかさんが珍しくそわそわしている。盛んに外を見ている。

「今日、なんか変じゃない?」

「いやー、別にー」

握りを注文したお客に丼を、その逆もあり、お茶を出し忘れたり、みそ汁をこぼしたり。一時過ぎなのにネタケースのなかを整理し始める。

昼下がり、常連で釣り師のナギさんに、「もう閉めようと思ったんだけどね……」なんて言う。誰か来るんだろうか、絶世の美人とか。

ナギさんに、こはだ、スミイカ、サンマの酢じめ、布巾にくるんだものを二枚切りつけて、握って出す。

「たかさん、最後のそれ何?」

「ほうさん(ハガツオ)だけど」

「ボクにはくれなかったけど」

「そうかな、今日のおすすめだけど出さなかったかなー」

考えてみると、ボクがお昼ご飯に食べたのは、こはだ三かんに、鉄火巻き一本だけ。なにか変だとは思ったけど、ボクの大好物・ハガツオを出さない、は超おかしいと思うな。

ナギさんの前に置かれたのは、皮目をあぶったたたきである。これを口に放り込んだ途端に、

「後、あるだけ全部握って」

「だめでしょ。ボクにも二かん」

サバ科のカツオやソウダガツオ属、スマ、マグロ属を総称して「マグロ族」とする分類法がある。実はここにハガツオは含まれない。これはどうやらハガツオの身が白っぽく、赤身ではないからのようだ。

関東でも赤身ではなく、ブリやサワラと同様に売り買いしている。その白っぽい身に、カツオに似た皮。この皮があぶられて、口に含むと実に香り高い。そして身の表面がトロリンととろける。うま味も豊かだ。

「身がトロリン、トロリンだ」

思わず、ナギさんと「トロリン、トロリン」と二重唱、するくらいにうまい。ついつい一尾の四分の一をナギさんと食べ尽くす。二人してメタボな腹をなでなでして「天高くメタボオヤジ肥ゆる秋だ」と高笑い。

ハガツオはカツオ同様に秋には三陸から千葉県外房、相模湾まで下ってくる。「はてな、関東では釣れないの?」。釣り師のナギさんは釣ったことないという。ついでに近所の釣り名人達に聞いても、「釣ったことないよ」との返事。

まさか釣れないわけはない。「釣り師のみなさん待ってま~す」。

十月になってもハガツオは三陸沖にいる。どうやら南下は師走辺りか。今年は海が遅いようだ。

安くて美味なので『市場寿司』でも人気のすしダネに。メタボオヤジのボクも今年はたっぷり、十二分にハガツオの味を堪能できそう。

そしてまた昼下がりの『市場寿司』に寄ったら、いつも通りに常連さんがいて、たかさんが真っ赤なシャツを着てニコニコしている。

「すごい赤だね。買ったの?」

「若くて可愛い娘のプレゼント」

「わかった、敬老の日のだ。おじいちゃん長生きしてね、なんてね」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載情報です。

関連記事
生息域は国内では新潟県から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、千葉県外房〜九州南岸の大平洋沿岸、種子島、琉球列島。海外では済州島、台湾、中国北海、東インド洋、西太平洋に広く生息する。
更新: 2019-04-13 07:00:00
ムツは、スズキ目ムツ科ムツ属の魚。北海道〜九州の太平洋・日本海・東シナ海、台湾の水深200〜700mに生息する。
更新: 2019-03-28 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ナンヨウカイワリは、スズキ目アジ科ヨロイアジ属の魚。サンゴ礁などの沿岸の浅場に生息。
更新: 2019-03-05 12:00:00
スミイカは、コウイカ目コウイカ科コウイカ属。関東以南。南はインドネシアやベトナムなどの東南アジアまで生息している。
更新: 2019-01-29 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読