MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イカの中でもトップレベルにウマい! 東京湾アオリイカ(きよし丸)

イカの中でもトップレベルにウマい! 東京湾アオリイカ(きよし丸)

鴨居港「きよし丸」の秋から冬にかけての看板はアオリイカ。今年は10月13日からのスタートとなった。今シーズンの東京湾はアオリイカの湧きが良く、トップ二桁釣果が続出している。23日には全員がツ抜けする4人で44杯の釣果も飛び出した。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

年内は数&型どちらともチャンス! まさに今ベストシーズンだ!

近年はロングロッドが主流。大型が乗るとロングロッドが満月にしなって快感!

まだ大型は多くない時期だが、中小型の数釣りができるのが秋から年末にかけて。二桁釣果もけっこう普通にある!

イカの中でも旨味成分が多いアオリイカ

小中型主体に600~800gもすでにまじっている。釣り味、食味ともに満足

今後は水温の低下とともに型も良くなる

まじりでスミイカやモンゴウイカも

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

「きよし丸」のアオリイカ釣りは、中オモリに餌木を使ったシャクリ釣り。海面から中オモリまでのタナを合わせて、あとはしっかりと竿をシャクるだけのシンプルな釣りだ。11月から12月にかけて水温が下がる時期にはキロオーバーの大型もまじって、シャクった竿がズシン! と止められる。巻く途中にグイグイと強い引きを見せるのもこの釣りの特徴だ。

取材日には、タナ10m前後の浅場で次々と竿が曲がった。しかも600gから800gの良型ぞろいだ。ひと流しで7人の竿が曲がることもあり、今シーズンの好調さを裏付けた。今後は水温の低下とともに型も良くなり、グイグイと竿を絞り込んでくれるだろう。

アオリイカは数あるイカの中でも、トップレベルに旨味成分が多いイカ。丁寧に薄皮を剥いで作った刺身は文句なくイカ刺しナンバー1に挙げたい。これからアオリイカ釣りのベストシーズン。年明けまで出船は続くが、年内は数、型ともに期待できる時期なので、ぜひ挑戦を!

この記事は「つり丸」2018年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル