MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イカの中でもトップレベルにウマい! 東京湾アオリイカ(きよし丸)

イカの中でもトップレベルにウマい! 東京湾アオリイカ(きよし丸)

鴨居港「きよし丸」の秋から冬にかけての看板はアオリイカ。今年は10月13日からのスタートとなった。今シーズンの東京湾はアオリイカの湧きが良く、トップ二桁釣果が続出している。23日には全員がツ抜けする4人で44杯の釣果も飛び出した。

年内は数&型どちらともチャンス! まさに今ベストシーズンだ!

近年はロングロッドが主流。大型が乗るとロングロッドが満月にしなって快感!

まだ大型は多くない時期だが、中小型の数釣りができるのが秋から年末にかけて。二桁釣果もけっこう普通にある!

イカの中でも旨味成分が多いアオリイカ

小中型主体に600~800gもすでにまじっている。釣り味、食味ともに満足

今後は水温の低下とともに型も良くなる

まじりでスミイカやモンゴウイカも

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

「きよし丸」のアオリイカ釣りは、中オモリに餌木を使ったシャクリ釣り。海面から中オモリまでのタナを合わせて、あとはしっかりと竿をシャクるだけのシンプルな釣りだ。11月から12月にかけて水温が下がる時期にはキロオーバーの大型もまじって、シャクった竿がズシン! と止められる。巻く途中にグイグイと強い引きを見せるのもこの釣りの特徴だ。

取材日には、タナ10m前後の浅場で次々と竿が曲がった。しかも600gから800gの良型ぞろいだ。ひと流しで7人の竿が曲がることもあり、今シーズンの好調さを裏付けた。今後は水温の低下とともに型も良くなり、グイグイと竿を絞り込んでくれるだろう。

アオリイカは数あるイカの中でも、トップレベルに旨味成分が多いイカ。丁寧に薄皮を剥いで作った刺身は文句なくイカ刺しナンバー1に挙げたい。これからアオリイカ釣りのベストシーズン。年明けまで出船は続くが、年内は数、型ともに期待できる時期なので、ぜひ挑戦を!

この記事は「つり丸」2018年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」到来!冬の新潟・柏崎沖でブリクラスを狙ったジギングゲームを堪能。スキッディング&ジギングで攻略「アシストクラブ金進丸」のブリゲームを紹介する。
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」(主催:日本釣用品工業会)が2020年1月17日(金)~19日(日)の3日間、みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールで開催される。
松栄丸(布良)の釣果情報を掲載
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読