MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
多彩なゲストが釣りを楽しませてくれる! 相模湾マダイ五目(つね丸)

多彩なゲストが釣りを楽しませてくれる! 相模湾マダイ五目(つね丸)

相模湾佐島沖のマダイ五目が絶好機を迎えている。秋は数釣りシーズンと言われマダイのゲット率が高まるうえ、イナダやアジ、サバ、アマダイにイトヨリ、カツオより旨い大型のヒラソウダなどなど…多彩なゲストが出現!

perm_media 《画像ギャラリー》多彩なゲストが釣りを楽しませてくれる! 相模湾マダイ五目(つね丸)の画像をチェック! navigate_next

今シーズンは7kgの実績も。そんな中からドカンと大物出現⁉︎

大型もまじるとはいえ、秋のマダイは中小型の数釣りという感じの日が多い。食べごろサイズのおいしいタイを釣ろう!

ビギナーからベテランまで楽しめる!

良型サイズゲットだ!

イナダは入れ食い状態になることも

マハタも何匹か姿を見せた

マダイのほかイナダにヒラソウダ、イトヨリなどでお土産タップリ! 夜は刺身の盛り合わせ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」。

「仕掛けはハリス3~4号で6~8m。マダイをメインに狙いたい常連さんたちは10mくらいを使っている人も多いですねー」とは佐島港「つね丸」の高橋信夫船長。

ただ中小型の数釣りシーズンとはいえ、今季7㎏の大物も上がっており侮れないのが佐島沖。青物の回遊もあるから慣れない方なら4号以上のハリスが無難だ。

また「つね丸」ではタナ取りも釣り手の自由裁量に任されている。「基本は底からハリス分プラス2~4m」とのことだが、エサ取りやサバ、ソウダなどの活性を見ながら、コマセワークやタナ取りを工夫出来るのもベテランにとっては腕の見せ所。狙いがバッチリ決まって釣り上げた1枚は、してやったりで喜びも倍増だ。

「今年のマダイは単発が多いかな~。いい日がなかなか続かない感じ。魚種は豊富で八目も九目も釣る日はあるんだけど…」と船長は控えめだが、この秋も佐島沖はビギナーからベテランまで十二分に楽しませてくれそうだ。

以上の記事は「つり丸」2018年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル