MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
船中泊釣行で楽しむ! カンパチ&モロコ大物釣り(寄宮丸)

船中泊釣行で楽しむ! カンパチ&モロコ大物釣り(寄宮丸)

大物釣りのメッカ、沖縄。とはいうものの、本島のすぐそばで大物がたくさん釣れることは滅多にない。水深150m以深の沖のフィールドが泳がせ釣りで狙うカンパチのポイントである。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ムロアジの泳がせ釣りで水深150m以深のフィールドを制覇!

沖縄本島の沖にはまだまだ未開のカンパチポイントがある。そこにライブベイトを投入すると、さまざまな大物に出会うことが可能だ

ザクザクの根から浮上したモロコ

水深100m以上から浮上したカンパチは水面直下ではエアを体内に持つため、おとなしい。その美しく優雅なボディはこの水面で見ることができる

アタリは突然だ。そして、一気に竿は海中に引きずりこまれそうになる

このサイズが高確率でヒットするのが魅力

貴重な一本を釣り上げた

ツムブリにバイトしたカンパチ

ポイントに入ると、カンパチはエサをむさぼるようにバイトする。3人同時ヒットはザラだ

「食ってすぐ根に張り付いたんだ。根が掛かりじゃないぞ。間違いなくモロコだ!」とファイト!

ハリスは100号。どんな大物にも対応させる!

20kg級台のモロコ

アオチビキは沖縄らしいゲスト

イソマグロはリリースした

ルアーやエサ釣りで釣れた生き魚はほぼすべてエサとして使える。これはツムブリ

エサの主役はやはりムロアジ。効率よく根気よく釣ることが大切だ

魚探に映ったムロアジの反応。これを釣るのが難しい。エサ釣りに半日以上要することもある

ムロアジ用仕掛けは多めに持参する。船内購入も可能。数種用意したほうがよい。オモリは150号使用

今回、取材にご協力いただいたのは、沖縄本島・那覇北マリーナ「寄宮フィッシングセンター 寄宮丸」。

「アオダイがいるところにはカンパチがいます。だから、そこがポイントです。漁師さんたちは水深150~200mのアオダイを釣っていてそれを奪いとるカンパチは、邪魔な魚なんですよ。沖縄本島周辺にはカンパチを食べる習慣がほとんどないですからね。釣るのは釣り人だけです」とは沖縄本島の遠征大物釣りのパイオニア、那覇北マリーナ「寄宮丸」の船長、森山紹己さんの言葉。沖縄本島周辺のGTゲームの開拓者であり、近年はカンパチをメインターゲットにした生きエサの泳がせ釣りに力を入れているという。

「とにかく沖縄の釣りをめいっぱい楽しんでほしい」とのコンセプトで、大型船の船中泊ツアーでは、船のなかはエアコンはむろん、ベッド、温水シャワー完備。そして食事から飲み物、お酒まで朝昼夜の3食をフルに船宿で用意してくれる、まさに遠征釣りの教科書的な船宿でもある。

さて、本題のカンパチ釣りだが、エサ釣りでは、生きエサ釣りから始まる。主力のエサはムロアジ。船長はソナーでムロアジの群れを探しだし、それをコマセなしのサビキのみで釣り当てる。いわば、“追っかけアジ”釣法。イケスに十分なエサを確保できたら、泳がせ釣り開始となる。

だが、このエサ釣りがなかなか難しい。状況次第では、エサ釣りに丸々1日掛かってしまうこともある。しかし、生きエサパワーは絶大。よいポイントへ入れば、特大カンパチのファイトを高確率で味わうことができるのだ。

逆にエサが簡単に手に入ることができた日は、本命がなかなか食わない…、そんなこともよくあること。

この南の海でもカンパチ釣りは、まずは「エサ釣り名人になる!」ことが大切。そして、この南国の海での大物釣りはほぼ周年可能という。興味ある人は、ぜひ、快適な沖縄の船中泊の大物泳がせ釣りにチャレンジしてみてほしい。タックルレンタルもあるのでビギナーのアングラーでも気軽に「寄宮フィシイングセンター」に問い合わせをしてほしい。

以上の記事は「つり丸」2018年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル