MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
[アカハタ釣り]ビッグサイズも狙えるロックフィッシュゲーム(惠丸)

[アカハタ釣り]ビッグサイズも狙えるロックフィッシュゲーム(惠丸)

「最近、弓ヶ浜の『惠丸』さんに面白い釣りをさせてもらっているんですよ、ぜひ来ませんか?」誘ってくれたのは、シマノインストラクターの新保明弘さん。聞けば、アカハタをメインとしたロックフィッシュを釣りまくっている、らしい。興味津々で同船取材をお願いした。

釣り方やタックルはまだ手探り状態だが、ワームとオモリがカギ

スタートは南伊豆が誇る神子元島周りから

取材日は神子元島から地磯周りへと移動。南伊豆は海岸線が風光明媚だ

ヒットしたらグイグイ巻いてくる。水面まできたら一気に抜き上げて終了だ

40cm後半のビッグサイズは最後に登場! 案内役の新保明弘さん、面目躍如!

余裕が出てきたアングラーがジグでトライ!

ナイスサイズ!

ダブルヒット!ポイント、タイミング、その両方か? ヒットは連発することが多い

二人仲良くゲットだ!

ナイスサイズ! 歯が鋭いアカハタ。持つときはフィッシュグリップが必需品だ

良型のカサゴもヒット

オニカサゴも登場! アングラーは沼津の「プロショップ カサハラ」の笠原久徳さん。「4目達成しました!」

アヤメカサゴも定番ゲスト

さすがロックフィッシュゲーム。クエの幼魚ゲット。この海域にはクエが多く生息している

基本はベイトタックル。バスロッドなどを流用しても楽しめる

ワームの長さは3インチが基本。タイプ、カラーはいろいろ用意しておくとよい

オモリをペイントすると釣果アップ!?

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

「昔、小船で釣っていたポイントを順番に回っているんだけどね。まあ、どこでもいる感じだね」
とは恵丸の良川福一船長。

取材日は神子元島周りの水深40mからスタートした。釣り方やタックルはまだ手探り状態。しかし、現在でも十分な釣果を出しているのは、ワームと10号前後のナス型オモリを組み合わせ、ボトムを探るスタイルだ。

ひと流しめからヒットが連発! 新保さん以外は初挑戦という方ばかりで、スタートこそ根掛かりに苦戦する場面もあったが、慣れてからは次々と本命アカハタをキャッチ! 面白い! 面白い! という声が、あちこちから聞かれた。

8割方はアカハタ、これにカサゴやアヤメカサゴなどがまじってきた。ショアアングラーの人気を集めるオオモンハタの実績もある。

「真冬でも釣れると思うよ」

とは船長。興味をもたれた方は、ぜひ挑戦してみてはいかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2018年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読