MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
コマセをチョロまきして仕留める! アマダイ&五目釣り(寿々木丸)

コマセをチョロまきして仕留める! アマダイ&五目釣り(寿々木丸)

外房・小湊沖のアマダイシーズンが開幕した。例年12月から始まる冬のメニューだ。「今年もアマダイシーズンが始まりましたね。例年であれば、地先の小湊沖がメインなのですが、あまり芳しくないようなので、鴨川沖からはじめて港に戻りながら、最後に小湊沖を攻めるスタイルをとってます」とは、小湊港「寿々木丸」の鈴木達也船長。

欲張りアマダイ釣り師にはぴったりのフィールド。超オススメだ!

ポイントは小湊沖〜鴨川沖

でっかいアマダイですよ!

この大型アマダイがメインターゲット!

「いい型ですね!」と問いかけると、「いやいやここのアマダイはこんなもんじゃないよ」と常連さんたちがみな話す

ダイワの松永は得意のアマダイ釣りテクニックを小湊沖で披露した

アヤメカサゴとアカイサキ

オニカサゴ

ムシガレイ

キダイ

カイワリ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」。

オキアミコマセをまく独特の釣法だが、きちんと意味がある。ゲストにマダイや青物、オニカサゴなどがまじり五目釣りができる環境なのでコマセカゴを付けているというのだ。

ポイントも根周り周辺を流すのでさまざまな魚が釣れるというのだ。

「アマダイ専門に根を外して平な泥場を流したこともありますが、大型狙いでは根周りのほうが実績があるんですよ」という。

釣れるアマダイは50㎝級がザラという。当日は、実質開幕初日で水温低下直後という悪条件下、大型の数は少なかったが、水温が安定すれば、小湊沖名物の大型アマダイが連発するという。

欲張りアマダイ釣り師には、ぴったりのフィールド。年明けのおいしい魚調達にオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2015年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
最新記事
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
暑さ吹き飛ぶ驚異の日焼け対策冷感ウエア「氷瀑ロングスリーブシャツMQ-01」「氷瀑タイツMQ-01」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読