MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
コマセをチョロまきして仕留める! アマダイ&五目釣り(寿々木丸)

コマセをチョロまきして仕留める! アマダイ&五目釣り(寿々木丸)

外房・小湊沖のアマダイシーズンが開幕した。例年12月から始まる冬のメニューだ。「今年もアマダイシーズンが始まりましたね。例年であれば、地先の小湊沖がメインなのですが、あまり芳しくないようなので、鴨川沖からはじめて港に戻りながら、最後に小湊沖を攻めるスタイルをとってます」とは、小湊港「寿々木丸」の鈴木達也船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

欲張りアマダイ釣り師にはぴったりのフィールド。超オススメだ!

ポイントは小湊沖〜鴨川沖

でっかいアマダイですよ!

この大型アマダイがメインターゲット!

「いい型ですね!」と問いかけると、「いやいやここのアマダイはこんなもんじゃないよ」と常連さんたちがみな話す

ダイワの松永は得意のアマダイ釣りテクニックを小湊沖で披露した

アヤメカサゴとアカイサキ

オニカサゴ

ムシガレイ

キダイ

カイワリ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」。

オキアミコマセをまく独特の釣法だが、きちんと意味がある。ゲストにマダイや青物、オニカサゴなどがまじり五目釣りができる環境なのでコマセカゴを付けているというのだ。

ポイントも根周り周辺を流すのでさまざまな魚が釣れるというのだ。

「アマダイ専門に根を外して平な泥場を流したこともありますが、大型狙いでは根周りのほうが実績があるんですよ」という。

釣れるアマダイは50㎝級がザラという。当日は、実質開幕初日で水温低下直後という悪条件下、大型の数は少なかったが、水温が安定すれば、小湊沖名物の大型アマダイが連発するという。

欲張りアマダイ釣り師には、ぴったりのフィールド。年明けのおいしい魚調達にオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2015年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル