MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギングタチウオ復調! 90cm前後、指4本が平均サイズ(こなや)

ジギングタチウオ復調! 90cm前後、指4本が平均サイズ(こなや)

「ドンッ!」、もしくは「ドスッ!」ヒット直後の重量感を表現するなら、こんな言葉が適当だろうか? リールを巻く手が止まってしまうほどの強烈なアタック! 東京湾の冬タチジギングは、アベレージサイズのよさが魅力だ。

perm_media 《画像ギャラリー》ジギングタチウオ復調! 90cm前後、指4本が平均サイズ(こなや)の画像をチェック! navigate_next

メーターオーバー続々浮上! 良型&激うまさがこの釣りの魅力だ!

東京湾からもきれいな富士山が眺められる

タチウオは大型になると青物と間違えるくらいにトルクフル。ドラグを出すこともある

豪快抜き上げをバッチリ決めよう!

深場の釣りではソルト用の頑丈なベイトリールがおすすめ

スレ掛かりのときなどは、このようにリーダーをつかんで抜き上げよう

この瞬間が気持ちいい!

このサイズがアベレージだから、冬のタチウオゲームは人気がある

取材日、最大となった118㎝。釣り人は富津市の榎本清純さん

タチウオの歯は鋭いので要注意!

フックを魚から外すときは必ずペンチやプライヤーを活用しよう

アベレージサイズの良さが魅力だ

常連さんのボックス。冬場は120〜150gを中心に、カラー、タイプも多彩にそろえておくと安心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

「12月初旬に、いったん休止していたタチウオを再開しました。トップで20本超えの日が多く、全体的に好調ですよ」とは、長浦港「こなや丸」の進藤通孝船長。

取材日前日も110㎝オーバーが船中で4本もあがった、という。期待度満々で同船取材を敢行した。ポイントは観音崎沖の水深80m前後。前日は前半不調、後半好調と聞いたが、この日は逆転。早々に入れ食いタイムに突入。噂通りのサイズぞろいで、80㎝以下はほとんどなし。90㎝前後、指4本というのが平均サイズだっだ。 

メーター超えも「普通に」まじった。一気にヒートアップしたあとは、飽きない程度の拾い釣り。ジグのヒットカラーやジャークパターンで差が出る、こちらも面白みのある釣りが堪能できた。結果的にはトップ24本。船中で110㎝オーバーは5本という上出来釣果。24本? と不満に思う夏タチファンがいるとしたら、ぜひ釣ってみるとよい。大型クーラーボックスがズッシリ重くなるはずだから…。

好調はいつまで続くか分からない。早めのお出掛けをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2015年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル