MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚種多彩! 千葉九十九里・飯岡沖のジギングゲーム(幸丸)

魚種多彩! 千葉九十九里・飯岡沖のジギングゲーム(幸丸)

犬吠埼沖・大根と外房という、全国に名を轟かせる有名ルアーポイントの間に位置する飯岡沖。九十九里浜の北端ということで、海底は沿岸の陸地同様、砂地や砂利場がメインだが、ここでのルアーゲームはそこに点在する魚礁や沈船などを主に狙っていくスタイルだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

1月以降のメインは脂が乗ったワラサ・イナダ。対象魚が豊富で楽しい!

青物狙いはスピニングタックルが有利

開始早々、良型ゲットだ!

ベイトはイワシや現地でメロウドと呼ばれるイカナゴなど。ロングやセミロング系のジグにヒットが多かった

手返し重視で抜きあげる際は、十分に周囲に注意して行おう

ネットインまで油断できない!

ポイントは砂地や砂利場に点在する漁礁や沈船周りがメイン。ヒラマサは3㎏前後が多いが、もちろんそれ以上も!

これからはこんな丸々と太ったワラサがメインターゲット。脂がたっぷりと乗っておいしい!

イナダやワラサは群れで回遊している。同時ヒットは珍しくない!

当日はイナダ・ワラサの移動が速く、反応直撃スタイルで攻略。こんなときはジグは重めがオススメ

ベストシーズン到来!

カンパチはショゴが中心だが、3㎏級もキャッチされている。

今後水温が下がったときにまだ回遊しているかは不明だ

思わず笑顔に…

タックルはスピニングとスローピッチジャーク用の2種類が必須だ

ジグはショート、セミロング、ロング、スローピッチジャーク用の100~200gを幅広く用意しよう

「幸丸」の船はどれも大型で清潔。ルアーは午前と午後の一日2便態勢だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

飯岡沖を攻める飯岡港「幸丸」のジギングターゲットは、前出の有名ポイントに挟まれているだけあって、ヒラマサ、ワラサ・イナダ、カンパチ、サワラなどの青物をはじめ、スローピッチジャークではホウボウ、ヒラメと非常に多彩。ヒラマサは7㎏級、カンパチは3㎏までがキャッチされているが、もちろんそれ以上のサイズもいる。「幸丸」の渡辺一司船長によると、まだ開拓できていないエリアも多いとのことで、キャスティングの可能性を含め、期待は大いに膨らむ。

12月中旬の取材では、ヒラマサ、カンパチ、ワラサ(イナダ)と、青物御三家グランドスラム達成! 数はヒラマサのトップが2本、ワラサは7本と絶好調! もちろん乗船者全員ボウズなし! 半日でこれだけの釣果は十分すぎるほどだ。

「これからは脂が乗って丸々太ったワラサやイナダがメインターゲットです。スローピッチジャークではホウボウがおもしろくなりますよ」と渡辺船長。飯岡沖は、今最も要注目のエリアだ。

飯岡沖のジギング。ドテラ&反応直撃スタイルはジグは重めが◎

「幸丸」が攻めるのは飯岡の沖合で、取材時は水深50m前後がメイン。底質は砂地や砂利場が多く、そこにある魚礁や沈船を主に攻めていった。

船の流し方はドテラ流し(横流し)で、よほど風が強いなど特別な状況のときはスパンカーを立てての潮流しでの釣りとなる。また、今回の取材時のようにワラサ・イナダの移動が速いときは、魚探やソナーで群れを追い掛け、反応直撃で攻めることもある。

そういったことを考えると、ジグは150〜200gといった水深に対しては重めのジグが活躍する場面が多い。とくに反応直撃で攻める場合は重いジグやテイルヘビーで沈みの速いタイプが奏功する。

ベイトはイワシや現地でメロウドと呼ばれるイカナゴ(コウナゴなどとも呼ばれる)がメインとのことだが、様々な状況に対応できるよう、ジグの形状はショート、セミロング、ロング、スローピッチ用と多彩に用意しておこう。

攻略の際の注意点としては、ドテラ流しの場合はラインが長く出されるので、しっかりとアクションを付けないとジグは動いていないことがある。ワラサ・イナダの場合はジグを飛ばすようなアクションはあまり必要ないが、とくにヒラマサ狙いの場合は注意したい。

以上の記事は「つり丸」2015年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル