MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
福(フグ)を釣って、めでたい(タイ)! 2種豪華リレー(龍鳳丸)

福(フグ)を釣って、めでたい(タイ)! 2種豪華リレー(龍鳳丸)

福(フグ)を釣って、めでたい(タイ)! そんな縁起の良いリレー船がある。飯岡港「龍鳳丸」のショウサイフグ&テンヤマダイのリレー船だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

新年は外房・飯岡沖で縁起のいい豪華リレーでスタートしよう!

当日はショウサイフグもタイも水深20m台を狙った

ショウサイフグのエサはアオヤギ

重量感ある引きは良型だ!

アベレージ25cm前後だ

ショウサイフグは良型が多く、数釣れる日もある

アワセが決まって、いいところにフッキング

一日船の半分の時間で30匹と好調!

マダイのエサ。エサ付けにはいろいろなバリエーションがある。写真はその一例

慣れた人は次々と本命を食わせた

後半のマダイのトップは5枚

当日、マダイはこのサイズが多かった。状況次第では大ダイの期待も!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「龍鳳丸」。

まずはショウサイフグ。シケた日の後を除けば、一日船の釣果がトップで70匹台や80匹に到達する日もある。取材日はリレー船だったが、概ね半分の時間でトップが30匹と好調だ。サイズのほうもアベレージで25㎝前後と申し分なしだ。また「龍鳳丸」ではフグ処理師免許を持つスタッフが釣れたフグをさばいてくれるので安心だ。

そしてマダイ。飯岡沖を熟知する佐藤純基船長が秘蔵ポイントに連れて行ってくれる。そのポイントはなにしろアタリの頻度がハンパじゃない。とりあえず、テンヤは底さえ取れれば何でもいい。付けエサさえ付いていればそれでいい。とにかくテンヤが着底すると、すぐに「コツコツッ」とアタリがある。そんな状態が納竿まで続くのだ。

この時期はウマヅラハギも多いようだ。それでも取材日に釣り上げられた魚は、マダイのほうが断然多かった。

「エサ取りが落ち着けば、マダイはもっと釣れるようになるよ。ショウサイのほうは、数も出てるし、型も良くなっている。しばらくこのままいくよ!」とは佐藤純基船長の談だ。

初釣りは「福(フグ)を釣って、めでたい(タイ)!」リレー船で決まりだ!

以上の記事は「つり丸」2015年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル