MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚影の濃さ超一級、アカムツフリーク必見! (ボートクラブカナル)

魚影の濃さ超一級、アカムツフリーク必見! (ボートクラブカナル)

遠州灘のボートの釣り方。茨城の波崎沖や南房総で行われているアカムツ釣りと同じだ。「カナル」では、チャータースタイルのため、水深200m以上でもオモリは150号で十分。仕掛けは、胴付き2本バリでよい。

浜名湖沖アカムツ仕掛け。いたってシンプルなものでOK!

「カナル」では、チャータースタイルのため、とくに釣り方にきまりはなく、水深200m以上でもオモリは150号で十分。

仕掛けは、波崎沖や南房総沖同様、胴付き2本バリでよい。

「ボートに大勢人が乗るわけではないですから、仕掛けは胴付きでもテンビン吹流しでもどちらでもいいですよ。仕掛けの投入は順番にやってもらいます。たいていの場合、道糸はまっすぐ立ちますので、オマツリはほとんどありません」

気になるのは仕掛けのハリスや捨て糸の長さだろう。(仕掛け図参照)

いたって、シンプルなものでよく、複雑なものは必要ないという。柴田さんは、

「ハリスの太さもほとんど気にしなくてよいですよ。私なんかはハリス18号ですよ。手前マツリやハリスのヨレがないようにすることが大事ですね」と話す。

肝心な付けエサは、ホタルイカのみで十分という。だが、深海なだけにエサ外れの心配がある。付けエサのエサ持ちのよさをよくするなら、サバの切り身とホタルイカゲソの組み合わせがベストだろう。ソフトワームとホタルイカゲソの組み合わせにも良型がヒットしている。

遠州灘・浜名湖沖 アカムツ釣行レポート

船外機艇といえども安定感抜群。大変釣りはしやすい。

この美しい浜名大橋をくぐれば、浜名湖から外洋だ。

一荷ヒットも珍しくない。それほど魚影は濃い。

高速艇「カロライナスキッフ」はコレ。平底が特徴。

オモリは150号だからビシアジ竿などが使える

群れにアタル全員ヒットがしばしば

このサイズがアベレージという

激うま魚ゲットっす

これは数時間2人分の釣果。これで少ないほうだという

オモリは150号! 普段使い慣れたタックルをそのまま使おう!

希望でアマダイも狙うことができる。ポイントはアカムツポイントのすぐ近くだ。仕掛けはそのままでもオーケー。これはホタルイカエサにヒット

ドラゴンクラスのタチウオがまじった

ホタルイカが遠州灘の定番エサだ

エサはホタルイカゲソとサバの切り身の抱き合わせが基本形

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・浜名湖「ボートクラブ カナル」。

「アカムツは出船できればいつでも釣れるよ!」

この言葉の主は、浜名湖にあるマリーナ「ボートクラブ カナル」のオーナー、柴田昌宏さん。平底で安定感抜群の高速艇「カロライナスキッフ」で浜名湖のルアーゲームはもちろん、外洋に出てキハダやブリのトップゲーム、近年最も力を入れているのは、深海のエサ釣りという。とくに、アカムツは最も安定した釣果が望めるターゲットという。

「アカムツは水深200〜300mの砂泥地にいて、ボートで狙うと適度に船が流れてほぼ確実に数釣りできるんです」

その言葉の内容を確かめるべく、マリーナを出艇し浜名大橋をくぐるとポイントまでは約30分。オモリ150号、胴付き2本バリ仕掛けなので、普段使い慣れた中深場タックルをそのまま使う。深海にもかかわらず、意外にも道糸はまっすぐと立ち、ほとんどオマツリはない。

魚信は第1投目から来た。午後から活性があがるというが、流し替えの度に誰かしらにヒットする。

「数時間でつ抜けはよくあります。昨年は12月末によく釣れました」という。

遠州灘は季節風の影響で冬の間は、なかなか出船できなくなるが、シケの合間の凪ぎがあれば、それが大チャンス。今年は高水温のためすべての釣りのシーズンが遅れていることを考慮すれば、初釣りもバッチリシーズンだ。

アカムツの魚影が日本一といっても過言ではない遠州灘。一攫千金のアカムツ釣りへ、新春にぜひチャレンジしてみてはいかがだろう。

遠州灘のボートアカムツ釣り。ベタ底付近でエサを動かしてアピール

釣り方は、オモリトントンぐらいで置き竿で十分。なぜなら、ボートなので船が流れやすいからだ。

もちろん、手持ち竿で誘ってもよいが、潮やボートが流れているときは、誘いすぎはあまりよくない。

逆にベタ凪ぎで潮の流れがないときは、積極的に誘い動作をするとよいだろう。

「ベタ凪ぎでボートが流れないとき、ジギング船と同じところを流していて、エサ釣りでは全くヒットしないのに、ジギングばかりヒットすることがあります」と柴田さんが話すように、ボートが流れないときは、ベタ底付近でエサを動かしてアピールさせるほうが有利という。

以上の記事は「つり丸」2016年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読