MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイの初釣りにオススメ! 数釣りOK、マダイ仕掛け(共栄丸)

マダイの初釣りにオススメ! 数釣りOK、マダイ仕掛け(共栄丸)

「共栄丸」の船長がすすめる仕掛けは2段テーパーハリス。上ハリス(クッション側)6号4〜5m。下ハリス(ハリ側)は4号5〜6m。サルカンを介して上ハリスと下ハリスをつないで全長10mにする。

perm_media 《画像ギャラリー》マダイの初釣りにオススメ! 数釣りOK、マダイ仕掛け(共栄丸)の画像をチェック! navigate_next

富浦「共栄丸」のマダイ仕掛け。仕掛けは2段テーパー、ハリは大きめ!

富浦沖のマダイ釣りは、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿はコマセマダイ用の2.4〜3.6m。これに小型電動リールを組み合わせる。

「共栄丸」の笹子宏宣船長がすすめる仕掛けは2段テーパーハリス。上ハリス(クッション側)は6号4〜5m。下ハリス(ハリ側)は4号5〜6m。サルカンを介して上ハリスと下ハリスをつないで全長10mにする。

二段テーパーハリスはストレートハリスに比べると、誘いが効きやすいのが特徴。またハリスに傷が付いたり、切れたりして交換する際、全てを替えなくてすむので経済的だ。

そして笹子船長は大きめのハリを使うことをとくにススメている。マダイバリなら10〜11号。取材当日も船中で何度もあったが、やり取り中のバラシが目立った。そのバラシを少なくするための策なのだ。

ビシは80号のFLかLサイズ。たくさんのコマセをまくわけでないので、FLサイズの使用がオススメだ。

内房・富浦沖 マダイ釣行レポート

青物か?大ダイか?突然強いアタリが襲うので、ハリスは4号で!

本命マダイが顔をだした!

朝イチはチャンスタイムなので、逃がさないように!

日の出の時間帯にヒット!

阪本智子さんは1㎏弱を手にした

チャンスタイムを逃さないことが大事

食いが立っているときは手返しよく釣ろう!

安定して数釣りが楽しめている

食べるにはちょうどいいサイズだ

トップ2桁を記録することもある

「探見丸」にもいい反応が出た!

オキアミは1匹付けが基本

小型のカンパチもヒット

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「共栄丸」。

「12月に入って水温が20度を下回りました。それでワラサのアタリが少なくなって、マダイも固まって数釣れるようになりました。このぶんだと、マダイは年末年始も期待できそうですよ!」と話すのは富浦港「共栄丸」の笹子宏宣船長。

富浦沖のマダイが絶好調だ。1㎏ぐらいまでの中小型主体に、トップ2ケタもを記録することもあり、ボーズなしの日もしばしばだ。また、ときおりドカンと一発大型マダイがアタることもあるので油断は禁物だ。

数釣れるときは、チャンスタイムを逃さないことが大事。食いが立っている時間帯に確実に食わせよう。そのためには、手返しを早めにすることがコツだ。

取材当日は「横瀬」と呼ばれる水深65〜70mのポイントをメインに狙った。今後はもう少し深いポイントも期待できる見込みだそうだ。

好調が続いている冨浦沖のマダイは、新年の初釣りにもオススメだ!

富浦「共栄丸」のマダイ釣り。海面からタナを取る。タナ取りは正確に!

「共栄丸」では海面からタナを取る。指示ダナが50mだとしたら、ビシを55〜56mまで落とし、数秒待つ。ハリスがなじんだら、竿を振ってコマセをまきながら、ビシを指示ダナの50mまで巻き上げてくる。

ここで一番大事なのがビシを海底まで落とさないこと。ビシを海底まで落とすと、周囲にいるマダイを驚かしてしまうからだ。また、海底付近でビシからコマセが出て、エサ取りを浮かせてしまうこともあるのだ。

それと水深の確認は道糸のマークをもとにおこなうこと。リールのカウンターは誤差が出やすく、またしっかりとゼロ設定をおこなわないとタナを間違えやすいからだ。


誘いは落とし込みが有効。ビシをゆっくりと下げることで、付けエサがコマセと同じように漂って落ちていくように演出する誘いだ。

落とし込みをするベストのタイミングは、反応が出たときにおこなうとヒット率が高い。反応が出たら指示ダナから1〜2mゆっくりビシを落とす。エサ取りが多いときは、指示ダナよりも1〜2m高めのタナで待ち、反応が出たら指示ダナまで落とし込むという方法もある。

ただし、この誘いはひとつ間違えるとマダイを驚かせて、反応を蹴散らすことになりかねないので注意が必要だ。

ビシを落とし込む際は、必ずゆっくりと落とすこと。一気にストンと落とすとマダイを驚かしてしまう。

また、タナよりも下にビシを落とし込んだら、そのままにせずに元の位置に戻すこと。ビシを下げたままでは、タナを下げていることと同じだからだ。この下がったビシによってマダイが警戒して、船下に入ってこないこともあるからだ。

アタったら、竿を立ててしっかりアワせること。前述もしたが、状況によっては食いが浅く、ハリ掛かりしなかったり、ハリ掛かりが甘いことがしばしばあるからだ。

以上の記事は「つり丸」2016年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル