MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ズラズラ〜と数釣りが楽しめる! 極上トロキンメダイ(ほうえい丸)

ズラズラ〜と数釣りが楽しめる! 極上トロキンメダイ(ほうえい丸)

炙りの刺身にしゃぶしゃぶとどう調理しても美味しいキンメ。中でも〝絶品〟と賞賛を浴びる地キンメ(新島沖周辺で釣れるもので、それ以南で釣れるものは沖キンメと呼ぶ)が、シーズンを迎え好調に釣れ出している。

「ほうえい丸」では乗船料、タックル、仕掛けなど一式がフルレンタル可能

待望の第1投目は夜が明ける前。緊張感が船内を走る

日中は深場に落ちるキンメ。500〜600mの深場をコンスタントに攻める

東京タワーの高さより深い場所からでもエサを食ったシグナルを伝えてくれる地キンメ。巻き上げたい気持ちを抑えて、船長の指示に従い、数を伸ばそう

ダブルで良型ゲットだ!

海面でバレることが多々あるキンメ。取り込みはタモのアシストをお願いしよう

多点掛けがお約束

投入回数は8回が基本。仕掛けは予備を入れて10組は治具に巻いて用意したい

良型を手にご満悦の常連サン。「地キンメを食べたら、ヤミツキになりますよ!」とのこと

激うまキンメダイ!

アタリがあったら船長に報告。糸を送り出すか、巻き上げるかの指示を仰ぎ、実践すれば多点掛けが満喫できる

深場専用竿と大型電動リールに道糸PE12号1000mを巻いて挑む。オモリは鉄筋で2㎏だ

仕掛けは胴付きで、ハリ数は20本まで

エサはイカタンやサバタン、カツオのハラスなど。予め治具にセットしておこう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎港「ほうえい丸」。

「去年が悪かったから内心ホッとしているよね。朝イチで攻める浅場では、ほぼアタるし、数も付く。その後、明るくなってから攻める深場でも2㎏クラスの大型・トロキンメが食ってくるからね」とは、年間を通してこの釣りに出船している下田須崎港「ほうえい丸」の土屋祐二郎船長の声だ。

浅場とは言え水深は250〜300m。深場に至っては500mオーバーもある。ハリ数も20本と多いので、投入時までにはそれなりの準備をしておくことが、この釣りの課題となるが、船長は「投入さえこなせれば、至ってシンプルな釣りだから難しく考えないで」と言う。

鉄筋オモリが底に着いたら、糸フケを取ってアタリを待ち、指示に従うだけで数釣りが楽しめるのだ。

釣り人はもちろん、美食家たちからも一目置かれる地キンメ。釣るなら今がチャンスですよ!

「ほうえい丸」では乗船料、タックル、仕掛けなど一式がセットになったリーズナブルなフルレンタルプランを用意。ビギナーの方はこちらを利用して、まずは激うま地キンメを味わってみよう!

以上の記事は「つり丸」2016年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00
いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!
更新: 2019-06-14 12:00:00
最新記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読