MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシ泳がせでマハタにヒラメ高級五目釣りに出船!(千鯛丸)

イワシ泳がせでマハタにヒラメ高級五目釣りに出船!(千鯛丸)

マハタにヒラメ、いずれ劣らぬ高級魚だ。これらをどちらも釣ってやろうという贅沢な乗合を出しているのが千倉港の「千鯛丸」。生きイワシをエサにする泳がせなので、タックルや仕掛けは共通で使える。

perm_media 《画像ギャラリー》イワシ泳がせでマハタにヒラメ高級五目釣りに出船!(千鯛丸)の画像をチェック! navigate_next

豪華なゲストがまじるのも生きイワシエサの特徴! 今期好調だ

食った! でも、何が上がってくるか分からない。それも五目釣りの楽しさだ

南房エリアで生きイワシの泳がせと言えば、ターゲットはヒラメだけではない。こんなマハタもまじる高級五目、楽しいですよ!

前日はマハタの3.5㎏も上がった。今や3㎏オーバーは貴重だが、4㎏、5㎏といった大型も出るのが南房の泳がせ釣り

こちらも大本命のヒラメ。4~5㎏級も食ってくる

水温も下がり身が厚くなったヒラメ。食味も満点だ

この時期のヒラメは格別!

アカハタも常連ゲスト。こちらもおいしい高級魚だ

水深60mで、この見事なオニカサゴをゲット

カサゴやキントキもまじり、まさに五目釣り。みな多彩なお土産を持って帰った

なにが釣れるかわからないのも魅力だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉港「千鯛丸」。

釣り人にとってヒラメはお馴染みの人気釣りものだが、マハタの方は狙う人も船も少ないややマニアックな釣り。近年は数が激減し3㎏を越える大型マハタは幻の魚になりつつある。

前日はマハタ3.5㎏、ヒラメ4.2㎏の良型が上がった。取材日は大型こそ出なかったが、マハタはトップで4匹、ヒラメは3枚という釣果で、今期の好調さが伺える。

そして、豪華なゲストがまじるのも生きイワシエサの特徴で、アカハタ、オニカサゴをはじめ多彩な魚種が顔を見せる。

マハタ優先、ヒラメ優先、そして今回のようにマハタとヒラメの両狙いと、「千鯛丸」の生きイワシエサの釣りにはいくつかのパターンがある。どのパターンで出船するかは予約客のリクエストと潮況によって決まるので、船長ブログの出船予定を確認するか、電話で問い合わせて欲しい。

千倉沖は北~西の風には風裏になるので、冬の季節風が吹く時期でも出船できる日は多い。イワシ泳がせ釣りは年明けから春先まで好期が続く。

以上の記事は「つり丸」2016年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル