MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシ泳がせでマハタにヒラメ高級五目釣りに出船!(千鯛丸)

イワシ泳がせでマハタにヒラメ高級五目釣りに出船!(千鯛丸)

マハタにヒラメ、いずれ劣らぬ高級魚だ。これらをどちらも釣ってやろうという贅沢な乗合を出しているのが千倉港の「千鯛丸」。生きイワシをエサにする泳がせなので、タックルや仕掛けは共通で使える。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

豪華なゲストがまじるのも生きイワシエサの特徴! 今期好調だ

食った! でも、何が上がってくるか分からない。それも五目釣りの楽しさだ

南房エリアで生きイワシの泳がせと言えば、ターゲットはヒラメだけではない。こんなマハタもまじる高級五目、楽しいですよ!

前日はマハタの3.5㎏も上がった。今や3㎏オーバーは貴重だが、4㎏、5㎏といった大型も出るのが南房の泳がせ釣り

こちらも大本命のヒラメ。4~5㎏級も食ってくる

水温も下がり身が厚くなったヒラメ。食味も満点だ

この時期のヒラメは格別!

アカハタも常連ゲスト。こちらもおいしい高級魚だ

水深60mで、この見事なオニカサゴをゲット

カサゴやキントキもまじり、まさに五目釣り。みな多彩なお土産を持って帰った

なにが釣れるかわからないのも魅力だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉港「千鯛丸」。

釣り人にとってヒラメはお馴染みの人気釣りものだが、マハタの方は狙う人も船も少ないややマニアックな釣り。近年は数が激減し3㎏を越える大型マハタは幻の魚になりつつある。

前日はマハタ3.5㎏、ヒラメ4.2㎏の良型が上がった。取材日は大型こそ出なかったが、マハタはトップで4匹、ヒラメは3枚という釣果で、今期の好調さが伺える。

そして、豪華なゲストがまじるのも生きイワシエサの特徴で、アカハタ、オニカサゴをはじめ多彩な魚種が顔を見せる。

マハタ優先、ヒラメ優先、そして今回のようにマハタとヒラメの両狙いと、「千鯛丸」の生きイワシエサの釣りにはいくつかのパターンがある。どのパターンで出船するかは予約客のリクエストと潮況によって決まるので、船長ブログの出船予定を確認するか、電話で問い合わせて欲しい。

千倉沖は北~西の風には風裏になるので、冬の季節風が吹く時期でも出船できる日は多い。イワシ泳がせ釣りは年明けから春先まで好期が続く。

以上の記事は「つり丸」2016年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル