MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10kgオーバー”タルイカ”をLTで釣る!(ディープオーシャン)

10kgオーバー”タルイカ”をLTで釣る!(ディープオーシャン)

“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ダブル&トリプルヒット連発! タルイカフィーバースタート!

出船前、船上でタルイカ釣りの講習会が行われた

ポイントは越前岬沖。陸からはさほど離れていない

船上はまだきれいな状態だが、これは祭り前の状況。フィーバーが始まると、墨だらけになる!

フィーバー中の魚探反応がコレ。タルイカが中層にはっきりと映し出されている

10㎏オーバーのタルイカとファイト中の太田さん。ビッグスクイッドを狙い撃ちするには、なにか誘いのコツがあるようだ

海面に姿をあらわしたモンスターイカ。船陰をみるとマグロのように抵抗してなかなか近寄らな

船上への抜き上げは、専用のギャフで行う。タモ網ですくうと網を破って逃げてしまうという。それほどジェット噴射は強烈だ

デカタルが釣れた!

クレイジーオーシャンの太田武士さんは、10㎏オーバー含め12杯キャッチ。今シーズンさまざまな船でタルイカゲームを行っている先駆者である。大型を釣るにはテクニックが必要であることが裏付けられた

タックルはタイラバ用、スローピッチ用、ライトジギング用でOK。ひとつスッテゲームのように繊細なアタリも出るので、高感度のロッドがこれから好まれて使われるようになるだろう。使用PEは1.5〜2号が標準。リールは10㎏オーバーの巨イカとのファイトを想定すると、小型ベイトリールよりもハイギアタイプのジギングリールが適合する。リーダーは8〜12号が現在の基準だ。タックルはこれからさらにライト化されるのは間違いないだろう

このタルイカは、水深80mでヒットして一気に50m近くラインを引き出すほどのハイパワーの持ち主だ

ラストにヒットしたのは、この9.8㎏。目標は20㎏オーバーをチャレンジしたアングラーたちは意気込む

このサイズは序章にすぎなかった。これで小さいほうである

「雲丸」の雲船長も参戦! タルイカゲームを少しずつではあるが、確立中という

ハイパワー小型電動リール使用もOK!

このサイズなら文句なし!

祭りのあとがコレ。これからのタルイカゲームの展開にかなりいい材料になった

ムラサキイカも巨大である。これのほかスルメイカがまじった

これがルアーメーカー・ジークラックが開発中のタルイカ専用ルアーだ

市販されているタルイカスッテにオモリを付けたり、アルミジグに強力なカンナを付けたりと現在模索中のタルイカルアー。

ひとつスッテゲームのパイオニア、雲船長のタルイカルアーがコレだ

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」。

タルイカはどちらかといえば、漁師のターゲット。遊漁船では福井県を中心に夜釣りで狙っているだけで、あまりメジャーなイカではなかった。巨大でグロテスク、味も大味……。そんなイメージで一部のアングラーにしか知られていないイカだった。が、2012年からブレイクしたケンサキイカ狙いのひとつスッテゲームブームの勢いに乗って、この巨大イカをライトタックルで狙おう、そして、この楽しみを普及させよう! という動きが2013年から本格化。

またしても、この新風のきっかけをつくっているのが、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。ひとつスッテゲームの火着け役だ。

「2013年秋まではケンサキイカのひとつスッテゲームに集中していたので、タルイカのことはすっかり蚊帳の外でしたが、タルイカ豊漁ということもあり、試作の大型スッテやルアーで2013年末に狙ってみたら、大当たり! かなりエキサイティングなゲームを堪能できました。食べても意外とおいしいんです。これはと思い、ルアーメーカーさんにお話ししたところ、みなさん協力してくれまして。現在、プロトタイプのタルイカルアーをテスト中です」とのこと。

浜野船長の言葉とおり、市販のタルイカ専用ルアーは一部を除きほとんどなく、釣り方も確立されていない。もちろん、浜野船長自身、ポイントが地先とはいえ、船をどういうところを流せばいいのか、時合いがいつなのか、模索中だ。

そんななか、2013年12月23日、夜に行ったテスト釣行では、2〜10㎏のタルイカを爆釣。船上のあちこちでリールのドラグがうなり、真冬の夜の寒さを感じさせない、熱気に包まれた。

プロトタイプのルアーでタルイカを手にしたアングラー全員がこう思った。「これはかなりイケル! 面白い!!」と。

とはいうものの、冬の日本海は暴れ馬。浜野船長は海が凪ぎれば、小人数でも出船します! というが、まして夜となれば、ほとんど出船は不可能だ。

そんな現実もふまえて、再びタルイカが北陸に襲来すれば、間違いなくこのキングオブスクイッドゲームが大ブレイクするだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル