MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10kgオーバー”タルイカ”をLTで釣る!(ディープオーシャン)

10kgオーバー”タルイカ”をLTで釣る!(ディープオーシャン)

“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。

ダブル&トリプルヒット連発! タルイカフィーバースタート!

出船前、船上でタルイカ釣りの講習会が行われた

ポイントは越前岬沖。陸からはさほど離れていない

船上はまだきれいな状態だが、これは祭り前の状況。フィーバーが始まると、墨だらけになる!

フィーバー中の魚探反応がコレ。タルイカが中層にはっきりと映し出されている

10㎏オーバーのタルイカとファイト中の太田さん。ビッグスクイッドを狙い撃ちするには、なにか誘いのコツがあるようだ

海面に姿をあらわしたモンスターイカ。船陰をみるとマグロのように抵抗してなかなか近寄らな

船上への抜き上げは、専用のギャフで行う。タモ網ですくうと網を破って逃げてしまうという。それほどジェット噴射は強烈だ

デカタルが釣れた!

クレイジーオーシャンの太田武士さんは、10㎏オーバー含め12杯キャッチ。今シーズンさまざまな船でタルイカゲームを行っている先駆者である。大型を釣るにはテクニックが必要であることが裏付けられた

タックルはタイラバ用、スローピッチ用、ライトジギング用でOK。ひとつスッテゲームのように繊細なアタリも出るので、高感度のロッドがこれから好まれて使われるようになるだろう。使用PEは1.5〜2号が標準。リールは10㎏オーバーの巨イカとのファイトを想定すると、小型ベイトリールよりもハイギアタイプのジギングリールが適合する。リーダーは8〜12号が現在の基準だ。タックルはこれからさらにライト化されるのは間違いないだろう

このタルイカは、水深80mでヒットして一気に50m近くラインを引き出すほどのハイパワーの持ち主だ

ラストにヒットしたのは、この9.8㎏。目標は20㎏オーバーをチャレンジしたアングラーたちは意気込む

このサイズは序章にすぎなかった。これで小さいほうである

「雲丸」の雲船長も参戦! タルイカゲームを少しずつではあるが、確立中という

ハイパワー小型電動リール使用もOK!

このサイズなら文句なし!

祭りのあとがコレ。これからのタルイカゲームの展開にかなりいい材料になった

ムラサキイカも巨大である。これのほかスルメイカがまじった

これがルアーメーカー・ジークラックが開発中のタルイカ専用ルアーだ

市販されているタルイカスッテにオモリを付けたり、アルミジグに強力なカンナを付けたりと現在模索中のタルイカルアー。

ひとつスッテゲームのパイオニア、雲船長のタルイカルアーがコレだ

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」。

タルイカはどちらかといえば、漁師のターゲット。遊漁船では福井県を中心に夜釣りで狙っているだけで、あまりメジャーなイカではなかった。巨大でグロテスク、味も大味……。そんなイメージで一部のアングラーにしか知られていないイカだった。が、2012年からブレイクしたケンサキイカ狙いのひとつスッテゲームブームの勢いに乗って、この巨大イカをライトタックルで狙おう、そして、この楽しみを普及させよう! という動きが2013年から本格化。

またしても、この新風のきっかけをつくっているのが、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。ひとつスッテゲームの火着け役だ。

「2013年秋まではケンサキイカのひとつスッテゲームに集中していたので、タルイカのことはすっかり蚊帳の外でしたが、タルイカ豊漁ということもあり、試作の大型スッテやルアーで2013年末に狙ってみたら、大当たり! かなりエキサイティングなゲームを堪能できました。食べても意外とおいしいんです。これはと思い、ルアーメーカーさんにお話ししたところ、みなさん協力してくれまして。現在、プロトタイプのタルイカルアーをテスト中です」とのこと。

浜野船長の言葉とおり、市販のタルイカ専用ルアーは一部を除きほとんどなく、釣り方も確立されていない。もちろん、浜野船長自身、ポイントが地先とはいえ、船をどういうところを流せばいいのか、時合いがいつなのか、模索中だ。

そんななか、2013年12月23日、夜に行ったテスト釣行では、2〜10㎏のタルイカを爆釣。船上のあちこちでリールのドラグがうなり、真冬の夜の寒さを感じさせない、熱気に包まれた。

プロトタイプのルアーでタルイカを手にしたアングラー全員がこう思った。「これはかなりイケル! 面白い!!」と。

とはいうものの、冬の日本海は暴れ馬。浜野船長は海が凪ぎれば、小人数でも出船します! というが、まして夜となれば、ほとんど出船は不可能だ。

そんな現実もふまえて、再びタルイカが北陸に襲来すれば、間違いなくこのキングオブスクイッドゲームが大ブレイクするだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
公開: 2019-01-14 22:00:00
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
公開: 2019-01-12 03:00:00
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
公開: 2019-01-11 22:00:00
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
公開: 2019-01-08 03:00:00
シンプルなライトタックルで、極端なことを言ってしまえば「落として巻くだけ」でマダイをはじめ根魚や青物など多彩な魚が釣れ、しかも老若男女誰でも手軽にゲーム性の高い釣りが楽しめると人気が高い「タイラバ」。
公開: 2019-01-07 03:00:00
エビエサに替わる究極のエビ系ソフトルアーシリーズに2つの追加カラー登場! 「パールシラス(夜光)」「赤エビ」!
公開: 2019-01-19 04:00:00
仕掛けはL‌Tマダイ用のテンビンにビシ40号、1.5~2㎜のクッションゴムを1‌mつける。ビシはプラビシ、アンドン、ステン缶など。ロッド、リール、キーパーほか、テンビン、ビシまで無料でレンタル可能
公開: 2019-01-19 03:00:00
布良沖は南房を代表する中深場ポイント、布良瀬。海図をみれば、一目瞭然。起伏どころか海溝もあり、根魚が潜むには好都合の海域なのだ。そんな布良瀬をホームグラウンドにしているのが、布良港「仁平丸」だ。
公開: 2019-01-18 22:00:00
とても暖かい船用ラジアル防寒デッキブーツ!
公開: 2019-01-18 04:00:00
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
公開: 2019-01-18 03:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読