MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
「いとしのハギー」で、カワハギたちはメロメロです【内房・富浦沖】

「いとしのハギー」で、カワハギたちはメロメロです【内房・富浦沖】

内房・富浦沖のカワハギが早くもシーズンを迎えている。もともと周年狙えるターゲットだが、秋の本格シーズンインを目前に今期のエサ取り名人たちの動向を探るべく、富浦沖へ出陣した。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

当日の状況はというと、真夏の高水温にもかかわらず、カワハギの群れに当たると高活性、連続ヒットとなった!

スピニングタックルのカワハギ簡単LT釣法を提案する数吉漁具の佐々木一樹さん。カワハギのメッカ、富浦沖で今シーズンいち早く小気味いい引きを満喫した。

高水温のため、カワハギは散在していたが、群れに当たると連続ヒット。良型がそろった。

これが「いとしのハギー」。カワハギたちはブレードの波動とシンカーのカラーでメロメロだ。

「いとしのハギー」の着底と同時にほぼヒットしているという、カワハギへの効果は実証済み。リーダーとの接続は直結がオススメ。

「いとしのハギー」の試釣。約2時間でこれだけ釣れれば十分。

替えバリは市販のものを活用。写真は数吉漁具の「ダーティー針」。

リーダーに「ザ・ハリフターズ」を付けて、浮いたカワハギを狙うこともできる。アレンジは自由だ。

魚影が濃いからノーマル仕掛けでも釣れます!

当日は新アイテム・数吉漁具の「いとしのハギー」でトライ。真夏の高水温にもかかわらず、カワハギの群れに当たると高活性、連続ヒットとなった。
群れは散在しているようで、仕掛けをキャストして広範囲を探ることがキモとなっていた。 
秋とはいえど、今年の海は高水温状態が続くだろう。
“軽くキャストして広範囲を探る”というフレーズを忘れずにいち早くカワハギシーズンを楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル