MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

「富久丸」では、ノーマルタックルのほか、ライトタックルで狙うことも可能だ。 ノーマルタックルの場合は、竿はヒラメ専用竿がオススメ。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3mくらい。手持ちなら短め、置き竿主体で狙うなら長めをセレクトするといいだろう。

タックル&仕掛け。ノーマルとライトでの仕掛けの違いについて

「富久丸」では、ノーマルタックルのほか、ライトタックルで狙うことも可能だ。

ノーマルタックルの場合は、竿はヒラメ専用竿がオススメ。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3mくらい。手持ちなら短め、置き竿主体で狙うなら長めをセレクトするといいだろう。

リールは手巻きの中小型両軸リール、または小型電動。前述したような浅場のポイントであれば、仕掛けの上げ下げは苦にならないので、手巻きリールでも楽に楽しめる。

道糸はPEラインの3〜4号。200mも巻いてあれば大丈夫であろう。

ライトタックルの場合は、60号ぐらいのオモリに対応したライト用がオススメ。調子は7対3〜6対4で、長さは2m前後。

リールは手巻きの小型両軸、または小型電動。道糸の太さは船宿の指定があれば、それに従うこと。「富久丸」ではライトタックルで狙う場合の道糸は、PEライン1.5号以下に指定している。150m巻いてあれば十分だ。

仕掛けは上のイラストのとおり。ノーマルタックルとライトタックルでは、若干違いがある。

まずはノーマルタックルから説明する。幹糸はフロロカーボン6〜8号を80〜100㎝。

その先に親子サルカンを介して、枝スと捨て糸を出す。

枝ス(ハリス)は6号、80㎝前後。潮が濁ったり、食いが悪いときは、短くするなどして調整しよう。

ハリは親バリが角セイゴ18号。孫バリはトリプル8号。

捨て糸は4〜5号50㎝前後。オモリは80号。

ライトタックルの場合は、道糸と仕掛けの幹糸を直結にする。仕掛けの幹糸が先糸代わりになり、サルカンを介して道糸と幹糸を繋ぐよりも強度を保つことができる。また取り込み時に、幹糸を巻き込むことも可能だ。

幹糸はフロロカーボン5〜8号を80〜100㎝。

その先に親子サルカンを介して、枝スと捨て糸を出す。

枝スは5〜6号、80㎝前後。ハリは親バリがLTヒラメ6号。孫バリはトリプル8号。捨て糸は3〜4号50㎝前後。

ライトタックルでは、幹糸、枝ス、捨て糸をワンランク細くしても大丈夫だ。

オモリは40〜60号。周囲とオマツリしないように調整する。

「富久丸」では船で、船宿仕掛けを購入可能だ。

外房・大原沖 ヒラメ釣行レポート

日の出直前から釣り開始!

ポイントは浅場主体。水深10m未満を狙うことも!

アワセが決まってやり取り開始!

健太・若船長のアシストでタモ入れ!

永井名人も良型を手にした!

当日は4枚ゲットで竿頭の永井名人。「身が厚いね〜!」

こちらも良型!

朝イチに嬉しい1枚!

ライトタックルで狙うと引きが楽しい!

こちらは当日最大の3kgオーバー

船中のファーストヒットは嬉しい

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズ

煮付けにしても美味しいね!

イナダ、ワラサは定番ゲスト

永井名人はサワラもゲット

健太・若船長は釣れたヒラメを神経締めしてくれる

エサ付けの見本

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「富久丸」。

この時期、関東各地でヒラメが狙えるが、9月から部分解禁、10月から全面解禁している外房・大原沖のヒラメは、まずまずの好調が続いている。

今回の取材は大原港「富久丸」に乗船。港からほどちかい浅場を狙った。取材前日はトップ7枚で全員が型を見る好釣果だったので、取材当日も期待が高まったが、思いのほかヒラメの活性が低かった。それでも、トップ4枚が二人、3㎏オーバーの大型もまじる展開となった。

「ベイトの反応があちこちにあります。イワシがまとまってやってくれば、さらにいい釣果が期待できますよ」とは「富久丸」の滝口健太・若船長。

ヒラメは身も厚くなって、食味も上昇中! サイズがいいヒラメは、エンガワもタップリとれて食味を存分に楽しめる。小型は丸々1匹を煮つけにするのもオススメ!

浅場で釣りやすいのでビギナーもチャレンジしてみよう!!

イワシのエサの付け方。エサ付けは迅速に行うことが大事!

「富久丸」ではマイワシを付けエサに使う。数に限りがあるので、1匹ずつていねいに扱うようにしたい。ヒラメのアタリが多い日やゲストの青物が連発するときは、とくにエサの消費が早くなるので、大事に扱って浪費するのを避けよう。

エサのイワシの動きがヒラメにアピールするので、海中で元気よく泳ぐことが大切。そのため、エサ付けは迅速に行うことが大事だ。時間をかけすぎたり、強く握ると、ウロコが剥がれたり、弱るので注意しよう。医療用の薄い手袋をするとイワシを掴みやすく、ウロコが剥がれにくいようだ。

エサ付けはいろいろな方法があるが、親バリは鼻掛けか上アゴ掛け。

鼻掛けにする場合はハリがズレやすく、ハリ掛かりに影響することもある。上のイラストのように、ハリにソフトタイプの夜光玉を付けるとハリがズレにくくなる。

孫バリがトリプルの場合、背中側に掛けるのが一般的。こうすることで、根掛かりの確率が下がる。

しかし、フッキング率を重視して、腹側に掛ける人もいる。状況に応じて使い分けたい。シングルフックのときは、腹側(肛門付近)に刺すのが一般的だ。

横流しの釣り方について

取材当日、「富久丸」では横流しで狙った。浅場のポイントは広範囲を探るために、多くの船が横流しでポイントを流す。

横流しは、船体の横に風を受けて船を流していく。そのため右舷側が風を受けるときは、左舷側が早く新しいポイントに入るので有利になる。逆に左舷側が風を受ければ、右舷側が有利になる。ほとんどの船が流し替えるごとに船の向きを変えるので、席による釣果の偏りは少ない。

この横流しの時は、仕掛けを投入してオモリが海底に着いたら、オモリが海底に着くか着かないかの位置をキープしてアタリを待つようにする。

風が強かったり、潮が速いときはどんどん船が流されるので、そのまま待っていると仕掛けが浮き上がってしまう。仕掛けが浮き上がったら道糸を出してオモリを海底付近にキープすることが大事だ。

しかし、風下側の釣り人は糸の出しすぎに注意。糸を出しすぎると、反対舷の釣り人とオマツリしやすくなる。ある程度糸を出したら、仕掛けを回収して再投入するといいだろう。

一方、風上側の釣り人は糸を出してもオマツリの心配はない。しかし風下側の釣り人よりも仕掛けが新しいポイントに入るのが遅いので、糸を出しすぎるとさらに不利になるので注意しよう。

アタリがあったら、即アワセはダメ。浅場では比較的アタリが明確に出やすいので、ビギナーは驚いてすぐにアワせてしまいがちになるので注意しよう。

アタリからアワセまで(風下の釣り座)

アタリがあったら竿を手に持ち、しっかりと食い込むのを待ってからアワせること。

船がどんどん流される場合は、少しテクニックが必要だ。船が流されるスピードに応じてラインを出して、ヒラメが食い込むのを待つようにする。ラインを出さないと船が仕掛けを引っ張ってしまい、ヒラメがエサを離してしまうからだ。風下側の釣り座では、アタったら竿先を下げながら前述した方法で対応しよう。風上側の釣り座は、竿を立て気味にしてアタリを待っていると対応しやすいだろう。

ラインを出しながら食い込むのを待ち、2、3度強く引き込むようなアタリがあったら、そこがアワセ時。聞き上げるように、竿をしっかりと立ててアワせる。見事フッキングしたら、ラインをたるませないようにして巻き上げる。

掛かりが浅い場合もあるので、取り込みはタモで確実におこなうのが無難。海面にヒラメが見えたら、竿でヒラメをタモのほうに誘導すると、スムーズに取り込むことができるだろう。

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読