MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

「たいぞう丸」では、ノーマルタックルとライトタックルの選択が可能だ。使用する道糸がPE3号以上の場合はノーマルタックルに分類。その場合はオモリ80号を使用する。道糸1~2号はライトタックルに分類し、その場合はオモリ60号を使用する。

アマダイ仕掛け。誘って食わせるなら先調子気味の竿を使用しよう

「たいぞう丸」では、ノーマルタックルとライトタックルの選択が可能だ。

使用する道糸がPE3号以上の場合はノーマルタックルに分類。その場合はオモリ80号を使用する。道糸1~2号はライトタックルに分類し、その場合はオモリ60号を使用する。

ノーマルの場合、竿はオモリ80号を背負って7対3から8対2のやや先調子気味になる2~2.5m前後のものをセレクト。置き竿で狙いたい人は胴調子の竿でもいいが、手持ちで誘って釣るには先調子のほうが操作性がいい。

ライトタックルの竿も同様に先調子気味の2m前後を。ライトの場合はより積極的に誘いをかけられるのがメリットなので、軽量、先調子のものをセレクトしよう。

ノーマル、ライトともにリールは小型電動リールが基本。ポイントの水深が90~110m中心なので、エサチェックなど手返しを早くするためには電動が便利だ。

ただし、この日も乗船していた常連さんのひとりは、ライトロッドに小型両軸の手巻きリールで釣っていた。

「あの人はあのタックルでずーっと誘い続けて、よく釣ってます。来るたびに50㎝級の大型も上げてますよ」と河村船長は言う。手巻きリールならタックル全体の重量を軽くすることができ、手持ちで誘い続けても疲れないというメリットがある。また、手巻きだと「釣り自体が丁寧になる」ということも影響するようで、好釣果につながっているようだ。「あえて手巻き」、という選択肢もアリだろう。

仕掛けはハリス3号、全長2mの2本バリが基本。あくまで狙いは大型。50㎝オーバーをターゲットにしているのでハリスは細くしないほうがいい。

相模湾・葉山沖〜城ヶ島沖 アマダイ釣行レポート

型のいいアマダイは引き味も最高。重量感のある突っ込みはマダイのような「三段引き」で、超カイカン!

40㎝オーバーのアマダイをキャッチしたドクター近藤惣一郎。「誘ってアタリを出して掛ける。一連の流れが上手くハマると好釣果につながりますね。美味しいアマダイを釣ってください!」

ライトタックル&手巻きリールで、軽快に誘いをかける常連さんも

52㎝の大型アマダイ! 今相模湾でアマダイが好調に釣れている。40㎝オーバーは当たり前、50㎝オーバーもコンスタントに上がっているぞ

高級魚アマダイ。刺身や昆布締めもいいが、煮、焼き、蒸し、など火を通した料理もバツグンに美味しい

船中あちこちで同時ヒットもある。トップ8~10匹前後の日も多い

嬉しい一匹!

パワフルな引き味を楽しむ

本命アマダイと外道トラギスが一荷できたドクター近藤。「コレはタナ合ってるのかな?」

キダイがかなり食ってきた。あまりに多いと「エサ取り」「外道」と感じてしまうが、これも美味しい魚。手間はかかるが押し寿司などは最高だ

「50㎝級の大きいのは意外と置き竿で食うことが多いですよ」と河村船長。試してみる?

水深は90~110m前後が中心

ドクター近藤のタックルは「リーディングネライMH‐230」と「シーボーグ300J」。「シーボーグ300J」のアルミJOGパワーレバーは、操作感が良くタナ取りや巻きアワセなどもやりやすい

ノーマルタックル(PE3号以上)はオモリ80号を使用

ライトタックル(PE1~2号)はオモリ60号で

「付けエサは粒のしっかりした物を選んで、きれいに真っすぐハリに刺しましょう!」とドクター近藤

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

冬のターゲットとして人気のアマダイ。美しいその姿に見合わぬパワフルな引き味と、淡泊ながら甘味たっぷりの食味で釣り人を魅了する。相模湾ではベストシーズンに突入し、大型が好調に釣れている。

葉山あぶずり港「たいぞう丸」は葉山沖~城ケ島沖中心に攻め、25~45㎝前後主体にトップ5~10匹前後釣っている。11月19日にはトップ17匹!? という爆釣もあった。

型もよく、40㎝オーバーは連日数まじり、50㎝オーバーも高確率で姿を見せている。

「たいぞう丸」でアマダイを狙ったドクター近藤惣一郎は「アマダイは、誘って食わせるのが楽しいですね。かと思えば置き竿に大型が食ってきたりもする。いろいろ悩んで楽しんでください!」

しっとり柔らかく甘味たっぷりなその身は料亭などでも好んで使われる高級食材。50㎝オーバーの強烈な引きと、高級感満点の食味を楽しもう!

タナ取りと誘い。まめなタナ取りと誘いが大切!だたし、50cm級は…

タナ取りは仕掛け長の半分が基本。2mの仕掛けならテンビンが底から1mの高さになるようにタナ取りする。

「よく、食ってきた外道によってタナが高いとか低いとかを判断して調整するっていうじゃないですか。そういうこともあるかもしれないけど、その調整は難しい。結局、外道は食っちゃいますよ」と河村船長は言う。一般的にはトラギスやムシガレイ、ガンゾウビラメなどが掛かるとタナが低く、キダイが掛かるとやや高め、アカボラ(ヒメコダイ)が食うのはタナが合っている、などと言われるが、それによってタナを調整するのは難しいと船長は言うのだ。

へたにタナ調整するなら、底から1mを通して結果を見てみるほうがいいということだ。その上で、周りがアマダイを釣っているのに自分だけ外道ばかり、というようなときは何かが違っている可能性が高いので、そこで初めてタナ調整をしたり、ガン玉を打ってみたりしてみればいいとのこと。

誘いは、「底ダチをとったら、そこから竿をゆっくりスーッと上げて誘い上げます。ここでスーッとエサが動いているときにアタリが出ることが多いですね。頭上まで誘い上げてくるまでにアタらなかったら、そこでリセット。タナを取り直して始めから繰り返しです。これが僕の釣り方の基本です。タナ取りからタナ取りまでの1セットが15~30秒ぐらい、けっこう早いスピードで誘ってますね」と船長。

そのほか、タナをとったらその場でチョンチョンと小刻みに竿先をシェイクして仕掛けを動かしてやる誘いも効果があるとのことなので、誘いに変化を付けたいときなどに試してみよう。

いずれにしても付けエサを動かしてアマダイにアピールすることが大切とのこと。

「ただし…。操船しながら見ていると50㎝オーバーの大型は、けっこう置き竿で食ってくることが多いんですよね。型の大小にかかわらず、アタリを出すには頻繁に誘ったほうがいいと思いますが、50㎝級を狙うなら置き竿などのゆっくりしたエサの動きのほうがいいのかも…」と50㎝級ゲットのヒントをくれた。

基本のタナ取りと誘いから入って、その後応用も…。いろいろ試して大型アマダイをキャッチしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読