MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
身厚超美味を堪能するなら今がチャンス! ヤリイカ仕掛け(一之瀬丸)

身厚超美味を堪能するなら今がチャンス! ヤリイカ仕掛け(一之瀬丸)

オススメの竿は、長さ1.6〜1.8mのヤリイカ専用竿となる。リールは軽量の小型電動。ダイワなら300番クラス、シマノなら1000番クラスが軽量で扱いやすいだろう。仕掛けは、11㎝プラヅノのブランコ仕掛けが標準。赤白の糸巻きスッテは案外よく乗るので、それが入った仕掛けを選ぶ、または入れることは大変有効だ。

ヤリイカ仕掛け。基本はプラヅノ11cm。初心者はツノ数少なめで

150号という重いオモリを背負って、仕掛けには150m前後から状況によっては200mに迫る深い水深による水圧もかかる中で、一日道具を手に持って行うこの釣り。それゆえ道具はバランスがよく、可能ならできるだけ軽いものを選びたい。単に軽いだけではダメで、バランスがよければ多少重くても持っていて軽く感じる。持ち重り感が少ないのだ。また、ロッドは短いほうがテコの原理で軽く扱うことができる。
さらに、この釣りは竿の穂先の感度が重要。竿先に出るアタリを目で見てイカが乗ったということを判断するからだ。

そこでオススメの竿は、長さ1.6〜1.8mのヤリイカ専用竿となる。

リールは軽量の小型電動。ダイワなら300番クラス、シマノなら1000番クラスが軽量で扱いやすいだろう。

仕掛けは、11㎝プラヅノのブランコ仕掛けが標準。赤白の糸巻きスッテは案外よく乗るので、それが入った仕掛けを選ぶ、または入れることは大変有効だ。サバが多いときなどは直結も有効だが、これはイカ釣りに慣れた釣り人向け。初心者にはオススメしない。

ツノ数は初心者は5本以下で。ヤリイカは主に海底付近を狙い、今回は(最近は)ハモノがいて追い乗りさせずに最初の乗りが確認されたらすぐに巻き上げるという状況のため、ツノ3本でも十分釣りになる。こうすることで仕掛けの取り扱いがラクになり、投入時は手前マツリ(投入前に仕掛けが絡んでしまうこと)しにくくなって、回収もスムーズになる。

東京湾口 ヤリイカ釣行レポート

ポイントは沖の瀬や洲崎沖、そして剣崎沖などを状況によって攻めていく

アタリは竿先に出る。これが分かるようになれば、釣れる!

シップスマストスタッフの星さんは3点掛け。ハモノがいるので、イカが乗ったらすぐに巻き上げるのが基本。それでもこのノリ!

ふたり共ヤリイカ釣りは初挑戦。そして見事に多点掛け! イカ釣り入門には今がチャンスですよ!

ヤリイカ初挑戦でキャッチ! 入門にも今がオススメ!

こちらもイカ釣り初挑戦のシップスマストスタッフ・山口英樹さん。最初はアタリの理解に苦戦していたが、コツさえ掴めればこの通り連発!

3点掛け達成!

「イカは上がって来るときがドキドキで一番楽しい。だけど、焦っちゃダメなんだよね!」と常連さん

中型主体だが、今の時期は身が厚く、甘くて超美味! ペラペラじゃないんです!

ダブルヒットで嬉しい!

「一之瀬丸」には「活きイカパック」(1杯のみ)という人気のサービスがあり、なんと自宅で活きイカが食べられる! これはめちゃ嬉しい!

プラヅノは11cm

初心者はツノ数5本以下がオススメ。コマセツノ入りも有効だ

オモリは150号。予備も持参しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

スーパーではまず見ることができないその透き通った身は、お刺身はもちろん、てんぷら、煮付け、バター焼き、パスタやお好み焼きや焼きそばに入れてもいい。いや〜ホント贅沢! 要は、釣りたて新鮮なヤリイカは、どんな料理にしても美味なのだ。

「イカってこんなに透き通っているんですね! 綺麗〜」と驚きと感動を隠せないのは、女性専用フィッシングウエアブランド「シップスマスト」スタッフの星智子さんと、美容師の小澤幸枝さん。実は二人はヤリイカ釣り初挑戦。それにもかかわらず、写真のように次々とヤリイカを釣り上げた。

そんな東京湾口のヤリイカが、これから“さらによい”時期を迎える。

「12月頃から群れが固まるので、より数が期待できます。初心者も釣りやすいので、ぜひおすすめです!」とは、金沢八景「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長。冬場のヤリイカは身が厚く、甘みも旨味もたっぷり! コツさえつかめば難しくないので、これはチャレンジするしかないでしょ!

投入時の注意点とタックルのセッティング

この釣りはオマツリ(他の釣り人と仕掛けが絡んでしまうこと)も少なからずあるので、仕掛けやオモリの予備は十分に用意しておこう。また予備の枝スやツノも持参しておくとオマツリ時に仕掛けをそっくり交換しなくてもすむ。

中オモリやヨリ取りリングは必ず付けていなければならないというモノではないので、アタリが分からないようであれば外してしまおう。これらを付ける主な目的としては、仕掛けが船に入っている状態で船縁の内側にそれらをぶら下げておけば仕掛けが安定するから。この釣りはイカの反応を探して船が走り回ることが多く、とくにこれからの時期は風が吹く日も多いので、船が走行中にプラヅノが投入器から飛び出して絡まってしまうことがあるからだ。また、仕掛けを海底でタルマせるという目的もあるが、初心者はこれは行わないほうがよい。オマツリを誘発してしまうからだ。さらに、直結ではその重さで仕掛けに動きを出すという意味もあるが、ブランコではそれは関係ない。

その他持参しておくと便利な小物類としては、幹糸やツノから指を保護する指ゴムがあるが、フィッシンググローブも有効。とくにこれからの時期はネオプレーン製のものがオススメだ。温かいうえに、指や手全体をしっかりと保護してくれる。

もうひとつ、ポイントや状況によってはスルメが多くまじることがあるので、そんなときのために14㎝プラヅノの仕掛けも数組用意しておくとよいだろう。

目標は毎回仕掛けを落とす。誘った後は必ず止めよう!

釣り方で重要なのは、「毎回仕掛けを落とせることです」と一ノ瀬船長。つまり、手前マツリせず、船長の合図と共に仕掛けを投入することだ。

船を大きく流して乗るときはよいが、イカの移動が速いときは合図が出た直後が勝負となる。投入でモタモタしていると、それに間に合わないのだ。

そういった意味でも、イカ釣りでは船長の合図があったら即投入は鉄則。反応を探して船が走っている間も、オモリは手に持って心も体も準備しておこう。

無事投入を済ませたら、リールのスプールを親指で軽く押さえながら(サミングしながら)オモリを着底させる。これにより、糸フケを最小限に留めることができる。糸フケが少なければ少ないほどアタリが分かりやすいのだ。そして竿を下げたまま、素早くリールを巻いてさらに糸フケを取り、竿先に出るアタリを見極める。イカはこのオモリ着底直後に乗ることが非常に多いので、ここでいきなり竿を煽って誘うようなことはしない。

イカが乗っていれば竿先がクンクンと動いてアタリが出る。最近はハモノ(マダイやサメなど、イカを捕食する魚)が多いので、追い乗りは狙わずすぐに巻き上げる。ハモノにイカを取られてしまうよりは、1杯1杯でも確実に取り込んだほうが釣果が伸びるということだ。

「状況がよいときなど、数付くときはあえて追い乗りを狙わなくても乗ってきます。5本ヅノの5本に乗って来ることもよくあります。1杯しか乗らないときは、状況があまりよくないときなんです。そんなときは欲を出さず、1杯1杯を大切に取り込んでください」と一ノ瀬船長。

初心者は波による船の揺れや風の影響で最初はアタリが分かりにくいかもしれないが、アタリは必ず竿先に出る。ぜひこれを見極められるようにしよう。もし目で見てアタリが分からない場合は、イカが乗っていない状態で竿をシャクったときの抵抗の重さを覚えておくとよい。イカが乗っていればシャクったときに重さを感じるので、それと分かる。

オモリ着底直後にイカが乗らなかった場合は、オモリを少し切って(浮かせて)少し待つ。そして竿を大きく上に持ち上げて、ストン! と一気に下げる。下げたら、少し待ってアタリを見る。これが誘いだ。この誘いは、船長からイカの反応が底付近に出ているとアナウンスがあれば底中心に、浮いた反応があるとアナウンスがあればその付近まで誘っていく。たとえば、海底から10m付近まで反応があるとアナウンスがあった場合は、5本ヅノ仕掛けで枝間が120‌㎝であれば、一番上のツノはオモリを海底に着けた状態でも5m以上上にある。そのこともよく考慮して、イカの群れの中に効率よく仕掛けが入るように誘っていくとよいだろう。

そしてこの誘いの際に重要なのは、竿を持ち上げた後、下げた後は、必ず少し待ってアタリを見ること。竿を動かしっぱなしはNG。イカがツノを抱く“間”がないのだ。

しばらく誘っても乗らない時は「巻き落とし」! 積極的に攻めよう

しばらく誘っても乗らないときは「巻き落とし」。案外これを行わない人が多いが、イカ釣りでは最もカンタンにして最強の誘いがこの「巻き落とし」だ。

方法はとってもカンタン。電動リールで20〜30mほど最高速で一気に巻き上げて、再びオモリを落とし着底させるだけ。前述のように、イカは仕掛けを投入してオモリが着底した瞬間に乗ることが非常に多い。その状況を簡易的に作ってやるのだ。また、これはオモリをそれまで誘っていた場所とは異なる所に落とすという意味もある。

たとえば、ビルの5階ほどの高さからバケツにゴルフボールを落とそうとしても、毎回そこに入れるのは難しい。必ずズレて落ちるはずだ。手で慎重に行おうとしてもうまくいかないのに、ましてやイカ釣りはほぼ水深100m以上である。船も動いている。20〜30m巻いて落としても、絶対に同じ場所に落ちることはない。つまり、次々と新しいイカを攻めることができるというわけだ。新しいイカを攻めれることができれば、それだけ乗る可能性が高いということである。

最後は取り込み。初心者が一番戸惑う部分だが、その必要はない。ブランコ仕掛けを使っていれば、多少の波程度ならそんなにバレることはない(中には外れてしまうイカもいるが…)。

コツは、ひとつ一つの動作を落ち着いて、ゆっくりと確実に行うこと。できるだけ両手を大きく使って取り込むとよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読