MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
巨大ヒラメ姿あらわす! ”渡りの大ビラメ”を釣ろう!(大久丸)

巨大ヒラメ姿あらわす! ”渡りの大ビラメ”を釣ろう!(大久丸)

ヒラメの魚影がすこぶる濃いことで知られる鹿島沖。昨年11月のヒラメ解禁後、絶好調を継続している。鹿島「大久丸」大川久明船長によれば、年明けからは、数狙いから大型ヒラメシーズンに移行するという。

イワシ回遊中で本当に楽しいヒラメ釣りシーズンはこれから!

夜明けとともにスタート!

期待とともに竿も曲がる

本命大ビラメが顔をだした

タモにおさまった!

千葉県の高橋さんは見事今季最大8.4㎏の大ビラメをキャッチした

まだまだ好調持続中!

少し小ぶりだが食べるにはちょうどいいサイズかも!

これからヒラメの身が厚くなり脂がのってくる

ヒラメとのやり取り中は油断してはダメ

魚影がすこぶる濃い!

まだ暗い朝イチに良型がヒット

重圧感のある大ビラメ。かなり肉厚だ

「大久丸」では、シーズン中のエサは大型のイワシを仕入れるという。大きなエサで大型を狙おう

アイナメがゲストで釣れた

これはホウボウ

ライトタックルでも十分狙える!

若船長の大川勝久さんがサポートしてくれるから安心

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大久丸」。

夏期にヒラメ漁師をしている鹿島「大久丸」大川久明船長によれば、年明けからは、数狙いから大型ヒラメシーズンに移行するという。

その最大の理由は、イワシの回遊。北から南下してきたイワシの群れを追い、やる気ある大ビラメが一緒に回遊しているというのだ。

イワシが回遊すると、ポイントに居着いている大ビラメたちもこのときを待ち望んでいたかのように、活性が高くなり、5㎏を超える大ビラメがよくヒットするという。

「大ビラメはいつ来るか分からない。しかも、アタリも小さいし、ヒットしても重量感があるだけであまり引かない。だからといってやり取り中は油断してはダメ。寝た子はおこすな、で慎重にゆっくりと巻き上げて!」と大川船長はアドバイス。

この日あがった今シーズン最大の8.4㎏の大ビラメはたっぷりの重量感を披露しながら浮上。アタリが少なく船上が沈黙に包まれていたときに突如ヒットした。だから、アタリがないといって、あきらめてはいけない。

水温が下がるこれからの時期は、ヒラメの身が厚くなり脂がのってさらにおいしくなる。

ヒラメの数釣りを味わった人もこれから始めるという人にも、1月、2月の肉厚美味ヒラメの釣趣も食味も、ぜひ味わってもらいたい。

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読