MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
巨大ヒラメ姿あらわす! ”渡りの大ビラメ”を釣ろう!(大久丸)

巨大ヒラメ姿あらわす! ”渡りの大ビラメ”を釣ろう!(大久丸)

ヒラメの魚影がすこぶる濃いことで知られる鹿島沖。昨年11月のヒラメ解禁後、絶好調を継続している。鹿島「大久丸」大川久明船長によれば、年明けからは、数狙いから大型ヒラメシーズンに移行するという。

perm_media 《画像ギャラリー》巨大ヒラメ姿あらわす! ”渡りの大ビラメ”を釣ろう!(大久丸)の画像をチェック! navigate_next

イワシ回遊中で本当に楽しいヒラメ釣りシーズンはこれから!

夜明けとともにスタート!

期待とともに竿も曲がる

本命大ビラメが顔をだした

タモにおさまった!

千葉県の高橋さんは見事今季最大8.4㎏の大ビラメをキャッチした

まだまだ好調持続中!

少し小ぶりだが食べるにはちょうどいいサイズかも!

これからヒラメの身が厚くなり脂がのってくる

ヒラメとのやり取り中は油断してはダメ

魚影がすこぶる濃い!

まだ暗い朝イチに良型がヒット

重圧感のある大ビラメ。かなり肉厚だ

「大久丸」では、シーズン中のエサは大型のイワシを仕入れるという。大きなエサで大型を狙おう

アイナメがゲストで釣れた

これはホウボウ

ライトタックルでも十分狙える!

若船長の大川勝久さんがサポートしてくれるから安心

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大久丸」。

夏期にヒラメ漁師をしている鹿島「大久丸」大川久明船長によれば、年明けからは、数狙いから大型ヒラメシーズンに移行するという。

その最大の理由は、イワシの回遊。北から南下してきたイワシの群れを追い、やる気ある大ビラメが一緒に回遊しているというのだ。

イワシが回遊すると、ポイントに居着いている大ビラメたちもこのときを待ち望んでいたかのように、活性が高くなり、5㎏を超える大ビラメがよくヒットするという。

「大ビラメはいつ来るか分からない。しかも、アタリも小さいし、ヒットしても重量感があるだけであまり引かない。だからといってやり取り中は油断してはダメ。寝た子はおこすな、で慎重にゆっくりと巻き上げて!」と大川船長はアドバイス。

この日あがった今シーズン最大の8.4㎏の大ビラメはたっぷりの重量感を披露しながら浮上。アタリが少なく船上が沈黙に包まれていたときに突如ヒットした。だから、アタリがないといって、あきらめてはいけない。

水温が下がるこれからの時期は、ヒラメの身が厚くなり脂がのってさらにおいしくなる。

ヒラメの数釣りを味わった人もこれから始めるという人にも、1月、2月の肉厚美味ヒラメの釣趣も食味も、ぜひ味わってもらいたい。

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル