MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)の画像をチェック! navigate_next

12月は水温も下がって盛期に突入! メモリアルな1匹を釣るチャンス

ハリス8号をブッちぎっていく大物も! マハタは5㎏オーバーも食ってくる

南房、千倉沖のイワシ泳がせ五目でマハタが絶好調に釣れている。トップ8匹なんて日もあるほどの食いの良さで、型も上々、これは楽しいぞ!

5匹のマハタをゲット。今シーズンはマハタの数が多そうだ

1~2㎏がマハタのレギュラーサイズ。3㎏クラスも少なくない

イワシを丸呑みしている

マハタに加えヒラメも本命、高級2魚種のダブルキャストだ

南房らしいゲスト、カンパチも。そのほか、ワラサなどの青物やアカハタ、サカゴなどの根魚もまじる。美味しい高級魚の五目釣りが楽しめるぞ!

この釣りでけっこう頻繁に姿を見せるアカヤガラ。これも美味しい魚だ

マハタでクーラー満タン! こんなこともあるんです!

マハタ仕掛けはハリス6~8号、伊勢尼12~13号の親・孫バリ仕掛けなど。オモリは水深や潮具合で60号と80号を使い分ける

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉港「千鯛丸」。

メインターゲットはマハタとヒラメ、いずれも高級魚で、両方を釣り上げれば超豪華な食卓になることは間違い無しだ。

他地区のヒラメ釣りでは横流しでポイントを広く探るのが主流だが、千倉沖では根の近辺の狭いポイントを狙って、道糸をまっすぐに立てながら船を流す。

ベイト反応を狙うので、多彩な魚種がまじることが特徴で、ヒラメとハタに加え青物やカサゴなどの根魚、さらには大型のヤガラなどがまじる五目釣りでもある。

一番人気のマハタはレギュラーサイズが1~2㎏、ときには5㎏オーバーの大物も食ってくる。また、根に着いているヒラメは良型が揃う。

取材当日は3㎏を含みマハタはトップで5匹、ヒラメは2.3㎏を含みトップ3枚の釣果。カンパチやアカハタなど南房らしいゲストもまじった。

今年はまだ水温が高く、まだまだ本調子ではないとのことだが、マハタの数は例年以上に出ている。

泳がせ釣りはシンプルな釣りだ。まめなタナの取り直しで根掛かりを避けることと、活イワシの上アゴに丁寧にハリを刺すことを心がければ、初めての人でも大物のマハタ、ヒラメを釣るのはそう難しくない。

12月は水温が下がって盛期に入る。メモリアルな1匹を釣るチャンス、早めの釣行をおすすめしたい。

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル