MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テクニカルな釣りで強烈な引きが楽しい剣崎沖のイシダイ五目(育丸)

テクニカルな釣りで強烈な引きが楽しい剣崎沖のイシダイ五目(育丸)

剣崎沖のイシダイ五目釣りが始まった。この釣りを金看板に掲げる剣崎間口港の「育丸」では、11月に入って本格的に狙い始め、いい日にはトップ10匹以上、全員坊主なしと好釣果を連発中だ。

perm_media 《画像ギャラリー》テクニカルな釣りで強烈な引きが楽しい剣崎沖のイシダイ五目(育丸)の画像をチェック! navigate_next

「釣って楽しい」だけでなく「食べて美味しい」も欠かせない!

ギューン! と激しい突っ込みを見せるイシダイ。この釣り味は大きな魅力だ

食いがいい日はバタバタ食ってトップ2ケタ釣果も珍しくない

良型イシダイゲットだ!

剣崎沖のイシダイ釣りが好シーズン。アタリを取って掛けアワせるテクニカルな釣りで、しかも引きが強くて超楽しい! 食べても美味しい高級魚。最高の沖釣りターゲットだ

サイズは0.5~1㎏前後中心に2㎏オーバーもまじる

別船に乗船した常連の秋山さんは、この日トップの13匹! エサ取りを上手くかわして本命のアタリを引きだし、しっかりアワせて掛けるテクニカル釣り。腕で差がつくから釣り人を熱くさせる

ゲストでメジナ。この日は出なかったがマダイもまじる。大型も出るぞ

群れが回ってくるとイナダも連発

ヒラソウダもまじった。コレも美味しい

良型カワハギも釣れた。コレがエサ取りのひとつだ

クーラーボックスはイシダイで満タンだ!

エサ取りが先に食うか、本命が先に食うかという釣りなので、エサ取りの量によってコマセの出し方を調整しよう

付けエサのチェックも頻繁に。手返しが大切だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「育丸」。

「今年もまずまずの釣果は出ていますが、例年に比べ少し遅れ気味ですね。ポイントもまだ半分以上手つかずの状態ですから、今シーズンは1月いっぱいくらいまで楽しめそうですよ」とは鈴木雄真船長。

沖釣りの人気ターゲットには「釣って楽しい」だけでなく、「食べて美味しい」も欠かせない二大要素だが、イシダイはまさにドンピシャ。

「この釣りは誘いと小さなアタリが取れるかどうかがキーポイント。アタリを取ってしっかりアワセて掛けに行かないと絶対釣れませんよ」という釣趣と、掛かったとたんにギュンギュン突っ込む引きの強さ、そして「刺身なら当日薄造りにしてポン酢で食べるのも旨いけど、5日くらい寝かせると旨味がぐーんとアップして最高だよ」の食味で、シーズン中は1~2ヶ月先まで予約が埋まるほどの人気だ。一度やればハマること請け合いだ。

「育丸」は2隻体制で仕立て専門で出船中。来春には新造船の就航も予定しているというから、今後ますます快適な釣りが楽しめそうだ。

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル