MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

アオリイカ釣りは、道具がシンプルで釣り方も簡単。ビギナーや女性でも手軽に楽しめる。シンプルなだけに極めれば奥深く、毎週のように通い詰めるベテランも多い。この釣りは、餌木の選択と正確なタナ取り。そして、一にも二にもシャクリである。

perm_media 《画像ギャラリー》餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)の画像をチェック! navigate_next

数釣りもあってキロオーバーもまじる! 強烈な引きも魅力的だ

波穏やかな海でじっくり狙える!

取材当日は女性陣が大活躍!

ロングロッドは釣趣抜群!

赤塚さんは、いきなり3連発でスタート!

初挑戦の水越さんもグッドサイズを手にした!

エキスパートは確実に乗せる!

ねばりシャクリの成果

嬉しい1杯

こちらも良型

思わずにっこり笑顔

シンプルで釣り方も簡単!

キロオーバーもまじっている!

当日のトップは9杯!

締めるには専用ピックやナイフで、胴体とゲソ(足)の境目を刺す

餌木は3.5~4号。茶系とピンク系は必須

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」。

船長の合図で餌木を投入したら、途中で餌木を変えずに回収の合図までシャクリ続けることがセオリー。

つねに餌木が水中にあることがヒット確率をアップさせるのだ。

そして、静と動の釣りである。水深や潮の流れを考えて餌木を「静」かに漂わせる。そして、ピシッとバシッとシャクリを入れて餌木に「動」きを与える。水深が浅い時は、1mのシャクリ幅、深い時は1.5mの大きい幅など、水中の餌木の動きをイメージすると釣りがさらに楽しくなる。シャクリ続けるため、粘り強さも必要だが、乗った時の衝撃が疲れを吹き飛ばしてくれる。

気になる餌木選びは、澄んだ潮に効果的な茶色系と濁り潮用にピンク系があれば相模湾は楽しめると船長は言う。

餌木選びに悩んだら、船宿で販売しているので相談して購入するといいだろう。そして、優しい中村友紀船長がとっておきの秘策をアドバイスしてくれる。乗った時のあの快感とイカとは思えない強烈な引きは癖になる!

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル