MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
片貝沖のヒラメ、開幕から好調。大型ヒットもある!【外房・片貝沖】

片貝沖のヒラメ、開幕から好調。大型ヒットもある!【外房・片貝沖】

九十九里浜の中央に位置する片貝地区では、8月1日から、一部の釣り場が解禁となって好スタートを切った。いい日には、トップで10枚を超える釣果も出ていて、今年も昨年のような期待ができそうだ。

10月には全面解禁となり狙えるポイントも拡大。数も型もさらに期待できるヒラメ釣りの最盛期を迎える

当日最大は、この5㎏オーバーだった!

9月にさらに部分解禁し、10月には全面解禁する片貝沖のヒラメ。今後がますます楽しみだ!

大物ヒット! 夏ビラメは元気一杯、引きが強い!!

取り込みはタモを使って確実に!

女性アングラーも良型ゲット!

「正一丸」の仕掛け。ハリスは6号、孫バリにはトレブルフックを使用 。

エサ付けはこのとおり。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

夏のシーズンは、キロ前後のヒラメが数釣れることからビギナーの入門にはうってつけ。だが、「大きいヒラメはたくさんいますよ」と話すのは、片貝旧港「正一丸」の海老原正船長。「正一丸」では、解禁初日から6㎏級が飛び出し、その後も4㎏、5㎏といった大型が取り込まれている。取材日には、5.3㎏が上がり、他にも6㎏級のタモ入れ寸前バラシもあったのだ。
毎年、秋へと向かうこれからの季節は、イワシの群れを追いかけて次々とヒラメが片貝冲に入ってくる。10月には全面解禁となって、狙えるポイントも拡大。数も型もさらに期待できる最盛期を迎える。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00
6月1日、関東エリアで先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うため、数釣りも簡単。大型まじりで、ヒラメ釣り入門にももってこいだ!
更新: 2019-06-23 12:00:00
シロギス釣りはビギナーでも簡単で手軽な釣りだが、数に差が出る奥の深い玄人好みの釣りでもある。相模湾でこれからポイントが浅くなり、数釣りが楽しめるようになる。初夏はお手軽なシロギス釣りがオススメだ!
更新: 2019-06-22 12:00:00
大物の聖地、銭洲がおもしろい! 4月に解禁したシマアジ五目好調からスタートし現在は例年通りカンパチが楽しめている。 昨シーズンのカンパチは絶好調だったことは記憶に新しいが、今期も同様の気配がしている。
更新: 2019-06-22 07:00:00
最新記事
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00
6月1日、関東エリアで先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うため、数釣りも簡単。大型まじりで、ヒラメ釣り入門にももってこいだ!
更新: 2019-06-23 12:00:00
相模湾のシイラが例年にないほどのロケットスタートを切っている。特大クラスはまだキャッチでできてないが、メーターオーバーはけっこう出ている。梅雨があければ期待は特大!早めの釣行がおすすめ!
更新: 2019-06-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読