MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
片貝沖のヒラメ、開幕から好調。大型ヒットもある!【外房・片貝沖】

片貝沖のヒラメ、開幕から好調。大型ヒットもある!【外房・片貝沖】

九十九里浜の中央に位置する片貝地区では、8月1日から、一部の釣り場が解禁となって好スタートを切った。いい日には、トップで10枚を超える釣果も出ていて、今年も昨年のような期待ができそうだ。

10月には全面解禁となり狙えるポイントも拡大。数も型もさらに期待できるヒラメ釣りの最盛期を迎える

当日最大は、この5㎏オーバーだった!

9月にさらに部分解禁し、10月には全面解禁する片貝沖のヒラメ。今後がますます楽しみだ!

大物ヒット! 夏ビラメは元気一杯、引きが強い!!

取り込みはタモを使って確実に!

女性アングラーも良型ゲット!

「正一丸」の仕掛け。ハリスは6号、孫バリにはトレブルフックを使用 。

エサ付けはこのとおり。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

夏のシーズンは、キロ前後のヒラメが数釣れることからビギナーの入門にはうってつけ。だが、「大きいヒラメはたくさんいますよ」と話すのは、片貝旧港「正一丸」の海老原正船長。「正一丸」では、解禁初日から6㎏級が飛び出し、その後も4㎏、5㎏といった大型が取り込まれている。取材日には、5.3㎏が上がり、他にも6㎏級のタモ入れ寸前バラシもあったのだ。
毎年、秋へと向かうこれからの季節は、イワシの群れを追いかけて次々とヒラメが片貝冲に入ってくる。10月には全面解禁となって、狙えるポイントも拡大。数も型もさらに期待できる最盛期を迎える。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00
最新記事
★動画★料理編「アジ釣り女子会」私を釣り~に連れてって!! 沖釣り専門誌「つり丸」と日本最古のスポーツ紙「日刊スポーツ」の共同企画!参加者を募集します(女子限定)。9月27日(金)出船!事前に太田屋さんに電話で予約を入れてくださいね。
更新: 2019-09-20 07:00:00
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00
細身軽量のパワーロッド登場!シマノ「バンディッド アオモノ」
更新: 2019-09-18 12:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
ハヤブサ60周年記念インスタフォトコンキャンペーン10月31日まで開催 参加者募集
更新: 2019-09-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読