MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
片貝沖のヒラメ、開幕から好調。大型ヒットもある!【外房・片貝沖】

片貝沖のヒラメ、開幕から好調。大型ヒットもある!【外房・片貝沖】

九十九里浜の中央に位置する片貝地区では、8月1日から、一部の釣り場が解禁となって好スタートを切った。いい日には、トップで10枚を超える釣果も出ていて、今年も昨年のような期待ができそうだ。

10月には全面解禁となり狙えるポイントも拡大。数も型もさらに期待できるヒラメ釣りの最盛期を迎える

当日最大は、この5㎏オーバーだった!

9月にさらに部分解禁し、10月には全面解禁する片貝沖のヒラメ。今後がますます楽しみだ!

大物ヒット! 夏ビラメは元気一杯、引きが強い!!

取り込みはタモを使って確実に!

女性アングラーも良型ゲット!

「正一丸」の仕掛け。ハリスは6号、孫バリにはトレブルフックを使用 。

エサ付けはこのとおり。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

夏のシーズンは、キロ前後のヒラメが数釣れることからビギナーの入門にはうってつけ。だが、「大きいヒラメはたくさんいますよ」と話すのは、片貝旧港「正一丸」の海老原正船長。「正一丸」では、解禁初日から6㎏級が飛び出し、その後も4㎏、5㎏といった大型が取り込まれている。取材日には、5.3㎏が上がり、他にも6㎏級のタモ入れ寸前バラシもあったのだ。
毎年、秋へと向かうこれからの季節は、イワシの群れを追いかけて次々とヒラメが片貝冲に入ってくる。10月には全面解禁となって、狙えるポイントも拡大。数も型もさらに期待できる最盛期を迎える。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
最新記事
ヤリイカで特に実績が高かった人気のスパイラル形状がリバイバル「МDスティックSPL 11S」ダイワ
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読