MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

浅場に良型タチウオ回遊中! ぜひとも挑戦をオススメします!

取材日は本牧沖、小柴沖、猿島沖などを中心に釣った

周囲の安全が確認できれば迷わず引き抜くのがレギュラーサイズの確実な取り込み法

ドーンッと出た132cm! 釣り人は国貞さん。のんびり派と思わせながら実は25本キャッチでトップ釣果も記録した

数を重ね、楽しんでいた女性アングラー

110㎝を超える見事なドラゴンサイズ!

満足サイズ、キャッチ成功!

船上の華たちがダブルヒット!

これも立派なドラゴンサイズ!

小学生アングラーも良型キャッチ! このサイズなら手ごたえも十分!?

ビッグワンは玉網ですくってもらうと安全だ

ドラゴン計測中!

メタルジグは100〜200gまで、タイプ、カラーは多彩に揃えておきたい

シーバスも定番ゲストのひとつ

ポロッと釣れたマゴチ。こんなゲストもあり

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「メタルジグは100gを使ってください。いい反応ですよ、ボトムから20mを広く探ってくださいね」

ひと流し目からヒットが続いた。サイズは指3本前後。小さすぎることもなく、特別大きくもなく。このサイズが2〜3人にバタバタっと釣れては沈黙。釣れては沈黙、という、まさに拾い釣りが続いた。

途中、時合タイムでは活気づいた場面もあったが基本的には拾い釣り。しかし、途切れることはなく、楽しめるペースとも言えた。しかも、これにドラゴンサイズがまじった。

「飲みながらのんびり、って感じでやってたら、ゴンッと来ました。着底してすぐだったのでサメかと思いましたよ」

とコメントしてくれたのは132㎝を仕留めた、世田谷区の国貞俊典さん。ほかに数本のドラゴンが登場。十分に楽しめた一日だった。

ポイントは変わる可能性あるが、今後も同様の釣りが楽しめるでしょう、とは田中船長。レギュラーサイズ上々! ドラゴンもあり! ぜひとも挑戦をおすすめします。

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル