MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)の画像をチェック! navigate_next

キャスティング&ジギングで狙え! ルアーゲームを思う存分楽しむ

「小峯丸」は人数限定の片舷乗合。それゆえ、オーバーヘッドキャスティングが可能だ

ストラクチャー狙いでもシーバスがヒット。「小峯丸」は片舷乗合なので常に全員がストラクチャーを攻められる

シーバスシーズン到来!

オープンエリアでのゲームは12月いっぱいが目安。それ以降は深場に入るので、ジギングがメインとなる

こちらもグッドサイズ! オープンエリアの平場でのジギングでキャッチ

丸々と太ってコンディションのよい70cmオーバーも登場!

95㎝、4㎏オーバーのサワラ。脂たっぷりで激ウマという。ぜひ釣りたい!

サゴシもヒットする。サワラに比べて脂が少ないので、小峯船長のおすすめの食べ方は酢で締めた「シメサワラ」。マジ絶品です!

サワラの必殺メソッドは「速巻き」。これに耐えられるルアーをセレクトしよう

小峯船長オススメのシーバスルアー。ジグは60〜80gを持参しよう

ベイトは5㎝程度のイワシやサッパ。80〜90㎜のヘビーシンキングミノーやシンキングペンシルを使う

広範囲を探りたいサワラ狙いはスピニングタックルがおすすめ。シーバスタックルの延長でOKだ

︎シーバスはベイトタックルが有利。つまり、「小峯丸」に乗船の際はスピニングとベイトの両方が必要なのだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

「小峯丸」は、人数限定の片舷乗合というシステムを採用している。一般的に乗合船は左右両舷に釣り人を乗せるが、そうなるとストラクチャーを狙うシーバスゲームなどの場合は片方の舷の人しかオイシイスポットを攻められないという状況に陥る。それがこの片舷乗合であれば、文字通り片方の舷にしか釣り人を乗せないので、全員が常にオイシイスポットを攻められるというわけだ。

このシステムの恩恵は他にもある。今回のようなオープンエリアのドテラ流しの場合も全員がキャスティングで釣ることができ、さらにはオーバーヘッドキャストが可能なのだ。

「サワラはそろそろシーズン終盤ですが、魚がいる限りは狙っていきます。シーバスはこれからがベストシーズンですので、ぜひ遊びに来てください!」とは、「小峯丸」小峯翔太船長。

ストレスなく思いっきりサワラやシーバスのルアーゲームを楽しみたいというアングラーは、ぜひ「小峯丸」を訪れていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル