MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カットウ&食わせで狙う! 浅場で激うまヒガンフグ(まつしん丸)

カットウ&食わせで狙う! 浅場で激うまヒガンフグ(まつしん丸)

伊勢湾口に位置する伊良湖岬。そのすぐ沖の浅場でフグ釣りが好調だ。釣り方は、アオヤギエサのカットウ釣り、または、カワハギ仕掛けでウタセエビエサの食わせ釣りの二通り。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

岩礁周りだから根掛かり注意! テクニックで釣果の差が出ることも…

伊良湖沖は、多少西風が吹いても海は凪ぎ。出船率は高い

ポイントの水深は10m前後の浅場だ

これがこれからの本命、ヒガンフグ。良型が釣れる

小型のショウサイフグやコモンフグが多かったが、食わせ釣りやカットウ釣りで数釣りできた

この1匹がうれしいヒガンフグ。良型狙いは、カットウ仕掛けで

小型は数を狙おう!

女性アングラーでもこの通り

森さんは見事な腕前で釣果を伸ばした!

三ツ石さんは、ベテランのテクニックを披露。おいしいナマコもキャッチ

ヒガンフグのシーズンはこれからです

いつもタコが釣れます!

カットウのオモリは30号。エサはアオヤギだ

下船後、ザルに入れたフグは順番に捌いて棒身にしてくれる

捌かれたフグはこのように袋に詰めてもらえる

今回、取材にご協力いただいたのは、愛知・知多半島・片名「まつしん丸」。

当日は、本命ともいえる良型のヒガンフグは少なかったが、ショウサイフグやコモンフグが小ぶりながらも数釣りでき、澄み切った冬空の下、テクニカルな釣りを全員が満喫していた。

「フグは近年周年狙えるターゲットとして、伊勢湾口でも大人気です。なんといってもその食味のよさが魅力でしょう。これからは、神島沖の水深25m前後の深場で良型のヒガンフグが狙えます。1月半ばから2月がシーズンですからぜひ狙ってみてください!」とは、知多半島・片名港「まつしん丸」の尾崎圭太船長。

下船後はフグ処理師の資格をもったスタッフがきちんとフグを捌いて棒身にしてくれるので安心だ。

「まつしん丸」は、旅館も併営している。もちろん、宿泊と釣りがセットになったお得な釣りパックもあるので、ぜひ、泊まりがけの釣行もオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル