MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カットウ&食わせで狙う! 浅場で激うまヒガンフグ(まつしん丸)

カットウ&食わせで狙う! 浅場で激うまヒガンフグ(まつしん丸)

伊勢湾口に位置する伊良湖岬。そのすぐ沖の浅場でフグ釣りが好調だ。釣り方は、アオヤギエサのカットウ釣り、または、カワハギ仕掛けでウタセエビエサの食わせ釣りの二通り。

岩礁周りだから根掛かり注意! テクニックで釣果の差が出ることも…

伊良湖沖は、多少西風が吹いても海は凪ぎ。出船率は高い

ポイントの水深は10m前後の浅場だ

これがこれからの本命、ヒガンフグ。良型が釣れる

小型のショウサイフグやコモンフグが多かったが、食わせ釣りやカットウ釣りで数釣りできた

この1匹がうれしいヒガンフグ。良型狙いは、カットウ仕掛けで

小型は数を狙おう!

女性アングラーでもこの通り

森さんは見事な腕前で釣果を伸ばした!

三ツ石さんは、ベテランのテクニックを披露。おいしいナマコもキャッチ

ヒガンフグのシーズンはこれからです

いつもタコが釣れます!

カットウのオモリは30号。エサはアオヤギだ

下船後、ザルに入れたフグは順番に捌いて棒身にしてくれる

捌かれたフグはこのように袋に詰めてもらえる

今回、取材にご協力いただいたのは、愛知・知多半島・片名「まつしん丸」。

当日は、本命ともいえる良型のヒガンフグは少なかったが、ショウサイフグやコモンフグが小ぶりながらも数釣りでき、澄み切った冬空の下、テクニカルな釣りを全員が満喫していた。

「フグは近年周年狙えるターゲットとして、伊勢湾口でも大人気です。なんといってもその食味のよさが魅力でしょう。これからは、神島沖の水深25m前後の深場で良型のヒガンフグが狙えます。1月半ばから2月がシーズンですからぜひ狙ってみてください!」とは、知多半島・片名港「まつしん丸」の尾崎圭太船長。

下船後はフグ処理師の資格をもったスタッフがきちんとフグを捌いて棒身にしてくれるので安心だ。

「まつしん丸」は、旅館も併営している。もちろん、宿泊と釣りがセットになったお得な釣りパックもあるので、ぜひ、泊まりがけの釣行もオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読