MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沖釣りの王道、一つテンヤマダイの自己記録更新を目指す(第五悌栄丸)

沖釣りの王道、一つテンヤマダイの自己記録更新を目指す(第五悌栄丸)

鹿島新港「第五悌栄丸」の釣果では、12月26日に4㎏、12月14日には6.2㎏と4.1㎏が飛び出すなど、大ダイラッシュを記録。「型を狙うには、これからがちょうどいい時期になるね」とは久保治彦船長談。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

型が期待できる時期だけど数も期待できる! チャンスを逃すな!

ポイントは鹿島沖の水深35〜45mぐらい

アタリが多く楽しめる!

本命マダイが顔を出した

このサイズは数が出る!

食べごろサイズのマダイゲット!

嬉しい一匹

初釣りがまだの人にもオススメだ!

一つテンヤマダイの入門にうってつけ

良型は12月〜2月が良く釣れる

こちらはグッドサイズのハナダイ!

まじりのハナダイは良型、大型が多い

ハナダイも型がいい

マダコもヒット!

久保聡志・若船長のエサ付け。テンヤまたはカブラの推奨カラーはオレンジ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「第五悌栄丸」。

取材日は潮流に恵まれず、サイズ的には船長を悔しがらせる結果となってしまった。それでもその数は14名で船中40枚オーバーだった。これに良型ハナダイの数を加えると、60枚に達したほどの釣れっぷりだった。

また、そのゲストにはショウサイフグやビール瓶サイズのアイナメ、カサゴなど。取材日にはマダコも登場した。この日は顔を見せなかったが、ヒラメがまじることも珍しくはないという。これらのゲストを見ても、鹿島沖ならではといったところだ。

30分程度の航程とこの魚影の濃さは、一つテンヤマダイ入門にもうってつけだが、ベテラン釣り師にとっても自己記録更新の大チャンスだ。

さあ、沖釣りの王道マダイの自己記録を更新して、今年一年の釣運にさらに弾みを付けよう!

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル