MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
荒食い間近!70cmアップランカーも…シーバスジギング(つり幸)

荒食い間近!70cmアップランカーも…シーバスジギング(つり幸)

「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。

テクニカルな面白みもありつつ、安定感のある釣りも魅力だ!

羽田空港近くのポイントを攻める

風の塔周りは、シーバスの一級ポイント

アクアラインなどの人工構築物周りは、シーバスの絶好ポイント

ジギングのメインタックルはベイトだが、スピニングタックルも使える

入れ食い時は、バンバン抜きあげよう。そして、リリースするなら丁寧にしよう

まずは一本!

思わずにんまり…

フッコサイズがメインになるが、沖に群れている個体は沖から入ってきたフレッシュな魚なので、食べておいしい

ビギナー入門OKだ!

少し小ぶりだが貴重な一本だ!

セイゴも多いがこれにまじり良型もヒットしている

腕の差が出る釣りだ

ジギングメインのゲーム展開なので、ジグを各種、バイブレーションなども用意しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」。

数あるオフショアルアーゲームのなかで、東京湾のシーバスゲームはヒット率が高い、安定感のある釣りと位置付けられている。以前は釣れ過ぎて飽きる、誰にでも釣れるからつまらない、などという評価もあった釣りだ。しかし、近年では確実に腕の差が出る釣りとなっており、そこがまたテクニカルな面白みを増している。とはいえ、バリバリ釣れることもある。昨年末でも半日で80本超! という釣果も記録されてはいるほどだ。

今回の同船取材では、基本的にシーバスのご機嫌は斜め。小型はポロポロとヒットするものの、サイズが伸びない。ジギングゲーム中心に湾内のあちらこちらを走り、一本一本をひねり出すような内容となった。

最大クラスは70㎝の大台には届かなかったものの、なんとか60㎝台半ばまでは達成。バラシが多発したが、数も、一日を通してはそこそこに楽しめた結果に落ち着いた。

大型の魚は産卵行動に入っているのでは? と村山船長。1月の中旬になれば、産卵を終えた大型が口を使い出す時期。群れもまとまりやすくなる、という。積極的な挑戦をおすすめする!

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読