MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬のタチウオゲームはパターンを掴んで釣果を伸ばす(太田屋)

冬のタチウオゲームはパターンを掴んで釣果を伸ばす(太田屋)

東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。

フォールでアタるのか、巻き上げでアタるのか…コツはさまざま

ポイントは走水~観音崎沖の水深70~80m。バッチリ反応が出ているだけあって、大船団ができていた

ズン! と来る重量感が最高だ

当日は、ジグのカラーについてはそれほど偏った釣果はなかった。ジグの形状はテイル重心でシルエットが小さめで、速くフォールするタイプのジグによくヒットしていた

ビッグサイズのタチウオゲットだ!

取り込みはロッドの反発力で抜き上げる人が多いが、大型の場合はリーダーを掴んで抜きあげるのがベター。ジグが外れても危険が少なく、ロッド破損の可能性も低くなる

アベレージサイズだ!

女性アングラーもメーター級をキャッチ!

この日の最大は見事な114㎝!

素早く抜き上げる

写真は良・大型だけを選んで撮影したのではなく、そのサイズだけを選んで掲載したのでもない。みんなこのサイズ。

この時期のタチウオは脂たっぷり

コツをみつければ簡単に釣れるぞ

「15mゆっくり上げてきて、フォールさせた瞬間にアタりました」とは常連さん

嬉しい一本です

ジグのウエイトは100~150gを用意しよう。カラーはピンク、ブルー、赤金、ムラサキは必携。PEラインは必ず1.5号以下を使おう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

「半日で10本ぐらい釣れてくれればいいですけど、でもこのサイズなら5本も釣ればお土産は十分です。それに、味も最高にいいんですよ」と「太田屋」佐野一也船長が言うように、この時期のタチウオは脂がたっぷりと乗って非常においしいのが特徴だ。

ちなみに、この日編集タキが釣ったタチウオも脂たっぷりで、刺身よりは炙りにして皮を少し焼いたほうが芳ばしく、脂が出て甘みも増し、最高においしかった。ぜひお試しを!

そんなメチャクチャおいしいタチウオなのだから、ぜひともたくさん釣りたいもの。そこで、佐野船長に釣り方のコツを聞いてみると

「フォールでアタるのか、巻き上げでアタるのか。フォールも速いフォールなのか、ゆっくりめに落としたほうがいいのか、というように探るべきパターンはたくさんあります。それをいち早く見つけるのがコツです」

このパターンをみつけるのもタチウオゲームの楽しみのひとつ。これがかなり熱くなる。寒い今こそ、熱いゲームを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読