MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬のタチウオゲームはパターンを掴んで釣果を伸ばす(太田屋)

冬のタチウオゲームはパターンを掴んで釣果を伸ばす(太田屋)

東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。

フォールでアタるのか、巻き上げでアタるのか…コツはさまざま

ポイントは走水~観音崎沖の水深70~80m。バッチリ反応が出ているだけあって、大船団ができていた

ズン! と来る重量感が最高だ

当日は、ジグのカラーについてはそれほど偏った釣果はなかった。ジグの形状はテイル重心でシルエットが小さめで、速くフォールするタイプのジグによくヒットしていた

ビッグサイズのタチウオゲットだ!

取り込みはロッドの反発力で抜き上げる人が多いが、大型の場合はリーダーを掴んで抜きあげるのがベター。ジグが外れても危険が少なく、ロッド破損の可能性も低くなる

アベレージサイズだ!

女性アングラーもメーター級をキャッチ!

この日の最大は見事な114㎝!

素早く抜き上げる

写真は良・大型だけを選んで撮影したのではなく、そのサイズだけを選んで掲載したのでもない。みんなこのサイズ。

この時期のタチウオは脂たっぷり

コツをみつければ簡単に釣れるぞ

「15mゆっくり上げてきて、フォールさせた瞬間にアタりました」とは常連さん

嬉しい一本です

ジグのウエイトは100~150gを用意しよう。カラーはピンク、ブルー、赤金、ムラサキは必携。PEラインは必ず1.5号以下を使おう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

「半日で10本ぐらい釣れてくれればいいですけど、でもこのサイズなら5本も釣ればお土産は十分です。それに、味も最高にいいんですよ」と「太田屋」佐野一也船長が言うように、この時期のタチウオは脂がたっぷりと乗って非常においしいのが特徴だ。

ちなみに、この日編集タキが釣ったタチウオも脂たっぷりで、刺身よりは炙りにして皮を少し焼いたほうが芳ばしく、脂が出て甘みも増し、最高においしかった。ぜひお試しを!

そんなメチャクチャおいしいタチウオなのだから、ぜひともたくさん釣りたいもの。そこで、佐野船長に釣り方のコツを聞いてみると

「フォールでアタるのか、巻き上げでアタるのか。フォールも速いフォールなのか、ゆっくりめに落としたほうがいいのか、というように探るべきパターンはたくさんあります。それをいち早く見つけるのがコツです」

このパターンをみつけるのもタチウオゲームの楽しみのひとつ。これがかなり熱くなる。寒い今こそ、熱いゲームを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2014年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
公開: 2019-01-14 22:00:00
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
公開: 2019-01-11 22:00:00
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
公開: 2019-01-09 22:00:00
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
公開: 2019-01-08 03:00:00
シンプルなライトタックルで、極端なことを言ってしまえば「落として巻くだけ」でマダイをはじめ根魚や青物など多彩な魚が釣れ、しかも老若男女誰でも手軽にゲーム性の高い釣りが楽しめると人気が高い「タイラバ」。
公開: 2019-01-07 03:00:00
エビエサに替わる究極のエビ系ソフトルアーシリーズに2つの追加カラー登場! 「パールシラス(夜光)」「赤エビ」!
公開: 2019-01-19 04:00:00
仕掛けはL‌Tマダイ用のテンビンにビシ40号、1.5~2㎜のクッションゴムを1‌mつける。ビシはプラビシ、アンドン、ステン缶など。ロッド、リール、キーパーほか、テンビン、ビシまで無料でレンタル可能
公開: 2019-01-19 03:00:00
布良沖は南房を代表する中深場ポイント、布良瀬。海図をみれば、一目瞭然。起伏どころか海溝もあり、根魚が潜むには好都合の海域なのだ。そんな布良瀬をホームグラウンドにしているのが、布良港「仁平丸」だ。
公開: 2019-01-18 22:00:00
とても暖かい船用ラジアル防寒デッキブーツ!
公開: 2019-01-18 04:00:00
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
公開: 2019-01-18 03:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読