MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年はイイよ! 駿河湾にカツオ&キメジ回遊【駿河湾】

今年はイイよ! 駿河湾にカツオ&キメジ回遊【駿河湾】

昨年不調に泣いた駿河湾のカツオが、今年はシーズン本格開幕から好調に釣れている。これは見過ごすわけには行きません。だから行きましょう、駿河湾へ。

今後は大型キハダ&夜タチウオにも期待!

通常のジグやプラグの他に、今年は必ずエビングセットも持参しておこう。コマセ船団の中を攻めるときはかなりの威力を発揮する。

今年の駿河湾カツオのアベレージは3~4㎏。いいサイズでしょ!

キメジもカツオの群れにまじっている。サイズは5~7㎏が多い。

もちろんシイラも好ターゲット。大型も期待できる!

おすすめのロッドは「ポセイドン」シリーズだ。

カツオは小型ジグで狙うことが多い。大型キハダに備え、大型プラグの準備もお忘れなく!

本来なら開幕当初はルアー有利でエサへの反応はあまりよくないのだが、今年はいきなりエサに食ってきた。そうなると、正直ルアーでの攻略はちょっと難しい。だが、そこがおもしろいところ。キャスティング、ジギング、そしてエビングと、手を替え品を替え攻略するのだ。
取材当日も、ジグへの反応が悪かったのでエビングで攻略すると、たちまちヒットの連続! 後半は散発ながらボイルも見られ、プラグをキャストすると良型キメジがヒットしてきた。
8月下旬現在、駿河湾にカツオの新群れが回遊して来たとの情報も入った。そういったときはとくにルアーはチャンス大! 高活性にルアーを追うことが多いのだ。さらに、駿河湾には20~30㎏のキハダも回遊中!! プラグキャスティングでキャッチした船もあるので、そちらのタックルもお忘れなく!
同時に、これからは夜タチウオもシーズンへ突入する。昼も夜も楽しめる駿河湾から目が離せない!!

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
秋は数釣り可能でタイラバ入門には絶好の季節!秋の東京湾タイラバゲームの基本をおさらいする。★釣行レポートは天候不良で急遽、変更になった湾奥のキャスティングゲームを紹介!
沼津沖のタチウオ釣りがアツい!当日は、チャーター船でいま流行りのテンヤ釣りとジギングのみで釣行!ジグに入れ食い!テンヤにドラゴン!沼津沖はこれからが最盛期だ!
東京湾・観音崎沖でテンヤ&タイラバマダイが絶好調!金沢八景「弁天屋」では船中50枚、多いときには80枚も釣れたという。今回は他エリアと少し異なるテンヤ釣りを中心に紹介する。
最新記事
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル