MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年はイイよ! 駿河湾にカツオ&キメジ回遊【駿河湾】

今年はイイよ! 駿河湾にカツオ&キメジ回遊【駿河湾】

昨年不調に泣いた駿河湾のカツオが、今年はシーズン本格開幕から好調に釣れている。これは見過ごすわけには行きません。だから行きましょう、駿河湾へ。

今後は大型キハダ&夜タチウオにも期待!

通常のジグやプラグの他に、今年は必ずエビングセットも持参しておこう。コマセ船団の中を攻めるときはかなりの威力を発揮する。

今年の駿河湾カツオのアベレージは3~4㎏。いいサイズでしょ!

キメジもカツオの群れにまじっている。サイズは5~7㎏が多い。

もちろんシイラも好ターゲット。大型も期待できる!

おすすめのロッドは「ポセイドン」シリーズだ。

カツオは小型ジグで狙うことが多い。大型キハダに備え、大型プラグの準備もお忘れなく!

本来なら開幕当初はルアー有利でエサへの反応はあまりよくないのだが、今年はいきなりエサに食ってきた。そうなると、正直ルアーでの攻略はちょっと難しい。だが、そこがおもしろいところ。キャスティング、ジギング、そしてエビングと、手を替え品を替え攻略するのだ。
取材当日も、ジグへの反応が悪かったのでエビングで攻略すると、たちまちヒットの連続! 後半は散発ながらボイルも見られ、プラグをキャストすると良型キメジがヒットしてきた。
8月下旬現在、駿河湾にカツオの新群れが回遊して来たとの情報も入った。そういったときはとくにルアーはチャンス大! 高活性にルアーを追うことが多いのだ。さらに、駿河湾には20~30㎏のキハダも回遊中!! プラグキャスティングでキャッチした船もあるので、そちらのタックルもお忘れなく!
同時に、これからは夜タチウオもシーズンへ突入する。昼も夜も楽しめる駿河湾から目が離せない!!

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
最新記事
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読