MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年はイイよ! 駿河湾にカツオ&キメジ回遊【駿河湾】

今年はイイよ! 駿河湾にカツオ&キメジ回遊【駿河湾】

昨年不調に泣いた駿河湾のカツオが、今年はシーズン本格開幕から好調に釣れている。これは見過ごすわけには行きません。だから行きましょう、駿河湾へ。

perm_media 《画像ギャラリー》今年はイイよ! 駿河湾にカツオ&キメジ回遊【駿河湾】の画像をチェック! navigate_next

今後は大型キハダ&夜タチウオにも期待!

通常のジグやプラグの他に、今年は必ずエビングセットも持参しておこう。コマセ船団の中を攻めるときはかなりの威力を発揮する。

今年の駿河湾カツオのアベレージは3~4㎏。いいサイズでしょ!

キメジもカツオの群れにまじっている。サイズは5~7㎏が多い。

もちろんシイラも好ターゲット。大型も期待できる!

おすすめのロッドは「ポセイドン」シリーズだ。

カツオは小型ジグで狙うことが多い。大型キハダに備え、大型プラグの準備もお忘れなく!

本来なら開幕当初はルアー有利でエサへの反応はあまりよくないのだが、今年はいきなりエサに食ってきた。そうなると、正直ルアーでの攻略はちょっと難しい。だが、そこがおもしろいところ。キャスティング、ジギング、そしてエビングと、手を替え品を替え攻略するのだ。
取材当日も、ジグへの反応が悪かったのでエビングで攻略すると、たちまちヒットの連続! 後半は散発ながらボイルも見られ、プラグをキャストすると良型キメジがヒットしてきた。
8月下旬現在、駿河湾にカツオの新群れが回遊して来たとの情報も入った。そういったときはとくにルアーはチャンス大! 高活性にルアーを追うことが多いのだ。さらに、駿河湾には20~30㎏のキハダも回遊中!! プラグキャスティングでキャッチした船もあるので、そちらのタックルもお忘れなく!
同時に、これからは夜タチウオもシーズンへ突入する。昼も夜も楽しめる駿河湾から目が離せない!!

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
キハダや青物に実績のあるリアルオキアミに新色登場「リアルオキアミ(キハダ・青物)」ホワイト
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル