MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アクティブに誘いを入れて釣ろう! ヒット連発の大型ヒラメ(義心丸)

アクティブに誘いを入れて釣ろう! ヒット連発の大型ヒラメ(義心丸)

「ようやく本格的な冬の鹿島沖になってきた感じ。シーズン当初はヒラメが溜まる根周り、磯のカケアガリ、砂利場などでの数釣りだったけど、最近はイワシの回遊狙いで大型が釣れる」と「義心丸」の大森誠船長の声。

perm_media 《画像ギャラリー》アクティブに誘いを入れて釣ろう! ヒット連発の大型ヒラメ(義心丸)の画像をチェック! navigate_next

イワシを目立たせ、広範囲にアピールする大きな聞き上げも効果的

アタリは活発! 横流しで釣るので、どの釣り座でもチャンスあり

激烈ファイトを楽しむならイマ!

熱釣ドクター・近藤惣一郎先生は、ライトタックル・NEWリーディング64で見事、大型をゲット!「感度はもちろん、活きイワシを弱らせないためにも穂先の柔らかいライトタックルは有利ですよ」

この日は前半、実績あるポイントで数を稼ぎ、後半から肉厚でプロポーション抜群のイワシに着いたヒラメ(右)を攻めた

これぞ鹿島沖の真骨頂!

タモ入れは頭からネットイン。暴れるので救う人と呼吸を合わせて行おう! 「引き味はもちろん、この時期のヒラメは肉厚で味も格別ですよ」と近藤先生もニッコリ

生きイワシで狙った

嬉しい一枚!

ロッドは、バットパワーがある6対4調子をオススメ。リールは中型電動、または両軸リール。道糸PE3号が標準になるが、ライトもOK

6号通しの仕掛けの他、8号も用意して大型に備えよう。なおオモリは80号を使用

エサの生きイワシをすくうザルやネットがあると痛まない

エサ付けは、上アゴからハナの固い部分に親バリを抜く。そして背ビレの際に孫バリを刺すと外れにくい

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「義心丸」。

当地は、水温の低下に伴い、イワシが水深20m前後の沿岸筋を回遊する。そのイワシを追い掛け、捕食しながらヒラメも移動。それを狙うので、釣れるサイズがデカくなるのだ。

例年ならもっと早くイワシが入ってくるが、今期は少々遅れ気味だったという。

「良型の3㎏前後がアベレージだけど、5㎏を超えるモンスタークラスもワンサカいるからね。仕掛けはワンクラス上げた8号をオススメすると同時に、孫バリも伸ばされにくい1本バリ仕様で、しっかり掛けて取り込んで欲しいよね」。

釣り方は、通常のオモリが底を叩く位置で待つスタイルでも良いが、よりイワシを目立たせ、広範囲にアピールする大きな聞き上げも効果的だと船長が教えてくれた。

大型は、そのファイトも圧巻。ギュンギュンロッドを締め込むのでドラグ調整もしっかり行っておくこと。

寒さが厳しい季節も、1枚釣れば気分も体もポッカポカ。エキサイティングでホットなヒラメ釣りに出掛けよう。

以上の記事は「つり丸」2015年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル