MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾羽田沖にメバルの稚魚1万3000匹を放流!

東京湾羽田沖にメバルの稚魚1万3000匹を放流!

11月6日(火)、「羽田沖浅場稚魚放流事業」(主催:東京湾遊漁船業協同組合)が東京湾羽田沖浅場海域で行われた。

今回は愛知県産の体長8cm程度のメバル1万3000匹(うち標識タグ付きが2500匹)を放流。

校外学習の一環として、大田区立開桜小学校の4年生116人と引率の先生5人もこの事業に参加。

組合員からメバルや放流についての説明を受け、メバルのタグ打ち作業、水槽内の稚魚観察などを

行い、その後3船に放流魚を積み込み羽田沖に向かった。

10時ごろに羽田沖に到着し、合図を受け一斉にメバルの稚魚を放流した。

関連するキーワード
関連記事
日本釣振興会では、2月8日(金)までライフジャケット寄贈先を募集しています。
更新: 2019-01-29 13:00:00
2月3日に神奈川県金沢八景「新健丸」で開催されている「つり初めて親子のための イシモチ船釣り入門教室in新健丸」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-25 13:00:00
2019年3月7日~10日に横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2019」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-22 04:00:00
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
更新: 2019-01-16 02:02:23
1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-16 01:58:02
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読