MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾羽田沖にメバルの稚魚1万3000匹を放流!

東京湾羽田沖にメバルの稚魚1万3000匹を放流!

11月6日(火)、「羽田沖浅場稚魚放流事業」(主催:東京湾遊漁船業協同組合)が東京湾羽田沖浅場海域で行われた。

目次

今回は愛知県産の体長8cm程度のメバル1万3000匹(うち標識タグ付きが2500匹)を放流。

校外学習の一環として、大田区立開桜小学校の4年生116人と引率の先生5人もこの事業に参加。

組合員からメバルや放流についての説明を受け、メバルのタグ打ち作業、水槽内の稚魚観察などを

行い、その後3船に放流魚を積み込み羽田沖に向かった。

10時ごろに羽田沖に到着し、合図を受け一斉にメバルの稚魚を放流した。

関連するキーワード
関連記事
日本釣振興会では、2月8日(金)までライフジャケット寄贈先を募集しています。
更新: 2019-01-29 13:00:00
2月3日に神奈川県金沢八景「新健丸」で開催されている「つり初めて親子のための イシモチ船釣り入門教室in新健丸」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-25 13:00:00
2019年3月7日~10日に横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2019」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-22 04:00:00
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
更新: 2019-01-16 02:02:23
1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。
更新: 2019-01-16 01:58:02
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読