MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ターゲットはサワラ・ブリ・ワラサ! 真冬のルアーゲーム(鴨下丸)

ターゲットはサワラ・ブリ・ワラサ! 真冬のルアーゲーム(鴨下丸)

ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

東京湾の青物タックル。キャスティングタックル必携。フックの工夫も忘れずに

「鴨下丸」の青物ルアーゲームで使用するタックルは、ジギングとキャスティングの2種類。

「サワラ狙いの場合はキャスティングタックルは必携です」

跳ねやボイルが見られれば、キャスティングのほうがジギングよりはるかにヒットの確率が高いからだ。
ジギングタックルは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。メタルジグは100〜120gを用意。

キャスティングタックルは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。ルアーは11㎝前後の小型のフローティングペンシルやシンキングペンシルを使用する。

そして忘れてはならないのは、ジギングの場合はフックシステムの工夫。鋭いサワラの歯対策だ。

その例としては、アシストフックのアシストラインを金属製にしたり、金属製でなければ保険としてツインにしたり、テイルにもフックをつけたり、テイルだけにしたり、など。ただ、くれぐれもワイヤーリーダーは使わないようにしたい。極端に食いが落ちるからだ。

「それでもサワラは運ですね(笑)。いい日に当たるのも運。掛かって取れるのも運。サワラはヒットしたうちの半分取れれば御の字です」

とはいえ、貴重な休日を使って釣りに行くのだから、せっかくならほんの少しでも確率のいい日を選んで行きたい、というのが釣り人の心情。そこをなんとかこっそり教えてもらえないかと頼んでみると…

「潮回りはあまり関係ありませんね。ただ、釣れた! という日から2〜3日は続く傾向にあります」とのこと! でも、もちろんこれも確実ではありませんのであしからず…。

東京湾 青物ジギング&キャスティング釣行レポート

船内は広々としていて快適だ

明らかにサバでもなく、そしてサワラでもない引き。上がって来たのは…

タモで捕獲!

サバの反応を狙い、サバを我慢して釣っていると…ドスン! とヒット!! 少し痩せてはいるが、ブリと言っていいだろう。「鴨下丸」の青物ルアーゲームでは、こんなにも素晴らしい魚がターゲットだ

「さっきのよりは小さい…」と言っていたが、3㎏級の立派な魚だ

またまた同じアングラーに! 今度はワラサ!

そしてさらにもう一本追加! 一人舞台でした!

夕方、帰港途中にイナダのナブラに遭遇! 翌日はなんとサワラのナブラに遭遇! 港に着くまで気が抜けない!

タックルは必ずジギングとキャスティングの両方を持参しよう

キャスティングのスキッピングメソッドといえば、この「ギグ」。サワラにもワラサ(イナダ)にも最強ルアーだ

ジグは100〜120gがメインとなる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

東京湾のルアーゲームはこの時期、シーバスやタチウオのジギングが主体となる。そんななかにあっって、周年青物にこだわって出船を続ける船宿がある。磯子八幡橋「鴨下丸」だ。

冬から春にかけてのメインターゲットはサワラ。

「例年2月がピークです。今シーズンは12月中旬に船中180本以上、一人で30本以上キャッチした人もいましたが、また爆発する可能性は十分にあります。例年、こんな日は2月頃にあるんです」とは、荻原敏広船長。

ただ、サワラはとにかく神出鬼没。釣れた! とその翌日に釣行しても、釣れるとは限らない。もちろん、その逆もある。とにかく行ってみるまで分からない。“運”なのだ。

それでも今期は、例年ならもうシーズンが終わっているというブリやワラサが未だ好調。東京湾内でブリが狙って釣れるというのは、本当に貴重。こちらもかなり魅力的。さあ、今スグ東京湾へ! サワラやブリが貴方を待っている! かもしれませんよ。

以上の記事は「つり丸」2015年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル