MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ターゲットはサワラ・ブリ・ワラサ! 真冬のルアーゲーム(鴨下丸)

ターゲットはサワラ・ブリ・ワラサ! 真冬のルアーゲーム(鴨下丸)

ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。

東京湾の青物タックル。キャスティングタックル必携。フックの工夫も忘れずに

「鴨下丸」の青物ルアーゲームで使用するタックルは、ジギングとキャスティングの2種類。

「サワラ狙いの場合はキャスティングタックルは必携です」

跳ねやボイルが見られれば、キャスティングのほうがジギングよりはるかにヒットの確率が高いからだ。
ジギングタックルは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。メタルジグは100〜120gを用意。

キャスティングタックルは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。ルアーは11㎝前後の小型のフローティングペンシルやシンキングペンシルを使用する。

そして忘れてはならないのは、ジギングの場合はフックシステムの工夫。鋭いサワラの歯対策だ。

その例としては、アシストフックのアシストラインを金属製にしたり、金属製でなければ保険としてツインにしたり、テイルにもフックをつけたり、テイルだけにしたり、など。ただ、くれぐれもワイヤーリーダーは使わないようにしたい。極端に食いが落ちるからだ。

「それでもサワラは運ですね(笑)。いい日に当たるのも運。掛かって取れるのも運。サワラはヒットしたうちの半分取れれば御の字です」

とはいえ、貴重な休日を使って釣りに行くのだから、せっかくならほんの少しでも確率のいい日を選んで行きたい、というのが釣り人の心情。そこをなんとかこっそり教えてもらえないかと頼んでみると…

「潮回りはあまり関係ありませんね。ただ、釣れた! という日から2〜3日は続く傾向にあります」とのこと! でも、もちろんこれも確実ではありませんのであしからず…。

東京湾 青物ジギング&キャスティング釣行レポート

船内は広々としていて快適だ

明らかにサバでもなく、そしてサワラでもない引き。上がって来たのは…

タモで捕獲!

サバの反応を狙い、サバを我慢して釣っていると…ドスン! とヒット!! 少し痩せてはいるが、ブリと言っていいだろう。「鴨下丸」の青物ルアーゲームでは、こんなにも素晴らしい魚がターゲットだ

「さっきのよりは小さい…」と言っていたが、3㎏級の立派な魚だ

またまた同じアングラーに! 今度はワラサ!

そしてさらにもう一本追加! 一人舞台でした!

夕方、帰港途中にイナダのナブラに遭遇! 翌日はなんとサワラのナブラに遭遇! 港に着くまで気が抜けない!

タックルは必ずジギングとキャスティングの両方を持参しよう

キャスティングのスキッピングメソッドといえば、この「ギグ」。サワラにもワラサ(イナダ)にも最強ルアーだ

ジグは100〜120gがメインとなる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

東京湾のルアーゲームはこの時期、シーバスやタチウオのジギングが主体となる。そんななかにあっって、周年青物にこだわって出船を続ける船宿がある。磯子八幡橋「鴨下丸」だ。

冬から春にかけてのメインターゲットはサワラ。

「例年2月がピークです。今シーズンは12月中旬に船中180本以上、一人で30本以上キャッチした人もいましたが、また爆発する可能性は十分にあります。例年、こんな日は2月頃にあるんです」とは、荻原敏広船長。

ただ、サワラはとにかく神出鬼没。釣れた! とその翌日に釣行しても、釣れるとは限らない。もちろん、その逆もある。とにかく行ってみるまで分からない。“運”なのだ。

それでも今期は、例年ならもうシーズンが終わっているというブリやワラサが未だ好調。東京湾内でブリが狙って釣れるというのは、本当に貴重。こちらもかなり魅力的。さあ、今スグ東京湾へ! サワラやブリが貴方を待っている! かもしれませんよ。

以上の記事は「つり丸」2015年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読