MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽でゲーム性の高いタチウオ釣りを楽しもう!【東京湾】

手軽でゲーム性の高いタチウオ釣りを楽しもう!【東京湾】

東京湾の夏タチが好期を迎えている。夏場は水深10~30m前後の浅ダナに次々と群れが入ってくる。オモリ40号前後使用のライトタックルで楽しめ、小さなアタリを感じて掛けアワせるゲーム性の高い釣りが満喫できる時期だ。

夏のタチウオは浅ダナで釣れてアタリも多いので、ビギナーでも楽しめる

夏はキハダを追い続ける、ドクター近藤惣一郎だが、「夏タチ釣りも大好きです!」と言う。「小さなアタリを感じて掛けてゆくゲーム性の高さが魅力ですね!」。

この日は中型主体で、ペラペラの小型はほとんどまじらなかった。良型は刺身がおいしい!

夏の浅場では、ルアーに大型がヒットすることも多い。重量感タップリののナイスサイズだ。

多くのタチウオ船が集結。かつては冬の釣りだったが、今やこれが夏の風物詩。

ドクター近藤が使用したのは、ロッドが「アナリスター タチウオ ML‐195」、リールは「シーボーグ LTD200J‐L」。

ドクターは「快適天秤スピード」、オモリは40号を使用した。

通常のエサはサバだが、エサ持ちがいいコノシロが配られることもある。

刺さりのいいサクサスフックの仕掛けは、掛かりがよくバレにくい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦「長谷川丸」。

このところ70㎝~1m前後主体に1mオーバーもまじり、一日船ではトップ50本以上という日もある。多少日ムラはあるものの十分楽しめる状況だ。
新安浦「長谷川丸」では午前船の半日乗合で出船しているが、それでもトップ20~30本という日が多く好調。エサ釣り、ルアー釣り同乗で狙っている。
「夏のタチウオは浅ダナで釣れてアタリも多いのでビギナーでも楽しめると思いますよ」と岩瀬正紀船長。
秋風が吹き出すとタチウオは深場へと移動してゆく。この浅ダナの釣りが楽しめるのは夏だけだ。さあ夏タチを釣りに行こう!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読