MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽でゲーム性の高いタチウオ釣りを楽しもう!【東京湾】

手軽でゲーム性の高いタチウオ釣りを楽しもう!【東京湾】

東京湾の夏タチが好期を迎えている。夏場は水深10~30m前後の浅ダナに次々と群れが入ってくる。オモリ40号前後使用のライトタックルで楽しめ、小さなアタリを感じて掛けアワせるゲーム性の高い釣りが満喫できる時期だ。

夏のタチウオは浅ダナで釣れてアタリも多いので、ビギナーでも楽しめる

夏はキハダを追い続ける、ドクター近藤惣一郎だが、「夏タチ釣りも大好きです!」と言う。「小さなアタリを感じて掛けてゆくゲーム性の高さが魅力ですね!」。

この日は中型主体で、ペラペラの小型はほとんどまじらなかった。良型は刺身がおいしい!

夏の浅場では、ルアーに大型がヒットすることも多い。重量感タップリののナイスサイズだ。

多くのタチウオ船が集結。かつては冬の釣りだったが、今やこれが夏の風物詩。

ドクター近藤が使用したのは、ロッドが「アナリスター タチウオ ML‐195」、リールは「シーボーグ LTD200J‐L」。

ドクターは「快適天秤スピード」、オモリは40号を使用した。

通常のエサはサバだが、エサ持ちがいいコノシロが配られることもある。

刺さりのいいサクサスフックの仕掛けは、掛かりがよくバレにくい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦「長谷川丸」。

このところ70㎝~1m前後主体に1mオーバーもまじり、一日船ではトップ50本以上という日もある。多少日ムラはあるものの十分楽しめる状況だ。
新安浦「長谷川丸」では午前船の半日乗合で出船しているが、それでもトップ20~30本という日が多く好調。エサ釣り、ルアー釣り同乗で狙っている。
「夏のタチウオは浅ダナで釣れてアタリも多いのでビギナーでも楽しめると思いますよ」と岩瀬正紀船長。
秋風が吹き出すとタチウオは深場へと移動してゆく。この浅ダナの釣りが楽しめるのは夏だけだ。さあ夏タチを釣りに行こう!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読