MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
水温高めで年末年始も期待大! 鹿島沖テンヤマダイ(第五悌栄丸)

水温高めで年末年始も期待大! 鹿島沖テンヤマダイ(第五悌栄丸)

竿は、ひとつテンヤ専用ロッドがオススメ。10号ぐらいまでのテンヤに対応した専用ロッド。長さは2.1〜2.7mぐらい。ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」の「710ML」、「710M」、「80MH」。

perm_media 《画像ギャラリー》水温高めで年末年始も期待大! 鹿島沖テンヤマダイ(第五悌栄丸)の画像をチェック! navigate_next

ひとつテンヤマダイ仕掛け。専用ロッドに小型スピニングを搭載

竿は、何と言ってもひとつテンヤ専用ロッドがオススメ。10号ぐらいまでのテンヤに対応した専用ロッド。長さは2.1〜2.7mぐらい。ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」の「710ML」、「710M」、「80MH」がオススメだ。

リールはドラグ性能がいい小型スピニングを使うこと。道糸とリーダーともに細い号数を使って、5〜10㎏の大型マダイとやり取りをするので、ドラグを駆使する。スムーズにラインが出るドラグでないとラインブレイクにつながることもあるからだ。

道糸はPEラインの1号以下を150m以上巻いておこう。道糸は細ければ細いほど、潮の影響を受けにくく、釣りやすくなる。

茨城・鹿島沖 テンヤマダイ釣行レポート

当日は鹿島沖の水深20m台〜30m台を狙った

榎戸さんの愛竿「ハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がった!

ノリーズの榎戸さんはキロ級を手にした

小型は抜き上げて取り込む

ノリーズの吉田さんも、このサイズを連発

榎戸さんと吉田さんのダブルヒットもあった

1.8kgの中ダイの取り込みシーン

当日最大の1.8kg

午前船の開始直後にアタったマダイ

付けエサは冷凍エビ

上手にエサ付けをしよう

エビの代わりにワームを付けるのもアリ! 写真は「エコギアアクア熟成スイムシュリンプ」

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「第五悌栄丸」。

茨城海域のテンヤマダイは、ここ数年、冬場の水温が高く、厳寒期でも好釣果を記録することがある。この冬の鹿島沖も水温が高めに推移し、年末年始も期待できそうだ。

「まだ水温が20度以上あるから、12月も1月もイケるよ!」と11月後半の取材時に話していたのは、鹿島新港「第五悌栄丸」の久保治彦船長。

取材時は鹿島沖の水深20m台〜30m台を狙った。小型マダイがポツポツアタるなか、途中に1.8㎏の中ダイが取り込まれた、そして終了間際には大型マダイがアタったが、惜しくもバラシに終わってしまった。

このように小型がアタるなか、突如としてサイズのいいマダイが掛かるという展開が多い。いつ大型マダイが掛かるのかわからないので、いつアタってもいいように万全の状態で臨むようにしよう! 年末は一発大型狙いでいこう!

ノーネームネットをイラストでご紹介!

道糸の先にリーダーを結ぶが、フロロカーボンの2〜3号を2〜5m直結にする。結びはFGノットなど。上のイラストで示したノーネームノットは、船上でも結びやすいので、すぐに結びたいときにはオススメ。

テンヤは2〜10号ぐらいまでを用意しておこう。前述したように、今後も狙うポイントの水深は20〜40mぐらい。潮が速いときでも、10号ぐらいのテンヤがあれば対応できるだろう。

テンヤは色や形状も、バリエーション豊富に用意しておくと万全だ。ノリーズの榎戸富さんによると、テンヤのカラーによってアタリの数がかなり変わってくるという。連発している人がいれば、そのカラーを真似てみるのもいいだろう。

エビエサの付け方

付けエサは冷凍のエビ。上のイラストで示した付け方が、頭部が取れにくくオススメだ。

またエビの代わりにワームを使うのもアリだ。「エコギアアクア熟成スイムシュリンプ」などがオススメ。

まずは底付近を狙う。着底直前にもアタりやすい!

テンヤを投入したら、まずはテンヤを着底させる。テンヤが着底する直前にアタることもあるので、ラインの動きを注意深く見ているようにしよう。糸フケを出しすぎると、微妙な変化がわかりづらいので注意が必要だ。ラインが急にフケたり、急に動いたりしたときはアタっている可能性大。変だと思ったら、迷わずアワせよう。

テンヤの着底がわかりづらいときは、使っているテンヤを重くするとわかりやすくなる。軽いテンヤのほうがアタりやすい場合もあるが、着底がわからないと、それ以後の釣りが組み立てられなくなるので重くすることをススめる。

テンヤが着底したら、すぐに糸フケを取り、50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。その間、時々シャクってテンヤを動かすのも有効だ。アタリがなければ、テンヤを回収して再投入する。

底付近を狙ってアタリが少なかったり、浮いた反応がある場合は、上のタナを探ってみよう。

テンヤの着底後、底から50㎝〜1m巻き上げた位置でアタリがなければ、さらに50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。その間、時々シャクってテンヤを動かす。これを繰り返して、海底から10mぐらい上までを探ってみよう。日によっては、かなり高いタナでもアタることもあるので、底狙いに固執しない方がいい。

イワシの反応がある、またはあちこちにイワシの群れがあるときは、テンヤをキャストしてただ巻きで引いてくる釣り方が有効な場合もある。イワシに付いたマダイは良型が多いのが特徴だ。

大型、良型が掛かったら走り出すので、無理せずラインを出してやり取りをする。走りが止まったら巻き上げ、走ったら出すを繰り返して寄せてくる。最後はタモアミで取り込むようにする。

以上の記事は「つり丸」2019年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル