MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のLT五目は狙い方も色々!ビギナーにもオススメ(沖右ヱ門丸)

相模湾のLT五目は狙い方も色々!ビギナーにもオススメ(沖右ヱ門丸)

お手軽に色々な魚が釣れて人気のLT五目。「沖右ヱ門丸」さんは通年LT五目をやっており、その時に釣れている魚をメインに釣行。1月に釣行した時はイシダイがメインで今回はイナダ。前日の釣果も悪くないので期待大。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のLT五目は狙い方も色々!ビギナーにもオススメ(沖右ヱ門丸)の画像をチェック! navigate_next

「沖右ヱ門丸」の木村船長は初心者にも優しく教えてくれるのでデビューに◎

探見丸には反応がバッチリ

イナダがヒット! 「よく引く~」と桜井さん

︎取り込みに慣れない場合はタモで!

桜井瑠香さんは、丸々太ったイナダをゲット!

イナダは群れがまわってくると、あちこちでアタる

イナダのダブルも!

イナダは指示ダナに合わせて狙う!

嬉しい一本だ!

イナダは数釣りも可能

イナダは全員が顔を見た!

イナダのお土産はバッチリ!

底を狙うとアマダイもヒット

アマダイを数釣る人も!

メバルやキントキもアタる

良型のキントキ

こちらはトゴットメバル

付けエサはオキアミやイカタンなど

コマセはアミを使う

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」。

手持ちの仕掛けのなかで、船長にどの仕掛けがいいか相談して、釣りを始めました。ウイリー仕掛けで下バリにだけオキアミを付ければいいので、楽チン。

右舷側では底を狙い、朝からアマダイ連発。「アジが釣れたら泳がせやりたいんだよ」って言ってる常連さんも。

開始1時間で私の竿にもイナダがヒット。久しぶりのイナダはよく引いてワクワクしました。左舷ミヨシでは置き竿でイナダ連発。その隣の方もヒットしてるのに私にはアタリなし。

木村研二船長はみんなの釣りをよく見ていて、ハリスが長い人の方が釣れているからと仕掛けを変えてくれました。3本バリ、4.5mの仕掛けは馴れるまで扱いづらく、何度か絡まりましたが、みんながアタってる時に私にもアタリが出るようになりました。朝より型の良いイナダも釣れ、落とした瞬間食ったりと良い時間もあり、楽しみました。

船中では良型のアジやアカイサキ、キントキの姿もみえました。

イナダはまだまだ好調、お土産ゲットの確率が高いLT五目。木村研二船長は初心者にも優しく教えてくれるので、沖釣りデビューの方にもオススメです。

以上の記事は「つり丸」2019年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル