MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

神出鬼没で食いのパターンを変幻自在に変えるタチウオ! いかにタナを見つけ、また、どう食わすかのゲーム性が病み付きになると、東京湾でも大人気のターゲットだ。

この時期のタチウオはエサを動かしながら広く探って迎撃!

竿は8対2〜7対3調子の2m前後が使いやすい。リールは小型電動、または中型両軸。道糸は最低200mは巻いておこう。

ビッグヒット! たまらん瞬間。

目標はこのサイズ。指5本かメーターオーバーだ!

釣趣はもちろん、食味もバツグン!

誘い続ければ数は伸びる。

道糸PE2号以下の場合は60号オモリを。PE3〜4号の場合は80号オモリを使う。

船で配られるサバエサは、通常、縫い刺しにして使用。食いが悪い場合はチョン掛けにしよう。

今期も例年通り初夏から開幕したタチウオだが、状況はイマイチ…。ファンもやきもきする状態が続いていたが、ここにきて、ようやく群れが観音崎沖に集結。釣果も上向いてきたとのことで、すかさず出船。状況を確認してきた。
攻める水深は、現在70〜80m。その日の誘いと食わせのパターンを見つけることが重要。とにかく付けエサを小刻みに揺らしながら徐々に誘い上げていく方が、アタリが出るとのこと。
この日は、絶好期を感じさせるメーターオーバーの大型もガンガン上がり、ムードもアゲアゲ。数はもちろん、型まで狙える今が、釣るチャンスですよ。
なお、食い渋り時は、装飾品ナシの1本バリに変えて、よりナチュラルにエサを動かすことをオススメします!!

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
今季は厳寒期でも例年より水温が高く、いろいろな魚が好釣果を維持。相模湾のマダイもその一つだ。平塚港「豊漁丸」はマダイをメインに、アマダイやハナダイ等、多彩なゲストをまじえ五目釣りが楽しめている。
最新記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
素早いフォールとスライドアクションを両立するリアバランスロングジグ「RBナガマサ」
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読