MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

神出鬼没で食いのパターンを変幻自在に変えるタチウオ! いかにタナを見つけ、また、どう食わすかのゲーム性が病み付きになると、東京湾でも大人気のターゲットだ。

この時期のタチウオはエサを動かしながら広く探って迎撃!

竿は8対2〜7対3調子の2m前後が使いやすい。リールは小型電動、または中型両軸。道糸は最低200mは巻いておこう。

ビッグヒット! たまらん瞬間。

目標はこのサイズ。指5本かメーターオーバーだ!

釣趣はもちろん、食味もバツグン!

誘い続ければ数は伸びる。

道糸PE2号以下の場合は60号オモリを。PE3〜4号の場合は80号オモリを使う。

船で配られるサバエサは、通常、縫い刺しにして使用。食いが悪い場合はチョン掛けにしよう。

今期も例年通り初夏から開幕したタチウオだが、状況はイマイチ…。ファンもやきもきする状態が続いていたが、ここにきて、ようやく群れが観音崎沖に集結。釣果も上向いてきたとのことで、すかさず出船。状況を確認してきた。
攻める水深は、現在70〜80m。その日の誘いと食わせのパターンを見つけることが重要。とにかく付けエサを小刻みに揺らしながら徐々に誘い上げていく方が、アタリが出るとのこと。
この日は、絶好期を感じさせるメーターオーバーの大型もガンガン上がり、ムードもアゲアゲ。数はもちろん、型まで狙える今が、釣るチャンスですよ。
なお、食い渋り時は、装飾品ナシの1本バリに変えて、よりナチュラルにエサを動かすことをオススメします!!

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
最新記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読