MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬場も好調! 近場で手軽に美味アジが釣れる東京湾LTアジ(黒川本家)

冬場も好調! 近場で手軽に美味アジが釣れる東京湾LTアジ(黒川本家)

東京湾のLTアジは、冬場でも安定した釣果が期待できる。横浜新山下の老舗「黒川本家」は周年LTアジで出船しているが、釣り場の水深は10〜20m、深くても30mの場所を30号のビシで攻めるのが特徴だ。

perm_media 《画像ギャラリー》冬場も好調! 近場で手軽に美味アジが釣れる東京湾LTアジ(黒川本家)の画像をチェック! navigate_next

半日船で楽しめるので女性や子供にも人気! 予想以上にのめり込む面白さ

当日は至近の横浜沖を狙った

僚船でも次々とアジが取り込まれていた!

引きも楽しめる

このアジが、とても美味!

小ぶりだが脂のノリはピカイチ!

食いが立てば一荷もある

30cmオーバーも取りこまれた

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね!

ダブルで釣れると嬉しさも二倍!

浅場狙いなので手返しも早い

カサゴもまじった

嬉しいダブル!

コマセはイワシミンチ、付けエサはアカタン

今回、取材にご協力いただいたのは、横浜新山下「黒川本家」。

「釣り方は底から1m上げたところでコマセを1回振り、もう1m上げます。20〜30秒待ってもアタリが来なければ、もう一度コマセを振り、まめに入れ替えてください。場所は横浜沖が中心ですが、状況を見て本牧沖や富岡沖など、15〜25㎝級の数が出るところ、35㎝前後の型が狙えるところと回ります」と三村恭介船長は言う。

取材当日は、強風&潮の動きも少ない中でトップは41匹。午後船は倍近い釣果。浅場を狙うため手返しも早い。

仕掛けは初心者や混雑時は2本バリ、慣れた人や空いている時は3本バリがお勧めだ。アタリが来たら少しだけリールを巻いて追い食いさせよう。

道具が軽く、半日船で楽しめるため女性や子どもも気軽に挑戦できる釣りものだが、本気になると予想上にのめり込むだけの面白さがある。

LTアジは魚が小ぶりな印象を受けるかもしれないが、脂の乗りが半端ではなく、刺身にすると箸が止まらない。タタキ、唐揚げ、今後は干物も良い。

今後も十分期待できるため、年末年始にぜひ出かけてみよう!

以上の記事は「つり丸」2019年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル